-PR-

解決済みの質問

質問No.3053132
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数1
閲覧数980
通勤費(現金支給)について。
この春から 子会社へ出向になり、経理事務をしています。
親会社時代は、3ケ月に一度、給料と一緒に通勤費(定期代
3ケ月分)を支給されており、給与明細にも記載され自分の
銀行口座に振り込まれていました。
出向社員については、通勤費が子会社負担になるため、
給料明細には通勤費が記載されておらず、やはり3ケ月に一度
通勤費を受け取るのですが、これが「現金」です。
自分は給与処理の担当者になり、先輩から引き継いだ方法は
封筒(銀行のキャッシュコーナーにおかれている封筒)に名前を
書いてそれぞれに通勤費を支給する、とのこと。パソコンで作った
簡単な明細は添付するものの、給与封筒(印鑑を押せる封筒)の
受け渡しもなく受取書もない状態です。
確かに子会社には出金伝票が残されていますが、本人に渡した
という証明になるものは何もありません。これでは、
子会社と出向社員の間に、通勤費授受の証拠がないと思われる
ので自分としてはトラブルを回避したいので振込で処理したいと
言っているのですが、先輩はどうしても受け入れてくれません。
(ずっとこの方法でやってきて、何も起こらなかったから。とのこと)
この通勤費の支給方法、会計処理上おかしいでしょうか?
ちなみに、出向社員以外(子会社で直接雇用している社員)に
ついては、給与明細には通勤費を記載しているが、これまた
通勤費のみ現金支給で、給与明細の支給額(通勤費込の金額)
と給与振込の金額が異なっています。
投稿日時 - 2007-06-03 13:47:13

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
>パソコンで作った簡単な明細は添付するものの、給与封筒(印鑑を押せる封筒)の受け渡しもなく受取書もない状態です。

通勤費の社員への交付は、やはり通勤費明細表と受取表が一致しなければ不都合の発生時の確認が取れません。社員の受け取り確認を求めてください。


>この通勤費の支給方法、会計処理上おかしいでしょうか?

社員への通勤費現金交付は決しておかしくはありません。
ただ、年度計画での予算確認を求めることからも統一を図ることのほうがよいと思います。



>通勤費のみ現金支給で、給与明細の支給額(通勤費込の金額)と給与振込の金額が異なっています。

給与明細表に 通勤費科目と通勤費現金交付記録が表示されていませんか。
通勤費が当月勘定科目で計上されていますが、現金で社員への交付を行った処理をされた表示です。
投稿日時 - 2007-06-03 16:03:41
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます。
引き継いでくれた先輩がどうしても言うことを
聞かないので、トラブルを起こさないよう
ミスなく、現金で渡し続けることにしました。
親会社にも相談してみます。
投稿日時 - 2007-06-04 20:05:58
この質問は役に立ちましたか?
0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

回答募集中

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

ピックアップ

-PR-