OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

心一身問題について教えてください。

  • 困ってます
  • 質問No.202067
  • 閲覧数83
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 62% (18/29)

デカルトの考え方とは違うのですよね?誰のことを参考にしたら良いのかも分かりません。懐疑論や、弁証法などを使うのでしょうか・・・?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 54% (19/35)

「心―身問題」の起源は、デカルトに求めることができます。ですから、「デカルトの考え方」の中に含まれるといっていいでしょう。
デカルトの心身二元論を要約すると、精神(魂)と物体(身体)がこの世界に存在する独立した二つの実体であり、この場合、「考えるもの」である精神と「延長するもの」である肉体とにわけています。
もっといえば、この両者は互いに独立し、かかわりあうことがなくなるわけです。
彼の心身二元論はデカルト式懐疑論とももちろん関係があります(後のヒュームらの懐疑論との関係は不明ですが)。
「われ思う、ゆえに我あり」の「我」とはごく大雑把に言えば、観念の中の「我」、つまり「私だと認識することのできる精神」とでもいえると思います。

このデカルトの立場はのちに様々な哲学者の論争の的となります。もっと言えば、これ以降の西洋哲学ではほとんどすべてといっていいぐらい、心―身問題は大なり小なりかかわることになります。
ですから、哲学者をあげればキリがないので、代表的な人物、および著書だけ、以下に列挙します。
デカルト『情念論』(中央公論社『世界の名著22』)
K.R.ポパー&J.C.エルクス『自我と脳』(思索社)
M.メルロ・ポンティー『知覚の現象学』(みすず書房)
M.ブンケ『精神の本性について』(産業図書)
また、日本においては…
坂本百大『心と身体』(岩波書店) 広松渉『身心問題』(青土社)
市川浩『精神としての身体』(勁草書房)などがあります。
最近では
種村完司『心―身のリアリズム』(青木書店)
唯物論研究協会編「こころとからだ」(同上)
などが比較的わかりやすく「身―心問題」について論じられていると思います。
お礼コメント
hamachihamaguri

お礼率 62% (18/29)

デカルトは、「われ思う、ゆえにわれあり」で、少し勉強したので、他の哲学者をまた読むよりは、理解しやすいと思うので、また、当たってみたいと思います。また、ヒュームも、時間があったら、かじってみたいと思います。参考文献まで書いていただき、ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-23 21:44:44
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ