-PR-

解決済みの質問

質問No.2625205
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数11
閲覧数4273
「ご希望に添えないですね」の敬語表現
 日本語を勉強中の中国人です。こちらのサイトで回答をした時に失礼にあたりそうな表現があるので、とても心配でお伺いします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2623217.html

 No.4の私が書いた「ご希望に添えないですね」の敬語表現を教えていただけないでしょうか。「添えないですね」という部分には不満足です。悪意がないので、自然な日本語の書き方を教えていただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な日本語がありましたら、ご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2006-12-25 21:11:20

質問者が選んだベストアンサー

回答No.11
#9です。ご返事ありがとうございました。

>「もしかして、あなたが王維のあの句のシチュエーションを間違えたのではないでしょうか」
1、
なるほど!
よくわかりました。
そういう意味でも十二分に使えますよね。気がつきませんでした。

質問者の方の記憶が曖昧なので、
『「友よ、杯を交わそう」というフレーズから推測すると、探している漢詩は多分間違いなく王維のものだと思うが、質問者はその内容を間違って記憶している。』と、お考えになったわけですね。
それをストレートに指摘するのは気が引けたので、「が。」や「が・・・。」をお考えになった。
そのような意図であればどちらも使えますが、
「が・・・。」のほうが「・・・」の部分に婉曲性が込められますから、より効果的でしょう。
【誤りの指摘】という用法ということになるでしょうね。

2、
しかし、
『でも、それは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、友人との別離を詠う漢詩なのですが……』
という文章であったとしても、【曖昧さ】が「自分の見解」に対するものなのか「相手の誤りに対する指摘表現」に対するものなのかを判断することは、ネイティブでも難しいでしょう。
これは文脈の判断の問題になってきます。

私としては、質問者の方が、
>「友よ、杯を交わそう」という内容の漢詩
>作者が誰なのかも記憶にない状態
>記憶が穴だらけで
と言っているので、
awayuki_chさんが、王維の句であることに確信を持っているようにはくみ取れなかったわけです。
『もしかしたら違うかもしれない』という気持ちを強くお持ちだろうと考えたのです。
それで#9のような回答になってしまいました。
日本語の表現って本当に難しいですね。(^^;)

3、
肝心のことに触れるのを忘れていたようです。
「ご希望に添えないですね。」の敬語表現とは言えませんが、
『でも、それは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、友人との別離を詠う漢詩なので、ご希望に添うことは難しくなってしまうのですが。』
などであれば、かなり婉曲的な言い回しになると思います。
『【もし私が何らかの勘違いをしているのでなければ】ご希望に添うことは難しくなってしまうのですが(私の考えは以上です)』
といったようなニュアンスを込めることができるはずです。
 
投稿日時 - 2006-12-28 01:03:00
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
 hakobuluさん、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。26日に台湾の大地震で海の底のケーブルが切れたそうです。その影響を受け、中国の大陸から、海外のサイトにつながりにくくなり、ここも見られませんでした。まだ不安定ですが、やっと見られるようになりました。

 度々ありがとうございます。【曖昧さ】が「自分の見解」に対するものなのか「相手の誤りに対する指摘表現」に対するものなのか、いろいろあるのですね。誤解を招かない自分の意味をちゃんと伝える文章を書きたいです。挙げられた書き方は大変参考になりました。心より厚くお礼申し上げます。

 今年も今日に限って最後の一日となりました。いろいろお世話になりまして本当にありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。外は寒いでしょうが、暖かいよいお年をお迎えください♪
投稿日時 - 2006-12-31 13:16:54

ベストアンサー以外の回答 (10)

回答No.5
語尾や文末の「ね」が持つ数種類のニュアンスをわかっていらっしゃいますね。たしかに、突き放したようなニュアンスの場合もありますが、前後の文脈からそれは感じませんでしたし、日本語として不自然とも感じません。そして、敬語ではなく、言い表し方の問題でしょう。

ビジネス用語として、企業側が「できない」ことを「ご希望に添えかねます」と婉曲に言うことがあり、それが慇懃無礼に感じられる場合はあるでしょう。しかし、「ご希望に添う」(=目的・要望にかなう)という言い方自体は問題ありません。

「ご希望に添えなくて、恐縮です」とすれば、「力になれなくて申し訳ない」を大げさでなく表現できると思います。ただ、

>「ご希望の句ではないですね。(ただ、私の答えは一つの参考案のつもりで、書いたのです。少しでもお役に立てれば嬉しい)」に近い意味を一番書きたかったのですが、

ということならば、それを素直に書き、「ご希望に添いませんが(ご希望の句ではありませんが)、参考にしてください」とすればいいと思います。この意味を1つの文で表す表現は、私には思いつきませんでした。


蛇足ですが、「添えないです」というように、「ない」+「です」の形を使っていらっしゃいますが、その場合は「ありません」を使うほうが好ましい、と習いませんでしたか? 「ないです」は以前は認められない形でしたが、今では広く使われています。ただし、まだ、少なくとも公式な文章に使う形としては認められないと思います。もちろん、このような書き込みは会話の延長ですから、使ってかまわないのですが、一応、ご指摘しておきます。
投稿日時 - 2006-12-26 02:35:56
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
補足
>蛇足ですが、「添えないです」というように、「ない」+「です」の形を使っていらっしゃいますが、その場合は「ありません」を使うほうが好ましい、と習いませんでしたか? 

はい、習いました。ご指摘いただき大変嬉しいです。私は「添えないです」という形は使わないと思います。ただし、後ろに「ね」や「よ」など付け加えると、時々「添えないですね」や「添えないですよ」のような形になります。たぶん、「ないですね」は「ませんね」より、人と会話のやりとりをしていることが感じられますから。正式のビジネス文章を書く時に、絶対「ないです」を使わないことに心がけます。
投稿日時 - 2006-12-26 21:36:13
お礼
 ご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。「ご希望に添えかねます」というビジネス用語のイメージはよくわかりました。それから、一つの文で私の気持ちで表現できないことに気づきました。素直に「ご希望に添いませんが(ご希望の句ではありませんが)、参考にしてください」とすればいいのですね。大変参考になりました。助かりました!
 年末のお忙しい中で、貴重な時間を割いていただき本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2006-12-26 21:49:01
回答No.10
私はawayuki_chさんの回答を、
(1)王維の詩かもしれない
(2)でも別離の詩なので、多分違う。
と読み取ったのですが、本当は、
(1)王維の詩かもしれない
(2)「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」と言っているが、これは別離の詩なので、質問者はシチュエーションを勘違いしているのでは?
とおっしゃりたかったのですね。それなら、
『...という句でしょうか。...もしこの詩だとしたら、これは友人との別離を詠った漢詩です。【ですから、「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくありません。】ひょっとして、huuraibou6さんは内容を間違えて記憶していらっしゃるのではないでしょうか。ご参考になれば幸いです。』
という表現なら、失礼にあたることはないと思います。
また、既に「別離の詩ですよ」と書いているので、【】の中は書かなくてもいいと思います。
「ひょっとして」は「もしかしたら」でも構いません。

●再び「ご希望に添う」について
もし、質問者が『王維の...という詩を、久しぶりに会う友人に贈りたいのですが、ふさわしいでしょうか?』と質問していたなら、
『...でもこれは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくありません。友人との別離を詠う漢詩なので、残念ながらご希望には添いません。』と答えることができます。
この場合は、質問者が「友人に贈りたい」という希望を書いているので、「その希望には添いませんよ」と答えるもので、「要望を断る」意味ではありません。

awayuki_chさんは、文法的に正しい日本語を書こうとするだけでなく、相手への気遣いを込めた表現を使おうとなさっているのですね。掲示板では、文字だけのやり取りなので、誤解を与えてしまうことがよくあります。そこまで気遣われるawayuki_chさんを私も見習おうと思います。
投稿日時 - 2006-12-28 00:04:30
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
 kiwifruitさん、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。26日に台湾の大地震で海の底のケーブルが切れたそうです。その影響を受け、中国の大陸から、海外のサイトにつながりにくくなり、ここも見られませんでした。まだ不安定ですが、やっと見られるようになりました。

 度々ありがとうございます。私の言いたかった意味の構文を拝見して大変嬉しいです。誤解を招かない自分の意味をちゃんと伝える文章を書きたいです。「ご希望に添う」の件もすっきりいたしました。大変参考になりました。心より厚くお礼申し上げます。よいお年をお迎えください♪
投稿日時 - 2006-12-31 12:53:28
回答No.9
#6です。ご返事ありがとうございました。


「~が。」や「が・・・・。」は婉曲表現、あるいは曖昧表現ということになると思います。
いずれにしても、基本的には『多分』とか『確信は持てない』という意味になるでしょう。
その確信の無い度合は、使う人の意図によって様々に解釈することが可能で、聞き手としては前後の文脈からそれを判断したり感じたりする必要があるかもしれません。
ただ、個人的には、
「が。」は【準肯定的曖昧】
「が・・・。」は【準否定的曖昧】
という感覚で使っているように思います。

ーーーーーーーーーー
構文的には、
『回答をした(過去形)時に→表現がある(現在形)』
と時制が一致しないので不自然な表現になるような気がします。
(ご存知のとおり文法には自信がないので、確信はありませんが。)
ーーーーーーーーーー
は、
ーーーーーーーーーー
構文的には、
『回答をした(過去形)時に→表現がある(現在形)』
と時制が一致しないので不自然な表現になるような気がします。
ご存知のとおり文法には自信がないので、確信はありませんが、
『多分間違ってはいないように思います。』
ーーーーーーーーーー
という【準肯定的ニュアンス】で使いました。
(もっと自信が無い場合は「確信はありませんが・・・。」と表現したでしょう。)
ただ、使う人(または他の状況)によっては、
『はっきりしないまま、一応無責任に述べてみました。』
という【準否定的意図】があったとしてもおかしくはない表現です。
そういう意味でも曖昧表現です。


先のURLでのawayuki_chさんのご回答では、
「【もしかしたら】、~~という句でしょうか」という箇所があるので、基本的には、正しい可能性も少しはあると思っておられたのではないかと感じています。

1.『でも、それは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、友人との別離を詠う漢詩なのですが……』
:『でも、それは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、友人との別離を詠う漢詩なのですが、【なんか違っているような気もしますね。】』(準否定的曖昧)

2.『でも、それは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、友人との別離を詠う漢詩なのですが。』
:『でも、それは「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、友人との別離を詠う漢詩なのですが、【ご期待に添う回答になっている可能性も全く無いわけではない、というように思っています。】』(準肯定的曖昧)

というように、私であれば解釈すると思います。


とはいえ、以上の解釈はやや強引にすぎるかもしれません。
前後の文脈などで判断できるような場合は、そちらの解釈を優先させるのが無難でしょう。
 
投稿日時 - 2006-12-27 01:21:27
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
補足
hakobuluさんのご回答を拝見し、準肯定的曖昧と準否定的曖昧は少しわかるようになりました。

しかし、私が表したかった「が」の後ろの意味は「もしかして、あなたが王維のあの句のシチュエーションを間違えたのではないでしょうか」だったと思います。直接に書くなら失礼にあたると思うので、「が」か「が……」を使いたかったわけです。でも、厳しい指摘のように聞こえたら、どうしようと思って、私が書いた回答は「ご希望に添えないですね」のように自分のせいにする文を選びました。「あなたが誤解をした」より、「私が誤解を招いた」のほうが聞き手の気持ちが楽かもしれません。でも、「ご希望に添えないですね」の「に添えないですね」の部分は敬語を使っていないので、不安だったわけです。

また、『「ご希望の句ではない」と知っていても、喜んで答えた。この答えは一つの参考案として、少しでもお役に立てれば嬉しいから』、こういうような気持ちも「が」と「が……」の後ろには感じられないですね。

日本語は省略が多いので、どんな時に省略するのかよく困っています。時々考えすぎてしまうかもしれません。
投稿日時 - 2006-12-27 23:00:33
お礼
 hakobuluさん、いつもお世話になります。昨夜、夜遅くご返事いただき誠にありがとうございました。遅い時間まで付き合わせてしまい申し訳ありません。
投稿日時 - 2006-12-27 23:12:46
回答No.8
もう一点だけ、「重箱の隅をつつく」ような指摘をしますね。
『もしかしたら、王維の『送元二使安西』に出てきた「勸君更尽一杯酒,西出陽関無故人」という句でしょうか。中国では、とても有名な漢詩です。でも、それは...』
「こそあど言葉」の問題ですが、質問者の方が王維の漢詩のことを書いたのでしたら、「それは」(=質問者の近くのもの)でいいのですが、awayuki_chさんが挙げたのですから、「これは」(=awayuki_chさんの近くのもの)の方が適切です。

日本語の勉強、がんばってくださいね。
投稿日時 - 2006-12-26 23:02:34
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
 kiwifruitさん、度々ありがとうございます。私にとって難しい日本語の文法がたくさんあります。「こそあど言葉」もその中の一つです。どれにするのかよく困っています。間違えたところを指摘いただいて嬉しいです。勉強になりました。何度もご親切に教えていただき本当にありがとうございました。日本語の勉強、がんばります!
投稿日時 - 2006-12-27 00:19:35
回答No.7
>一つの文にするのは無理だと気づきました。
awayuki_chさんが既にお気づきのとおり、「友人との別離を詠う漢詩なので」と書いたら、あとは「きっとご質問の漢詩には該当しませんね。」などと続けざるをえず、ここに「お役に立てれば嬉しい」のニュアンスまで含めるのは難しいですね。

ここでもう一度、漢詩の質問と回答を読み直してみて気づいたのですが、質問者の方は、「...という内容の詩をどなたかご存じないですか。」と聞いているだけですね。
それに対してのawayuki_chさんの回答を簡単に書くと、
(1)王維の詩かもしれない
(2)でも別離の詩なので、多分違う。(つまり、回答者の探している詩は見つけてあげられなかった。)
ということになります。
それで、最初のawayuki_chさんの文をもう一度吟味して、すこし変えてみました。
『でも、これは友人との別離を詠う漢詩なので、「久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う」という場面には相応しくなく、残念ながら、この漢詩はお探しのものと違うかもしれませんね。』
さほど変えたわけではありません。ただ、「残念ながら」という言葉で、「色々考えて見たけれど、探している詩を見つけてあげられなかった。」という気持ちを表してみました。
質問者の文も、それほどくだけた文章ではないので、上の文で回答を終えても冷たく聞こえることはないと思いますが、付け加えるとすれば「この回答が少しでもお役に立てば幸いです。」といった言葉で締めくくれば十分ではないでしょうか。

私の説明が少しでもawayuki_chさんのお役に立てば幸いです。
投稿日時 - 2006-12-26 22:47:15
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
 再びありがとうございます。kiwifruitさんの例文は大変助かりました。おっしゃるような意味を表したかったのです。繰り返し繰り返し読みます。
 本当にありがとうございました。大変参考になりました。
投稿日時 - 2006-12-27 00:06:05
10件中 1~5件目を表示
この質問は役に立ちましたか?
5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

回答募集中

  • answer

    画像にある字を教えて下さい。画像にある字を調べていますが読めなくて困っています。 申し訳ありませんが解られる方教えて下さい...

  • answer

    古今著聞集古今著聞集の進士の志定茂といふ侍学生ありけり。~聞くもの嘲弄すること限りなかりけり。までの現代...

  • answer

    なんと読めばいいのか教えて下さい!中国か韓国の書があるのですが作者が誰なのか解りません。 作者のサインと印を画像に添付しておりま...

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
国語
-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

発見や気づきのある調査結果をお届け!

OKDreamsにあなたの「夢」を投稿して!
抽選で30組60名様に試写会ご招待!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
国語
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-