-PR-
MNpon

皆さん、こんばんは。
こちらでは、初めて質問させて頂きます。

最近、とても気になっている言葉で「いらないです」があります。
これは、日本語として正しいのでしょうか。
「いりません」ではないのですか?
似たような言葉で「わからないです」もあります。
「わかりません」ではないのでしょうか?
どなたかお教え頂ければ嬉しいです。
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全5件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2006-11-27 10:28:34
    • 回答No.5
    他の方と多少ダブるかも知れませんが、「~ないです」が正しいかどうかはその人の語感によるところが大きいでしょう。

    これは、形容詞の丁寧語尾に関する日本人の語感の変化と軌を一にしているものと思われます。本来、形容詞の丁寧語尾は、下記のように音便化が行われていました。

     小さい → (小さくございます) → 小そうございます
     少ない → (少なくございます) → 少のうございます
     良(よ)い → (良くございます) → 良(よ)うござます
     大きい → (大きくございます) → 大きゅうございます
     寒い → (寒くございます) → 寒うございます

    下記の活用などは、現在でも挨拶や決まり文句として、「~です」型にならずに残っていますよね。

     お早い → (お早くございます) → お早(はよ)うございます
     ありがたい → (ありがたくございます) → ありがとうございます
     おめでたい → (おめでたくございます) → おめでとうございます

    しかし、上記のような音便型の活用は現在ではあまり使われなくなり、「形容詞+です」という単純化された言葉遣いが、以下のように辞書にも載るほどの市民権を得ました。

     >「面白いです」のような形容詞に付いた言い方は、昭和10年代までは由緒のないものとされたが、現代は正しいものと認められている。
    【岩波書店『広辞苑』の「です」(助動詞)の項より抜粋】

     >動詞および動詞型活用の助動詞には、連体形に助詞「の」の付いたものに接続するが、形容詞および形容詞型活用の助動詞には、その終止形に付く。
     【三省堂『大辞林』の「です」(助動詞)の項より抜粋】
      →http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/

    敬語を用いない場合、「いる」「わかる」の否定形は「いらない」「わからない」。これらの語尾活用もこの形容詞型ですので、本来の語尾である「~ありません」に変わって単純化された「~ないです」型が現在市民権を得つつあるのでしょう(辞書に載るほどには一般化していませんし、私も含め保守的な語感の持ち主はまだまだ抵抗を感じますが)。
    お礼コメント
    ForrestGさん、大変解り易いご回答を、ご丁寧にありがとうございます!

    なるほど。
    正しいか正しくないかと言えば、正しくはないのでしょうが、「単純化され、市民権を得た」という事ですね。
    私も保守的な人間かも知れません。
    抵抗を感じてしまいます…。
    慣れれば大丈夫そうですが。
    投稿日時 - 2006-11-28 01:18:03
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全4件)

    • 2006-11-27 01:58:52
    • 回答No.1
    言葉の使い方別ではないでしょうか。 ご参考まで。。 ...続きを読む
    言葉の使い方別ではないでしょうか。
    ご参考まで。。
    お礼コメント
    kamikazekさん、深夜ですのに、ご回答をありがとうございます!

    URL、ありがとうございました。
    参考&勉強させて頂きます。
    投稿日時 - 2006-11-27 03:25:43
    • ありがとう数0
    • 2006-11-27 02:06:31
    • 回答No.2
    日本語では主語なしでぼかした(あやふやな)表現がいいときあります。 例えばガラス割ったとします。「わたし(が)割りました」は正直だが、教師や親が低レベルだと叱られたりぶたれます。 いかにもわたしが発見したように「ガラスが割れています」(^^) しょうがないなぁ(犯人不明)丸く収まります。 「いらないです」も似たものです。 「わたしはいりません」だと相手のプレゼントやお茶出してくれたのを拒否す ...続きを読む
    日本語では主語なしでぼかした(あやふやな)表現がいいときあります。
    例えばガラス割ったとします。「わたし(が)割りました」は正直だが、教師や親が低レベルだと叱られたりぶたれます。
    いかにもわたしが発見したように「ガラスが割れています」(^^)
    しょうがないなぁ(犯人不明)丸く収まります。

    「いらないです」も似たものです。
    「わたしはいりません」だと相手のプレゼントやお茶出してくれたのを拒否する語感あります。
    日本語には「けっこうです」という辞退の言葉あるのですが。

    「必要かどうか」「いらないです」(ですは一応敬意)
    意味は通じます。いりませんよりやわらかく聞こえる(聞こえるだけで、正しい用法ってことでもない)

    わからないです>わかりません(「わかりかねます」という相手の言い分否定の言い方もある(公務員や企業お得意言葉))
    文章ではまず使わないが、話し言葉では意味は通じます。
    お礼コメント
    alpha123さん、深夜ですのに、ご回答をありがとうございます!

    そうですね。
    話言葉としては、十分に通じます。
    しかしながら、何となく(使い方としては正しくないのでは…?)と思い、質問させて頂きました。
    お恥ずかしい話ですが、かくいう私も、タクシーの運転手に「領収書は?」と聞かれた時「いらないです」と言った事があります。
    人が言った時にも、自分で言いながらも、違和感があったのです。
    投稿日時 - 2006-11-27 03:33:58
    • ありがとう数0
    • 2006-11-27 02:40:57
    • 回答No.3
    No.3では「わたしはいりません」←→「いらないです」の対比で論じていますが,「いりません」や「わたしはいらないです」といった表現もできるのですから,これは問題のすり替えです。主語をぼかすかどうかというのは別問題です。 質問者さんのお聞きになりたいことは, 動詞の丁寧語の否定形は,「動詞(連用形)+ます(連用形ませ)+ぬ(ん)」という形があるのだから,「動詞(未然形)+ない+です」は誤りではな ...続きを読む
    No.3では「わたしはいりません」←→「いらないです」の対比で論じていますが,「いりません」や「わたしはいらないです」といった表現もできるのですから,これは問題のすり替えです。主語をぼかすかどうかというのは別問題です。

    質問者さんのお聞きになりたいことは,

    動詞の丁寧語の否定形は,「動詞(連用形)+ます(連用形ませ)+ぬ(ん)」という形があるのだから,「動詞(未然形)+ない+です」は誤りではないか

    ということですよね?

    結論から先に書きますと,ちょっと微妙なところですが「正しくないとは言えないが,不自然さを感じる人もいる」といったあたりでしょうか。

    「ありません」←→「ないです」
    「いりません」←→「いらないです」
    「わかりません」←→「わからないです」
    「たべません」←→「たべないです」

    と並べてみると,人によっては右側の表現に,不自然さを感じると思います。
    ちょうど,「たべます」を,サザエさんに出てくるタラちゃんのように「たべるデス」と言ったときに感じられるような不自然さです。
    この「形容詞+です」は,最近の「ら抜き表現」のように,以前から議論の的になってきました。

    ところで,これらの表現の末尾に「か?」「ね」「よ」などの助詞を付けてみると,あまり不自然に感じられなくなります。
    「ありませんか」←→「ないですか」
    「いりませんね」←→「いらないですね」
    「わかりませんよ」←→「わからないですよ」
    「たべませんから」←→「たべないですから」
    特に,推量の「う」を付けようとすると,右側の表現にするしかなくなります。
    「明日はよく晴れて,雨は降らないでしょう」

    否定を含まない,「明日は雨が降ります」+「う」ならば,「明日は雨が降りましょう」と言えますが,こちらも「明日は雨が降るでしょう」のように「です」形の方が優勢になりました。(推量が付かない「降るです」だと,まだタラちゃん語です)
    このように「でしょう」の接続が「です」の接続と違ってきたため,「でょう」を「です」+「う」と分解せず,もはやは別の「でしょう」という1語になったとみる考え方もあります。

    また,「形容詞+です」ではなく,「形容詞+の(ん)+です」としても,不自然さは回避されます。
    「ないのです」
    「いらないんです」
    「わからないのです」
    「たべないんです」

    そんなわけで,形容詞の後に「ですか」「ですね」「ですよ」「でしょう」「のです」「んです」等が付くことができる以上,単純な「です」だって付いていいじゃないか,という感じ方の人も増えてきたのでしょうね。

    ちなみに,No.1で「ご参考まで」と紹介されているページですが,どこを見たら参考になるのか,全く分かりませんでした。補足していただければ幸いです。
    お礼コメント
    puni2さん、とても解り易いご回答、感謝致します。

    仰る通りです。不自然さを感じ、質問させて頂いた次第です。
    「たらちゃん語」と例えてのご説明、大変参考になりました。
    時間を割いて、ご丁寧にご回答頂き、本当にありがとうございました!

    No1さんからのURL、まだ隅々までは読んでおりませんが、今回感じた言葉の不自然さや、言葉、文章を考えたり書く時の参考にさせて頂きたいと思います。
    投稿日時 - 2006-11-27 03:48:50
    • ありがとう数0
    • 2006-11-27 09:12:10
    • 回答No.4
    回答にはなりませんが…。 「いりません」というと、言い方がきつい感じがしますよね。 でも、「けっこうです」というのは古めかしい言い方なのか、 通じないことがありませんか? 書店で「カバーおかけしますか?」と言われ、 「けっこうです」と答えたら、 「それは結構なことだ」と応じたと思ったのか、 紙カバーかけてくれたことが一度ならずあります。 「いらないです」は、相手の人にも通じやす ...続きを読む
    回答にはなりませんが…。

    「いりません」というと、言い方がきつい感じがしますよね。
    でも、「けっこうです」というのは古めかしい言い方なのか、
    通じないことがありませんか?

    書店で「カバーおかけしますか?」と言われ、
    「けっこうです」と答えたら、
    「それは結構なことだ」と応じたと思ったのか、
    紙カバーかけてくれたことが一度ならずあります。

    「いらないです」は、相手の人にも通じやすく
    断りの口調もそう強くならず便利なので、
    私は使っています。

    外国人で日本語を話す人も益々増えていくでしょうから、
    「いらないです」「わからないです」は
    今後さらに使われるようになると思います。
    お礼コメント
    SEEANEMONEさん、ご回答をありがとうございます!

    確かに「いりません」ですと、きついような冷たいような感じはしますね。
    ただ、自分で言いながら、とても違和感があったのです。
    どうしても「正しくない感」があり、頭で一度考えて「いりません」「わかりません」と言っておりましたが、私も言い慣れれば、気楽に使えるようになるのでしょうね。
    投稿日時 - 2006-11-28 01:09:02
    • ありがとう数0
    • 回答数5
    • 気になる数0
    • ありがとう数0
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ