OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

冷アセトン法について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.167216
  • 閲覧数865
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 42% (104/246)

ペプチド性物質の抽出に用いる方法として冷アセトン法というものが
ありますが、そのプロトコールに不明な点があります。
それは「3%酢酸を含む100%のー80℃に冷やしたアセトンに
浸す」という表現ですが、酢酸を入れたのにアセトンが100%って?
まったくわかりません。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 30% (58/189)

タンパク質のアセトン沈殿なら行った事あるのですが
こういうことではないでしょうか

100%の冷アセトンに終濃度が3%になるように酢酸を加えた溶液に浸す

例えばエタノールなどでは水で薄めた50%エタノールやとか
80%のものなどを用いる事があります。
ですからこの場合には希釈していない純粋なアセトンを用いる
という意味で100%のアセトンと書いてあるのではないでしょうか

あるいはアセトンだけをー80℃にしておいて
使う時に酢酸を加える。といったところではないでしょうか。

間違っていたらごめんなさい。
お礼コメント
noribou11

お礼率 42% (104/246)

回答ありがとうございます。
やはり、そういう意味だったんですね。
恥ずかしながら始めてアセトン抽出を行うため、
こんな初歩的なことも深く考えすぎていたようです。
本日、アセトン抽出を行い、今はFreeze Dryの最中です。
このことを報告しようと思って開いてみたら、
上のような苦言を頂きました。んー一歩遅かったようです。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-15 18:58:12
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ペプチドでしたらfreeze dryでなくて遠心濃縮機 が使えるかもしれませんよ。30AAくらいまで大丈夫です。 丈夫ですからね。 こっちの方がお手軽ですけどどうでしょう。 ボリュームにもよりますけど。

ペプチドでしたらfreeze dryでなくて遠心濃縮機
が使えるかもしれませんよ。30AAくらいまで大丈夫です。
丈夫ですからね。
こっちの方がお手軽ですけどどうでしょう。
ボリュームにもよりますけど。

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ