OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

牛由来のグリセリン

  • 困ってます
  • 質問No.170893
  • 閲覧数246
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 84% (39/46)

牛由来の食用グリセリンに、狂牛病の危険性はあるのでしょうか?
素人質問ですが、よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

厚生労働省の示した昨年末の公式見解では、グリセリンによるBSE感染の危険性はないと明言しています。
グリセリンは獣脂を出発原料として高度に精製して得られるものであるため、感染の危険はないとしています。
これは日本だけでなく、EUやアメリカでも同様の見解を示していますので、問題はないでしょう。
脳、脊髄、眼、腸、扁桃、リンパ節、脾臓、松果体、硬膜、胎盤、脳脊髄液、下垂体、胸腺又は副腎
これらの部位はBSE感染の原因となるリスクが高いことが分っており、使用が禁止されています。
獣脂はもともとがリスクの非常に低い部位(というよりは感染の危険性が無い部位)であり、さらに、それを精製していますので、大丈夫といえるわけです。
また、イギリスやポルトガルといった最も危険性の高い国で誕生・飼育・と殺のいずれか一つでも関わったウシを原料としたものについては、グリセリンであっても輸入は行なわれていませんので、なおさら大丈夫であると言えるでしょう。
以上kawakawaでした
   
お礼コメント
penelope

お礼率 84% (39/46)

詳しい回答をありがとうございました。これで疑問は解決です!
投稿日時 - 2001-11-20 17:19:46
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ