OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

今のアニメと昔のアニメ

  • 困ってます
  • 質問No.183468
  • 閲覧数429
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

昔のアニメは今のアニメと色が少し違いますよね。
それはなぜですか?理由をご存知の方は教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

恐らく、sakubaさんがおっしゃっているのは、デジタル
彩色されたアニメーションだと思います。昔のアニメは
セルに描かれた線画に、アニメーターが筆で絵の具を
塗って、そのセル画をカメラで1枚1枚撮影してフィルムに
していたのですが、最近では原画を直接コンピューター
に取り込んで、それをコンピューター上で彩色して、
そのままデータとして録画してしまう方式もあります。
これだと、やはり色合いが違っても不思議はないでしょう。
また、製作行程の違いだけではなく、技術の進歩は様々な
部分で表れて来るでしょう。例えば、絵の具も進歩する
でしょうし、カメラもフィルムも進歩するでしょう。
また、最も忘れてはならないのは、テレビ自体も大きく
進歩していると言う点です。これらの要素が組み合わさると
昔のアニメと今のアニメの色が違う原因が見えて来るの
ではないでしょうか?
お礼コメント
noname#1118

やはり技術などが進歩したためなんですね。
どうもありがとうございます。
投稿日時 - 2001-12-12 13:40:04
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 29% (842/2899)

昔はセル画でしたが、今はCG着色が発達しています。 そのせいではないですか? もちろん、今セル画が全く使われていないわけではないのですが。 あと、再放送しすぎでテープが悪くなっているってのも理由にあるようですが。 それはTVで放映する場合ですね。 ちなみにスタジオジブリでは、その会社独特のカラーがあるそうで、 そこでずいぶん新色が出来ているそうですよ。 ...続きを読む
昔はセル画でしたが、今はCG着色が発達しています。
そのせいではないですか?
もちろん、今セル画が全く使われていないわけではないのですが。
あと、再放送しすぎでテープが悪くなっているってのも理由にあるようですが。
それはTVで放映する場合ですね。

ちなみにスタジオジブリでは、その会社独特のカラーがあるそうで、
そこでずいぶん新色が出来ているそうですよ。
お礼コメント
noname#1118

そうですか。
どうもありがとうございます。
投稿日時 - 2001-12-12 13:36:15


  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 50% (5/10)

こんにちは。前の方々が言われているように昨今アニメの製作技術としてCGを取り入れているからと思われます。 しかしながら、93・4年頃よりTV放映の手段としてクリアビジョン方式を取り入れているためもあるかと思います。それ以前のアニメはちょっと曇った感じがしていたのですが、クリアビジョンになってから画面に鮮明さが現れてきたように思います。更に、CG・デジタルアニメーション技術が向上し、より画質・画像性能が上 ...続きを読む
こんにちは。前の方々が言われているように昨今アニメの製作技術としてCGを取り入れているからと思われます。
しかしながら、93・4年頃よりTV放映の手段としてクリアビジョン方式を取り入れているためもあるかと思います。それ以前のアニメはちょっと曇った感じがしていたのですが、クリアビジョンになってから画面に鮮明さが現れてきたように思います。更に、CG・デジタルアニメーション技術が向上し、より画質・画像性能が上がってきたのではないでしょうか。
お礼コメント
noname#1118

ご回答ありがとうございます。
参考にいたします。
投稿日時 - 2001-12-12 13:43:57
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ