OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

太古の人々の歯の治療

  • 暇なときにでも
  • 質問No.201427
  • 閲覧数69
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 53% (36/67)

むかしむかし大昔、日本のある地域では「抜歯」という風習があったそうですが、これってやっぱり麻酔ナシですよね?
というか、ペンチみたいなものもないのに、どうやって抜いたりしたんでしょうか??

それから、現代の歯の医療技術が無い時代は、どのように治療していたのでしょうか?
ドリルとかないから、硬い鉄のようなものでかたっぱしから欠けさせていったのですかねぇ…??
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

縄文時代の抜歯の風習は『通過儀礼』といわれています。つまり成人になった証だったようです。
抜歯された歯の分布から考えても、挟んで抜いたというよりは叩き割った、重い石等でへし折るような方法が想像されます。
痛みは相当なものですから、注口土器の使用法の1つはせんじた薬草(麻酔)の投与に使われたのではないか?などの推測もあるようです。

○日本の古代における医学・薬学の発展について
http://www.st.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~michgoto/text/history.htm
お礼コメント
yamamotodaisaku

お礼率 53% (36/67)

今日おやしらずを抜いてきて、麻酔がきれて痛くて痛くて寝込んでるんでます。
でもこの話を聞いて、自分もまだまだあまちゃんだな、と思いました…。

儀式なら麻酔するなんてカッコ悪いですね(笑)

参考リンク、他の記事もとてもおもしろく、タイヘンためになりました。
ありがとうございます!
投稿日時 - 2002-01-19 22:24:30
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ