OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

成長とは何ですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.172085
  • 閲覧数62
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 59% (26/44)

生物の知識がほとんど無いのですが、
質問させてください。
生物で、成長する、とはどのようなことを意味するのですか?
たとえばヒトは生きている限りずっと成長しつづけるんですか?
それとも老人になるころにはそれは成長とはよばないのですか?

あと、成長するということは、プラスのこと、と考えてもいいのですか?

よろしく願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 38% (192/498)

生物学的に言えば、成長とは
個体・器官・細胞の形態的あるいは量的増大を伴う変化。環境条件によって一定の限度があるが、高等植物では限られた部分では一生つづく。
ということですよね。

>たとえばヒトは生きている限りずっと成長しつづけるんですか?
>それとも老人になるころにはそれは成長とはよばないのですか?
これって、生物学の成長と、人間(生命)としての成長(学習でしょうか?)を混同していませんか?
同じ「成長」という文字を使っていますが、意味が違うものですよ。
お礼コメント
siam_22

お礼率 59% (26/44)

すばやい回答どうもありがとうございます。

「成長」の意味を確かに混乱させて考えていました^^;
参考になりました。ありがとうございます。 
投稿日時 - 2001-11-21 12:15:58
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 16% (1/6)

私が知っているのも、hajime40さんと同じような気もするのですが・・・ 成長(growth)⇒ 生物学的成長過程。          形態の量的変化を指していて、           測定可能なパラメーターをもっている。          簡単にいえば、身長とか体重かなぁ。。。 アドバイスと思ってください。 ...続きを読む
私が知っているのも、hajime40さんと同じような気もするのですが・・・

成長(growth)⇒ 生物学的成長過程。
         形態の量的変化を指していて、
          測定可能なパラメーターをもっている。

         簡単にいえば、身長とか体重かなぁ。。。

アドバイスと思ってください。
お礼コメント
siam_22

お礼率 59% (26/44)

なるほど、身長・体重が増えたら確かに成長しているという
感じがします。量的変化のことですね、わかりました。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-11-21 12:18:43


  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 48% (26/54)

 こんばんは。  生物学的に言うと、「成長」とは動物の個体発生過程において完体(おとなの姿)に向かう変化のことをいうそうです。  よく似た言葉で、「発達」という言葉がありますが、「発達」が質的側面を強調するのに対して「成長」は量的側面を強調した言葉です。  人間としての成熟などは「発達」の部類に入るのではないでしょうか。 ...続きを読む
 こんばんは。

 生物学的に言うと、「成長」とは動物の個体発生過程において完体(おとなの姿)に向かう変化のことをいうそうです。
 よく似た言葉で、「発達」という言葉がありますが、「発達」が質的側面を強調するのに対して「成長」は量的側面を強調した言葉です。

 人間としての成熟などは「発達」の部類に入るのではないでしょうか。
お礼コメント
siam_22

お礼率 59% (26/44)

>「発達」が質的側面を強調する

のは知りませんでした。両方とも同じような意味で使ってました。
発達という言葉も、なんかプラスのイメージがすると思っていたのですが・・

きっとイメージとかプラスとか、そんなものではないのでしょうか。
投稿日時 - 2001-11-21 12:21:07
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

成長とは、要は細胞が分裂していって増殖することですね。老化はその反対です。 細胞には当然寿命というものがあり、成長>老化の時見かけ上、成長が見られ、反対に成長<老化の時見かけ上(通り?)老化しています。そして最後に「死」があるわけです。 難しくなるので簡単に書くと、生物には最終形というものがあり、それに向かって成長を続けるわけで、(これはDNAで決められていることで、もしこのDNAに変異がおこった場合 ...続きを読む
成長とは、要は細胞が分裂していって増殖することですね。老化はその反対です。
細胞には当然寿命というものがあり、成長>老化の時見かけ上、成長が見られ、反対に成長<老化の時見かけ上(通り?)老化しています。そして最後に「死」があるわけです。
難しくなるので簡単に書くと、生物には最終形というものがあり、それに向かって成長を続けるわけで、(これはDNAで決められていることで、もしこのDNAに変異がおこった場合、いい意味でも悪い意味でも、奇形が発生するわけです)最終形に到達したら、こんどは老化へ向かって進むわけで、人間はこれを押さえようと努力しているわけです。ですから、成長が早いものは反対に老化も早く、つまり寿命が短いわけです。これらを支配しているのがホルモンと呼ばれている物質でお互いにバランスを保ちながら生命を維持しています。
補足コメント
siam_22

お礼率 59% (26/44)

わかりやすい説明ありがとうございます。

ちょっとまた疑問なんですが、経済とかで、よくマイナス成長とか
呼びますよね?これは生物学でいう成長とは全然別の意味で
使っているのですか?
負の向きに変化することも考えようによっては成長と呼べる
のは、経済学とか、他の分野でだけのことですか?

あと、生き物は、生きている以上は自分の体とかの状態を維持しないといけないと
思うんですが、それを維持することも一つの成長なのですか?
たとえば、老人の方は、しわができたり歯がなくなったりするけれど、
その一方で体のどこか一部では成長は続いているということは
ないのでしょうか?

もしそうだとしたら、最終形になった後は、成長もしながら老化していくという
ことになるのでしょうか?
投稿日時 - 2001-11-21 12:21:16
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ