OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

モラロジーは宗教?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.244526
  • 閲覧数22421
  • ありがとう数70
  • 気になる数0
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 18% (11/60)

モラロジーは宗教?
教えて下さい。

モラロジーの詳細は下記参照して下さい。
http://www.moralogy.or.jp/nenji/index04.html

形式的に・・文部科学省所管の社会教育関係団体として、1926(大正15年)法学博士・廣池千九郎によって創立されました。

実質的には宗教ではないかと思いますが・・
通報する
  • 回答数16
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全16件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

 モラロジ-(最高道徳)はそのままでは宗教でありません。ただ新興宗教のなかにはあります。  その教義は、”釈迦・キリスト・孔子などの教えの中からそれぞれよいところだけを取り出して実践する”というものです。  しかし、同じ釈尊の教えの中でも、二百五十戒、五百戒という戒律の実践を説く教えもあれば六度の修行〔布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ) ...続きを読む
 モラロジ-(最高道徳)はそのままでは宗教でありません。ただ新興宗教のなかにはあります。
 その教義は、”釈迦・キリスト・孔子などの教えの中からそれぞれよいところだけを取り出して実践する”というものです。
 しかし、同じ釈尊の教えの中でも、二百五十戒、五百戒という戒律の実践を説く教えもあれば六度の修行〔布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ)〕もあり、以信得入(いしんとくにゅう)すなわち信ずることが悟りに入ることであるとも説いています。このなかのどこをよい教えとして用いたり、反対に切り捨てたりするのでしょうか。
 これを靴にたとえれば、雨の時はゴムの長靴が最適であり、登山には登山靴、野球・テニス・サッカーなどにはそれぞれ目的にかなった靴があります。また海水浴の時はだれでも、はだしになるわけです。
 これらをすべてがよいからといって、すべての靴のよいところと、はだしをいっしょに用いることなどはできるわけがありませんし、そんなことを言えば狂人と笑われるでしょう。
 このモラロジーという宗教が犯している誤りのひとつは、大綱と網目の相違、すなわち大局的・総合的な教義と部分的な善悪との判断がつけられず、無節操にどれでもよいと考えていることであり、もうひとつは生きた例証もなく、実践も不可能な空想論をかってに教義と称して信者に押しつけることにあります。一見するとよい教えのように思われる宗教でも、よく検討するならば、低級宗教や、邪悪な宗教であると気がつくでしょう。
 如何でしょうか?
 宗教の宗教たる要件は、信仰の対象となる「本尊」と、その本尊の内容等を説明し証明するための「教義」とを具えていることであり、いずれか一方でも欠けているものは、すでに宗教とは申せません。
補足コメント
inochi

お礼率 18% (11/60)

>モラロジ-(最高道徳)はそのままでは宗教でありません。ただ新興宗教のなかにはあります。


上記の意味が分りません。
新興宗教のなかにあるのなら・・宗教であるのでは??

わたしは宗教のなかには・既成宗教と新興宗教とがあり・

キリスト教・仏教・イスラム教・ユダヤ教・バラモン教・神道などの既成宗教と・・

創価学会・天理教などの新興宗教と・・


わたしはモラロジーは新興宗教のなかにあるので・・モラロジーは宗教だと思うのですが・・
投稿日時 - 2002-03-31 18:02:58
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 73% (196/268)

直接の回答にはなりませんが、基本的には、inochiさんの立場次第、ということになるのではないでしょうか。 「宗教」の定義、つまりどういうものを宗教というのか、については昔から議論百出で、残念ながらまとまった試しがありません。神秘性を重要視するものあり、超越性をいうものあり、究極的関心ということをいうもの…など、きりがありません。ある辞典には「宗教学者の数だけある」と真面目に書かれています。 ...続きを読む
直接の回答にはなりませんが、基本的には、inochiさんの立場次第、ということになるのではないでしょうか。

「宗教」の定義、つまりどういうものを宗教というのか、については昔から議論百出で、残念ながらまとまった試しがありません。神秘性を重要視するものあり、超越性をいうものあり、究極的関心ということをいうもの…など、きりがありません。ある辞典には「宗教学者の数だけある」と真面目に書かれています。

よく引用される宗教の定義としては、デュルケームのものがあります。世の中のものはすべて人間との関係で「聖」と「俗」に大別され、宗教とはタブーを持ち隔離された「聖」に対する信念と慣行の体系だ、という解釈です。しかしこれも例えば仏教には直接あてはまりにくい解釈ですし、決め手の解釈とはなっていないのが現状です。

法律的に見れば「本尊や礼拝の対象」があり、それに関する「教義の体系」があり、それを実践する「組織」がある、といった外形的な要件が満たされていれば宗教ということになります。これに照らせば、モラロジーは宗教とは言えないでしょう。ただもちろん、これは便宜のための外形的な定義、目安であって、我々の日常的な感覚とは当然違ってくる部分があります。

また、「宗教」の語源をいうときりがないのですが、日本人に受け入れられやすい解釈としては、「宗」は「おおもと、人智を超えたところのもの、世界を成り立たせる理法」を指し、「教」は「その教え」ということだと思います。これにそって言えば、モラロジーは微妙ですが少々何かに欠けるように感じられるのが一般的ではないでしょうか。

ただし最近では、「宗教」というものの範囲はかなり拡大して受けとめられるようになってきています。「見えない宗教」などという言い方がされますが、特定の体系でなく、日常の生活に現れるような家族・企業関係までもが宗教性の射程に入ってきているのです。
ある学者は最近、宗教とは「鎮めの文化装置(つまり死や喪失の不安を癒すために人類がストックしてきた情報システム)」であると定義しています。こういう見方にたてば、たとえ無宗教を自負して、日頃「死んだらゴミになるだけ」と言っているような人にとっても、その信念そのものが十分に宗教性を持っている、ということになります。

このように宗教性を広く捉えるようになると、当然宗教について考えることそのものが宗教性と無関係な行為ではあり得ない、と言えます。つまりモラロジーが宗教であると考えることも、そうでないと考えることも、それ自体がその人の宗教感覚と宗教的立場の反映たらざるを得ない、と言えるのではないでしょうか。
「宗教が社会現象であるという以前に、社会が宗教現象なのだ」という言葉もあります。
その意味で、立場を離れて定義はできないというのが私の考えです。そもそも内部にいるものにとっては宗教かどうかという定義そのものがさほど重要ではないでしょうし、定義というのは常に外部からなされるものですから。

あまりたいした答えにならないのに長くなって恐縮です。多少でもご参考になれば、と思うのですが…。
  • 回答No.10
レベル7

ベストアンサー率 38% (5/13)

これは本元が丁寧に結論を出してくださっています。 ここに、モラロジーが教典としている創始者の論文を掲載しているページがあります。 http://www.dab.hi-ho.ne.jp/s-kunita/ronbun/tuika-1.htm ここにはモラロジーと宗教の違いが書いてあるのですが、その違いを読んで下されば宗教なのかどうなのかはっきりすると思います。 抜粋とともに、私の主観を下に付随させていた ...続きを読む
これは本元が丁寧に結論を出してくださっています。

ここに、モラロジーが教典としている創始者の論文を掲載しているページがあります。
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/s-kunita/ronbun/tuika-1.htm

ここにはモラロジーと宗教の違いが書いてあるのですが、その違いを読んで下されば宗教なのかどうなのかはっきりすると思います。
抜粋とともに、私の主観を下に付随させていただきます。番号が括弧されて先頭にあるのが抜粋です。


(一)宗教はいずれもある一つの聖人の名を冠してそれより流れ出《い》でたようにいたしてあれど、その聖人の教えの一部分を教理《ドグマ》とするにすぎず。
すなわち宗教はある一つの聖人の教説中のある若干の経典を根拠とし、その偏狭なる一部分的の教理をもって全体の人間を救済せんとするが故に無理を含む。

モラロジーは廣池千九郎によって書かれた論文のみを最上の教理として、それを熟読し正しい理解をすることを求めます。論文が教典であるかどうかは見方によるでしょう。また、団体は廣池千九郎を聖人と位置づけているようです。残された団体がその廣池千九郎という一聖人の論文を持ってして全体の人間を救済せんとしているかどうかは、一般人にとって吟味する余地があるのではないでしょうか。


 (二)宗教は必ず本山とか本部とかいうものありて、ここより信者の家に祭る神仏の像《ぞう》とか名号《みょうごう》とかを下付するを必然的慣例となしておるのである。  モラロジーは元来宗教ではなくして、その研究法は科学的であり、その実質は聖人正統の最高道徳であり、しこうしてその普及法は純教育的でありますから、特に有形物を祀《まつ》ってこれを崇拝さするようなことはせぬのであります。

モラロジーには千葉県柏市に本部というものがあり、そこには廣池千九郎の銅像や一族の銅像があるみたいです。会員は格言等を書いた掛け軸やカレンダーを購入することができ、本部はそれを奨励しているようです。


(三)宗教は主として自己の伝統を尊び、他の国家伝統・家の伝統・生活伝統を次となし、もしくはこれを無視す。
故に古来東西ともにその本山はもちろん、信者個人も国家とか父母などと衝突す。
モラロジー及び最高道徳にては国の伝統・家の伝統及び生活の伝統を尊重することを教うるを目的とす。

実は私の知り合いに親がモラロジーをやっている子がいました。組織の人間は家族そっちのけだったりします。中高一貫校をつくり、中学から親元から引き離して寮生活をさせるといった教育で果たして家族の生活はどうなるのでしょうか。両親が子どもに会いにいっても、規則だからと言って両親の泊まる旅館に一緒に泊まらせてもらえないこともあったようです。モラロジーは組織よりも会員の家族の生活を尊重するから、宗教ではないと創始者は言いますが、どうでしょうか。


(四)宗教は神仏を信ぜさせ、これに依頼させて幸福を求めしむるにあり。
故に一般人を眩惑《げんわく》するために形式すなわち殿堂を広大にし、儀式を荘厳《そうごん》にすることに力を尽くす。
 モラロジー及び最高道徳は人間をして神仏の本質に同化せしめて最高道徳を実行せしむるにあり。

最近70周年だといって寄付金を募って本部に建物をたてたりしているみたいです。そもそも、敷地がかなり広大です。神仏の本質に人間を同化させることと、神仏を信じさせることがどう違うのか私にはよく理解できません。すくなくとも神仏の本質が何かを知るということは、その存在もしくは概念を認めなければ(信じなければ)できないのではないのでしょうか。あるいは、それが人間が想像しうる限界の理想というものであれば、その概念は誰が提唱したものなのでしょうか。少なくとも廣池千九郎が言う神の概念を共有しなければならなそうです。この神の概念を共有するプロセスを、信じると呼ぶかどうかは人それぞれなんですかね。


(五)宗教はその祖師はとにかくとして、今日の宗教家は自己の品性完成を措《さしお》きて顧みず。
しこうして他人を救済するという名義の下に自己の団体を繁栄せしめんとして努力しておるのである。

本当かどうかはさておき、こんなものがありましたhttp://desktop2ch.net/psy/1268028805/
また、知り合いの様子を見ていると、「他人を救済するという名義の下に自己の団体を繁栄せしめんとして努力しておるのである」という姿勢をこの組織の中に見ないことは難しいですね。実際はそうではないと言われるかもしれませんが、私にはそう見える、ということですので、誤解なく。


(七)宗教はその信仰の進んだものは寺院とか教会とかいうものを造って、これによって衣食住の生活を営むようになるので、ついにその信仰は一つの職業的となるので信仰の生命を失い、弊害百出するに至るのである。
 モラロジー及び最高道徳にては各人みなおのおの家業とか職業とかを持ちながら、自分の安心且つ幸福になった報恩として、自己の体得せるところの最高道徳を他人の心に移植してこれを開発もしくは救済せんとするのです。

うーん。結局モラロジーで学校だとか、事務所とか本部を作る、運営するってことは組織の中の人を増やすことですよね。どんな団体でもそういうのはあるから多少はしょうがないですが、ならば、モラロジーが宗教ではないと仮定してモラロジーと関わるにしても、職業的信仰となった人からは、モラロジーは教えてもらったりしない方がよさそうですね。弊害百出ですから。これはある意味ジレンマですね。団体で働き生活を営んでいる方、つまりはそこの教師や講師からはモラロジーに関する何も教えてもらわない方が良いです。創始者自身が、そういうのは「ついには害百出するに至るのである。」 と断言しているのですから。


まだまだこの後、モラロジーと宗教の違いが語られています。ここに紹介してみたものは、抜粋ですし、省いたものもあるのでフェアではありません。また、私の意見には特に科学的かつ学問的な裏付けもない主観が大いに混ざっていますから、どうか各自がご自身でお調べになり、神に与えられた聡明な知性を駆使して判断して下さることを願います。

しかし、こうなるとどこの宗教の創始者というものも気の毒になりますね。キリストもきっと、自分が言った言葉でこんなに人が苦しんだり、人が殺されるなど思いもしなかったのじゃないですか。まぁ、どんな崇高な目的をもった組織にも光と影があるのはしょうがないですよ。組織になる以上。

あとは皆様が幸せに生きられるよう、例えそれが自ら宗教と名乗っていなくとも、生き方を任せることになるならば、各人でしっかりと判断するしかないのではないでしょうか。何時の世にも人の悩みと、こういったものは絶えないのですから。


最後に、ダックテストというものを紹介して終わりましょう。

 ー ある鳥が鴨のように見え、鴨のように泳ぎ、鴨のように鳴くならば、それはたぶん鴨である。
  
 
  • 回答No.9
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/2)

モラロジーは宗教でも、新興宗教でもありません。 Ano.8の方が書かれていますが、 「宗教(しゅうきょう)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念」これにあてはまりません。 モラロジーは、「人間や自然の力を超えた存在を中心とする観念」とは無縁です。むしろ、人の力や、自然の力を最大限活かし、自分達が人としてできる「心の持ち方」を個々が考える為の学問。つまり、 モラロジーとは、簡単にい ...続きを読む
モラロジーは宗教でも、新興宗教でもありません。

Ano.8の方が書かれていますが、
「宗教(しゅうきょう)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念」これにあてはまりません。
モラロジーは、「人間や自然の力を超えた存在を中心とする観念」とは無縁です。むしろ、人の力や、自然の力を最大限活かし、自分達が人としてできる「心の持ち方」を個々が考える為の学問。つまり、

モラロジーとは、簡単にいえば道徳を勉強する学問です。

モラロジーを最初に広めた広池先生は、確かに天理教もしていらっしゃいました。そのせいか、「宗教出身者=宗教家」というイメージが根強いですが、昔の人にしては珍しく。ひとつの宗教にこだわらす。キリスト教、仏教、神道、沢山の宗教を勉強し、そのなかの宗教的作法、概念は省き、良い教えだけをとりいれ、大勢の人に勉強する機会を与えて下さいました。

「道徳」の授業には、答えがありません。
「自分の人生は、自分持ち。」なので、一般的な宗教の様に、物や誰かにすがることを良しとしません。
モラロジーとは、学問ですから、数学の学者さんや、医学の学者さん達と同じで、学ぶべき人が、長年モラロジーと携わっている人でも、人物的に優れているとは限りません。
他の学者さん達でも同じ様に、年端もいかないのに各界に天才的人物がいるように、何年やっていても、「まだまだ」の方もいます。

モラロジーの説明をしてください。というと、勉強した人であればあるほど、「広池先生の論文を読んで下さい。」「一言では説明できません」とおっしゃいます。
モラロジーが、最高道徳とか、生涯学習といわれるのは、(色々な事を考える機会を作るために)道徳は子供の為の学問だけじゃないですよ。大人になってもするんですよというので、ちょっとかっこうをつけて最高と言っただけで、一生涯学習するから、生涯学習だと理解してもらえると、宗教には全く関係ない事がわかります。

ですから、付属の学校でも宗教的な儀式などはありません。
  • 回答No.5

♯4です。もしかしたらこちらの方が判りやすいかもしれません。 もともと天理教は、谷底から人を救い上げることをお助けとしているのですが。このモラロジーは、どちらかと言うと金持ち中間層及び上流階級の人たちを救いたいとしてできたものであると、天理教の先生から聞きました。 ...続きを読む
♯4です。もしかしたらこちらの方が判りやすいかもしれません。

もともと天理教は、谷底から人を救い上げることをお助けとしているのですが。このモラロジーは、どちらかと言うと金持ち中間層及び上流階級の人たちを救いたいとしてできたものであると、天理教の先生から聞きました。
  • 回答No.4

はじめまして、 モラロジーは天理教から分かれた団体です。従って、実質的には宗教団体です。僕は、モラロジーは天理教から分かれた団体であることは知っていたのですが、まさか、宗教法人になっていないことは初めて知りました。 下記のHPでは、天理教から分かれた宗教団体の表がありましたので参考にしてください。 ...続きを読む
はじめまして、
モラロジーは天理教から分かれた団体です。従って、実質的には宗教団体です。僕は、モラロジーは天理教から分かれた団体であることは知っていたのですが、まさか、宗教法人になっていないことは初めて知りました。
下記のHPでは、天理教から分かれた宗教団体の表がありましたので参考にしてください。
  • 回答No.15

モラロジー、やめら連、阿波踊り振興協会阿呆連は一心同体で異端邪説です
モラロジー、やめら連、阿波踊り振興協会阿呆連は一心同体で異端邪説です
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

>わたしはモラロジーは新興宗教のなかにあるので・・モラロジーは宗教だと思うのですが・・ とされたのですが、質問では、 >実質的には宗教ではないかと思いますが・・ とされています。矛盾していませんか?  宗教だとするなら、信仰というものが必要ですが、そのままでは、一つの教義、説ということだけでしょ。  道徳は、そのままでは教えだけであり、宗教ではないけども、そこに、実践倫理宏正会のような、 ...続きを読む
>わたしはモラロジーは新興宗教のなかにあるので・・モラロジーは宗教だと思うのですが・・

とされたのですが、質問では、
>実質的には宗教ではないかと思いますが・・
とされています。矛盾していませんか?

 宗教だとするなら、信仰というものが必要ですが、そのままでは、一つの教義、説ということだけでしょ。
 道徳は、そのままでは教えだけであり、宗教ではないけども、そこに、実践倫理宏正会のような、信じて行動するというものがあれば、本尊はなくても宗教という要素はあるでしょう。
 モラロジ-が宗教である為には、それを信じて行動する信仰心が必要であり、そのままでは、ただの教え、説に過ぎません。でも、この教えは、間違っています。
補足コメント
inochi

お礼率 18% (11/60)

>>わたしはモラロジーは新興宗教のなかにあるので・・モラロジーは宗教だと思うのですが・・

>とされたのですが、質問では、
>>実質的には宗教ではないかと思いますが・・
>とされています。矛盾していませんか?


「>>実質的には宗教ではないかと思いますが・・」のわたしのカキコは意味は ・・。「モラロジーは実質的には宗教だと思いますが・の意味です。
ゴメンナサイ、私国語の表現力不足で・・





>道徳は、そのままでは教えだけであり、宗教ではないけども、そこに、実践倫理宏正会のような、信じて行動するというものがあれば、本尊はなくても宗教という要素はあるでしょう。  モラロジ-が宗教である為には、それを信じて行動する信仰心が必要であり、そのままでは、ただの教え、説に過ぎません


わたしは実践倫理宏正会の集会にも・・モラロジ-の集会にも、両方に参加したことがありますが・・

両方とも・・倫理や道徳を勉強するだけではなく行動することを勧められました。
だから、私は両方とも宗教だと思いますが・・
投稿日時 - 2002-03-31 19:16:52
  • 回答No.8
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

ウィキには >宗教(しゅうきょう)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99 とありますので宗教にあたるかと思います。 悪いことをしたらいつか必ず自分に返ってくるといった因果応報の教えなんかあ ...続きを読む
ウィキには
>宗教(しゅうきょう)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99

とありますので宗教にあたるかと思います。
悪いことをしたらいつか必ず自分に返ってくるといった因果応報の教えなんかありますので。
宗教ではないと考える人がいたらその人の定義が違うのでしょう。

蛇足ながら個人的には悪い宗教ではないと思います。
金は使わずに付き合い程度になら参加していいと思っています。
16件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ