OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

この短歌わかりますか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.202596
  • 閲覧数320
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 58% (103/175)

≪≫春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪≫ぞなき

大海の磯もとどろに寄する波≪≫さけてちるかも

春の夜の≪≫とだえして峰にわかるる横雲の空

桜さく遠山鳥の≪≫ながながし日もあかぬ色かな


≪≫のところにことばが入るのですが、
その言葉と作者を教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 14% (26/182)

桜さく遠山鳥のしだりをのながながし日もあかぬ色かな   後鳥羽院
大海の磯もとどろに寄する波、われて砕けて裂けて散るかも 源実朝
照りもせず曇りもはてぬ春の 夜の朧月夜にしくものぞなき  大江千里
春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空     定家
月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身一つは元の身にして 在原業平
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tadamine.html
http://www.isemonogatari.com/haru/ume.htm
http://ha4.seikyou.ne.jp/home/misaya/wakasyuu/kokin/k0747.htm
お礼コメント
salasala

お礼率 58% (103/175)

すごくくわしくどうもありがとうございました。
助かりました。
投稿日時 - 2002-01-26 15:51:09
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

「月やあらぬ」春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして 在原業平 照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪しくもの≫ぞなき 大江千里 大海の磯もとどろに寄する波≪われてくだけて≫さけて散るかも 源 実朝 春の夜の≪夢のうき橋≫とだえして峰にわかるる横雲の空 定家朝臣   桜さく遠山鳥の≪しだりをの≫ながながし日もあかぬ色かな だと思います。
「月やあらぬ」春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして
在原業平


照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪しくもの≫ぞなき

大江千里


大海の磯もとどろに寄する波≪われてくだけて≫さけて散るかも
源 実朝

春の夜の≪夢のうき橋≫とだえして峰にわかるる横雲の空
定家朝臣  

桜さく遠山鳥の≪しだりをの≫ながながし日もあかぬ色かな


だと思います。

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

>照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪≫ぞなき 一部だけですが、上の≪≫は「似るもの」だと思います。 源氏物語の主人公「源氏の君」の愛人「朧月夜の君」が、たしかこの短歌(和歌?)を口ずさみながら、登場したシーンがあったと思います。 古文では、この歌が「朧月夜の君」という愛称になったと教えられました。
>照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪≫ぞなき

一部だけですが、上の≪≫は「似るもの」だと思います。
源氏物語の主人公「源氏の君」の愛人「朧月夜の君」が、たしかこの短歌(和歌?)を口ずさみながら、登場したシーンがあったと思います。
古文では、この歌が「朧月夜の君」という愛称になったと教えられました。
  • 回答No.4

> 一部だけですが、上の≪≫は「似るもの」だと思います。 確かに、源氏物語中では朧月夜の君は「似るものぞなき」と歌っていますが、これは物語中の替え歌で、本歌は「しくものぞなき」です。 これは諸説ありますが、「しくものぞなき」は、「いかにも漢文訓読調であるので「似るものぞなき」と女らしく言い換えた」というのが定説だそうです。 言葉と作者となると、「しくもの」で大江千里が正解でしょう。 ...続きを読む
> 一部だけですが、上の≪≫は「似るもの」だと思います。
確かに、源氏物語中では朧月夜の君は「似るものぞなき」と歌っていますが、これは物語中の替え歌で、本歌は「しくものぞなき」です。
これは諸説ありますが、「しくものぞなき」は、「いかにも漢文訓読調であるので「似るものぞなき」と女らしく言い換えた」というのが定説だそうです。

言葉と作者となると、「しくもの」で大江千里が正解でしょう。
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

>確かに、源氏物語中では朧月夜の君は「似るものぞなき」と歌っていますが、これは物語中の替え歌で、本歌は「しくものぞなき」です。 HIROYOさん、そうだったんですか。まったく知りませんでした。 古文を習って数年経ち、もう既に記憶もあやふやだったので、正確なことが分かってとても良かったです。 どうもありがとうございます。 salasalaさん、そういうことなので私の不正確なアドバイスはお忘 ...続きを読む
>確かに、源氏物語中では朧月夜の君は「似るものぞなき」と歌っていますが、これは物語中の替え歌で、本歌は「しくものぞなき」です。

HIROYOさん、そうだったんですか。まったく知りませんでした。
古文を習って数年経ち、もう既に記憶もあやふやだったので、正確なことが分かってとても良かったです。
どうもありがとうございます。

salasalaさん、そういうことなので私の不正確なアドバイスはお忘れ下さいm( _ _ )m
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ