-PR-
解決
済み

「む」と「ん」の違いについて教えて下さい

  • 暇なときにでも
  • 質問No.223169
  • 閲覧数212
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 64% (43/67)

大阪に「本町」や「難波」といった地名があります。それぞれ読みは「ほんまち」「なんば」なのですが、駅名のローマ字表記は「HOMMACHI」「NAMBA」です。なんだか、韓国語の「アンニョンハシム(ン?)ニカ」を彷彿させるのですが・・・なんで「N」でなく「M」なのでしょうか
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  複雑な話はやめて、簡単に述べます。
 
  日本語の発音は、実はローマ字(ラテン文字)では表現できないのです。それを表現しようとするので無理が出てくるのですし、また、「物理的な音」と、文法上の区別単位の「音」は別のものだということも話を難しくします(この違いは、日本語の「さ行」「音素子音」を{S}で表すと、「さしすせそ」は、{s}a,{s}i,{s}u,{s}e,{s}o となるのですが、英語の音素子音Sを使うと、{s}i は si でないということが起こります。これを、英語の子音表記で模擬して shi とするか、音素子音{S}を、sで表現して、「さ行」を sa,si,su,se,so で表現するかというのが、二つのローマ字表記の分かれ目なのです。日本語音素子音表示の「si」は、物理的な音では、英語子音表記の「si」ではなく、「shi」に近い音なのですが、「子音」とか「母音」というのは、前後の組み合わせで、英語であっても、実際の「物理的な音」は変化するのです。この変化に応じて、一々、文字を決めていては、幾ら文字を定義しても足らなくなるので、「文法的音素」というもので、文字を定義するのです……あるいは、途中から無理にラテン文字表記にした英語などは、子音も母音も、単語ごとで、色々で、発音は辞書を見ないと分からないというように、支離滅裂だとも云えます。……「発音記号」として使っているものが、音声学上の文法的音素を示す記号だとも云えます。日本の「ローマ字」は、ある意味、「発音記号」の役割も果たしているのです)。
 
  簡単な話にしようとして、どうしてもこういう説明になります。
 
  とまれ、「ん」で示される伝統的な日本語の「音素」は、前後にどういう母音・子音が来るかで、大別、三つの「物理的音」に分かれます。
 
  1)後ろに、bとかp等の、唇音・唇音破裂音が来る場合、「ん」は、英語だと、「m」に近い音になります。
  2)後ろに、kとかg等の喉音(口蓋音)のような音が来る場合、「ん」は、英語だと、「-ing」のような時の「ng」に近い音になります。
  3)それ以外は、「ん」は、英語の「n」にほぼ同じです。
 
  日本語を母語にしている人は、無意識でこの発音の区別をしています。「ん」と書いてあっても、後ろに何がくるかによって違った物理的音を発声します。また、そう発音するのが、発音しやすく自然なのです。
 
  「インク」をローマ字で書く場合、音を忠実に写そうとすると、「ingku」のような表記が、実は英米式の発音だと近いのです。しかし、これは採用されていません。
 
  他方、「サンバ」のような場合、音を写そうとすると、「samba」が近いということになります。これを採用すると、英語の発音に慣れた人には、日本語の「サンバ」に近い音になるのです。「なんば」もそれと同じで、「namba」が、物理的な音としては、英語的には近いのです。
 
  しかし、日本語音素に従って、規則的にローマ字に転写する方法も合理性があるのであり、その場合、「nanba」となります。
 
  別に、わたしのIMEがどう変換するからどうだとは言いませんが、「namba」で入力して変換しても、「難波」は出てきません。「nanba」と入力して変換すると「難波」が出てきます。これは、「かな変換」を易しくしたものが「ローマ字変換」で、元々の「かな変換」で、「難波」を変換する時、「なmば」などと入力しないからです。「なんば=nanba」と入力します。
 
  (なお、何故、「ingku」としないかと言うと、英語などだと、「ink」の「n」自体が、「ん」の上の2)の音に近い音だからです。英語の「in」と「ink」の二つの単語単独で見ると、前者の「n」の音と、後者の「n」の音は、違う音なのです。inkのnの音は、発音記号では、nの文字の右の線を下に少し延ばし、内側に少し曲げたような記号で表します)。
 
お礼コメント
cumic

お礼率 64% (43/67)

うわぁ。よくわかりました。納得いきました。どうもありがとうございます!!!
投稿日時 - 2002-02-23 15:31:02
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 35% (56/160)

「ん」につづく文字が「M」や「B」など、 唇を閉じる子音で始まる場合、 「ん」は「M」になる、ということでは ないでしょうか? ...続きを読む
「ん」につづく文字が「M」や「B」など、
唇を閉じる子音で始まる場合、
「ん」は「M」になる、ということでは
ないでしょうか?
お礼コメント
cumic

お礼率 64% (43/67)

さっそくのご返答ありがとうございます
投稿日時 - 2002-02-23 15:26:14


  • 回答No.2

日本語の言語について勉強している者です。 「ほんまち」「なんば」を「ひらがな」表記どおりローマ字で表すと「HONMACHI」「NANBA」ですが、日本語でも「ん」の次に「ま」行や「ば」行の文字がくると、一瞬唇を閉じるわけですから、英語の「M」と同じような発音になるのです。 「HOMMACHI」「NAMBA」は、外国人を意識した、「実際の発音に基づいたローマ字表記」と言えるでしょう。 ...続きを読む
日本語の言語について勉強している者です。

「ほんまち」「なんば」を「ひらがな」表記どおりローマ字で表すと「HONMACHI」「NANBA」ですが、日本語でも「ん」の次に「ま」行や「ば」行の文字がくると、一瞬唇を閉じるわけですから、英語の「M」と同じような発音になるのです。
「HOMMACHI」「NAMBA」は、外国人を意識した、「実際の発音に基づいたローマ字表記」と言えるでしょう。
お礼コメント
cumic

お礼率 64% (43/67)

確かに「ローマ字表記」は外国人のためにあるものですよね。ありがとうございました
投稿日時 - 2002-02-23 15:27:58
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 42% (465/1093)

ローマ字のつづり方は訓令式とヘボン式に大別されます。 ごらんになったのは、ヘボン式のものです。 義務教育では、訓令式を習うと思いますが、標識などはより英語に近い発音になるということで、ヘボン式が採用されていたと思います(たしか、進駐軍の兵士がわかりやすいようにするためだったと思います) ローマ字の綴方 http://www.cyber.sccs.chukyo-u.ac.jp/sirai ...続きを読む
ローマ字のつづり方は訓令式とヘボン式に大別されます。
ごらんになったのは、ヘボン式のものです。
義務教育では、訓令式を習うと思いますが、標識などはより英語に近い発音になるということで、ヘボン式が採用されていたと思います(たしか、進駐軍の兵士がわかりやすいようにするためだったと思います)



ローマ字の綴方
http://www.cyber.sccs.chukyo-u.ac.jp/sirai/classes/nl/node6.html


訓令式:「ん」は n
ヘボン式:m、b、pの前にある「ん」はm


http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/05/romaji.htm
お礼コメント
cumic

お礼率 64% (43/67)

よくわかりました。ありがとうごさいます。そんな経緯があったのですね。
投稿日時 - 2002-02-23 15:29:05
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ