OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

熊本民謡「おてもやん」について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.235863
  • 閲覧数6890
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

熊本の民謡に「おてもやん」というとても楽しい唄があります。でも、私には昔からこの歌詞の意味がまったくわかりません。方言がきつすぎて理解できないのです。
「おてもやん あんたこの頃嫁入りしたではないかいな。嫁入りしたこたしたばってん」
まではわかります。嫁入りしたことはしたのだけれども、だけど……。
「おてもやん」すなわち“ても嬢”は結婚したことはしたのだけれど、その後、彼女はいったいどうなったのでしょうか?
 どなたか教えて下さい。
 歌詞を示します。

おてもやん 

おてもやん あんたこの頃
嫁入りしたではないかいな
嫁入りしたこたしたばってん
御亭どんがぐじゃっぺだるけん
まァだ杯ァせんだった
村役 鳶役肝入りどん
あん人たちの居らすけんで
後はどうなときゃなろたい
川端町つぁんきゃめぐろ
春日南瓜どん建ア
尻ひっ張って花盛り花盛り
チーツクチーツク雲雀の子
ゲンパク茄子のイガイガドン
一つ山越え も一つ山越え
あの山越えて
わたしゃ貴方に惚れとるばい
惚れとるばってん言われんたい
追々彼岸も近まれば
若者衆も寄らんすけん
熊本の夜聴聞詣りに
ゆるゆる話もきゃアしゅうたい
男振りには惚れんばな
煙草入れの銀金具が
それがそもそも因縁たい
アカチャカベッチャカ
チャカチャカチャ
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 44% (37/83)

はじめまして
この歌は、元々は、熊本の花柳界で歌われたお座敷唄で、
「おてもやん」とは、人名ではなくて下働きの女性を
指す方言「てま」が、訛ったものとの説も有るそうです。
また、歌詞中の、ぼーぼらは、一部九州地方の方言で、
かぼちゃの事、元々の語源は、ポルトガル語で、
ABO'BORAだそうです。

本題の答えは、誠にすいませんが、一番のみの歌詞訳が、
記されているページしか、見つけられませんでした。
お礼コメント
noname#3096

ありがとうございました。

そうですか。おてもやんの結婚は失敗に終ったわけですか。
村の有力者の方々の顔を潰しておいて、あとは何とかなるでしょうとは…おてもやんはかなり無責任な女性ですね。
2番の歌詞から見ると、どうもおてもやんには他に好きな人がいるようです。
これは、相手の男から慰謝料請求されても仕方がないのではないでしょうか。
投稿日時 - 2002-03-17 08:24:26
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ