OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

アルバイトの源泉徴収について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.200830
  • 閲覧数101
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

現在学生です。
父の仕事を手伝って、アルバイトしようと思ったのですが、2ヶ月以内の雇用で
日額9200円以内であれば、所得税を徴収されないと聞きました。
まるまるバイト料もらえるなんて、イイ話だと思ったのですが、父の扶養になっていますが、父の方での税金の処理で特に問題ないのでしょうか?
無職の家族が同じようにアルバイトしたら、それも大丈夫なんでしょうか?
そう考えると、所得税を払わないでバイトする方法って、他にもあるんでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

源泉徴収がされなくてもも2ヶ所から給料をもらった場合は、翌年の3月に確定申告をする必要があります。

1月から12月までの年収が103万円を超えると、お父さんが「扶養控除(38万円)」を適用できなくなり、その分だけ所得税と住民税がが増えます。
あなたが18歳から22歳までの場合は、上に書いたの「扶養控除」ではなく「特定扶養控除(63万)」が適用されなくなりますから、お父さんの税金の増額が多額になります。
所得税と住民税を合わせて、最低でも10万円は増えます。
その分を、あなたがお父さんに支払えば、問題はないでしょう。

あなた自身については、勤労学生控除が適用されれば、年収130万円までは所得税がかからず、勤労学生に該当しなければ103万円までは所得税がかかりません。

勤労学生控除の要件は、参考urlをご覧ください。
お礼コメント
cocco2001

お礼率 100% (2/2)

ありがとうございました。
103万円までは大丈夫なんですね。
とても参考になりました。
また、教えて下さい。
投稿日時 - 2002-01-19 09:21:06
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 1月から12月の収入の合計が、103万円以下であれば所得税は課税されませんし、親の扶養のままでかまいません。学生の場合は、勤労学生控除がありますので、130万円までは所得税などの税金は、かかりません。  学生以外の場合は、93万円を超えると住民税の均等割りが、100万円以上の場合は住民税の所得割が課税されます。 ...続きを読む
 1月から12月の収入の合計が、103万円以下であれば所得税は課税されませんし、親の扶養のままでかまいません。学生の場合は、勤労学生控除がありますので、130万円までは所得税などの税金は、かかりません。

 学生以外の場合は、93万円を超えると住民税の均等割りが、100万円以上の場合は住民税の所得割が課税されます。
お礼コメント
cocco2001

お礼率 100% (2/2)

早速の回答ありがとうございます。参考になりました。
投稿日時 - 2002-01-18 21:38:50
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ