OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

何故クリスマスにローストチキンを食べるのでしょう。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.169920
  • 閲覧数11493
  • ありがとう数32
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

クリスマスの定番料理と言えばローストビーフ、ローストチキン、ターキー・・・ですが、なぜこれらの料理を食べるようになったのか是非教えてください!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  クリスマスに七面鳥とか、鵞鳥の焼いたものを食べるのは、特に意味はないようです。キリスト教では、イヴのときは、断食するというほどではありませんが、肉は避け、クリスマス当日になると、正式な食事を取り、つまり、正餐を取るのであり、この正餐(ディナー)の代表的メニューとして、七面鳥や鵞鳥のロースト、また肉のローストなどが出るというのが、クリスマスにローストビーフや焼いた七面鳥を食べる理由のようです(七面鳥などは、ご馳走だったということです。そういう意味からすれば、意味はあります。つまり、正餐として食べるのであり、クリスマスだから七面鳥だということの理由はないということです)。以下のURLにQ&Aの答えが載っています。
 
お礼コメント
na25hi

お礼率 100% (2/2)

と言うことは、日本人はどうしてもイヴの日に騒ぎがちですが、本来クリスマス当日にこのような料理をいただくんですね。
大変勉強になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-17 23:45:57
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 33% (1142/3363)

na25hiさん、こんばんは。 『クリスマスに七面鳥を頂くのは、祝い日に悪事が起こらないように神に捧げた生け贄の名残。だから七面鳥(あるいは鶏)はまるごと一羽焼くのが正式。』 だそうです。 http://www.fuji.ne.jp/~niten/xmass.htm 『また、ケーキは、クリスマス・イブには果実のなる木の幹を暖炉にくべて祝ったころから、薪をかたどった菓子を焼いて家族全員が食べ ...続きを読む
na25hiさん、こんばんは。

『クリスマスに七面鳥を頂くのは、祝い日に悪事が起こらないように神に捧げた生け贄の名残。だから七面鳥(あるいは鶏)はまるごと一羽焼くのが正式。』
だそうです。
http://www.fuji.ne.jp/~niten/xmass.htm

『また、ケーキは、クリスマス・イブには果実のなる木の幹を暖炉にくべて祝ったころから、薪をかたどった菓子を焼いて家族全員が食べ、神をたたえ喜び分かち合った』事から、「ノエル」という薪の形をしたケーキが食べられます。
http://203.174.72.112/eiyougaku/kurisumasu.htm
http://www.ntv.co.jp/3min/9812/1219.html

下記URLにもクリスマスに因んだエピソードが色々書かれています。
七面鳥の話もありますので参考にしてください、
http://www.asahi-net.or.jp/~YQ5Y-YSD/essay5.html
お礼コメント
na25hi

お礼率 100% (2/2)

教えていただいたホームページ、興味深く拝見しました。
石鍋さんのホームページも楽しかったです!
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-17 23:48:03


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ