OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

アルミリサイクル

  • 困ってます
  • 質問No.134831
  • 閲覧数416
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 6% (3/45)

アルミ缶を破砕してリサイクルをしている企業があるようですが、鉄をリサイクルするにはどうなのでしょうか?企業的には困難なのでしょうか?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

原理的には難しいことではないでしょう。

ただ、アルミは精錬自体がある程度高価につくので、収集、運搬にある程度のコストがかかってもやる意味が大きいですが、鉄の場合は、精錬自体はそれ程高く付くわけじゃなないので、その費用負担はいやがる事でしょうね。

鉄鉱石の輸入が~なんて事態になれば状況は一変するでしょう。
集めさえすれば、再利用は簡単ですから。

但し、厳重に注意を要する物として、最近、医療、研究機関の廃材の中に、医療用・研究用放射性物質が混入している事があり、もしこれが混入すると、例えばコバルト60なら、米粒一個分で溶鉱炉1つ分の再生材が使用不能となります。現にそういう事例が起きています。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 35% (455/1268)

アルミ缶は材質が薄いためプレスしてもスポンジのように空気が含まれてしまいかさ張るので、密度を高くして運搬効率を高めるために一度粉砕するのではないかと思います。その反面屑鉄は硬くて粉々にするにはかなりの費用がかかりますし、元々鉄骨などはある程度厚みが有って集めても運搬効率は損なわれません。多分こんな理由からではないかと思います。
アルミ缶は材質が薄いためプレスしてもスポンジのように空気が含まれてしまいかさ張るので、密度を高くして運搬効率を高めるために一度粉砕するのではないかと思います。その反面屑鉄は硬くて粉々にするにはかなりの費用がかかりますし、元々鉄骨などはある程度厚みが有って集めても運搬効率は損なわれません。多分こんな理由からではないかと思います。


  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 20% (12/58)

昔鉄屑屋というのが有りましたし、車の廃棄にも20年ほど前は、5千円~1万で売れましたが、今は逆にそれ以上お金を払わなくてはいけません。 鉄鉱石の価格やリサイクル費用の関係で、今は企業的に我々一般より買い取ってのリサイクルはあまりしていませんが、(企業的に)リサイクルしております。 アルミに比べてリサイクル率は悪いようですが。
昔鉄屑屋というのが有りましたし、車の廃棄にも20年ほど前は、5千円~1万で売れましたが、今は逆にそれ以上お金を払わなくてはいけません。
鉄鉱石の価格やリサイクル費用の関係で、今は企業的に我々一般より買い取ってのリサイクルはあまりしていませんが、(企業的に)リサイクルしております。
アルミに比べてリサイクル率は悪いようですが。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

> 鉄をリサイクルするにはどうなのでしょうか?  これはどういう意味でしょうか?「アルミと同じ方法で鉄もリサイクルできないか?」という事でしょうか。それとも,「アルミはリサイクルされているが,鉄は?」という事でしょうか。  後者であれば,アルミほどではありませんが,鉄もリサイクルされているようです。「金属材料のリサイクル」というペ-ジ(↓1番目)によると,Al のリサイクル率が 55.2 ...続きを読む
> 鉄をリサイクルするにはどうなのでしょうか?

 これはどういう意味でしょうか?「アルミと同じ方法で鉄もリサイクルできないか?」という事でしょうか。それとも,「アルミはリサイクルされているが,鉄は?」という事でしょうか。

 後者であれば,アルミほどではありませんが,鉄もリサイクルされているようです。「金属材料のリサイクル」というペ-ジ(↓1番目)によると,Al のリサイクル率が 55.2% に対し,Fe のリサイクル率は 37.6% となっています。

 また,「日本鉄リサイクル工業会」というペ-ジ(↓2番目)には,「日本で生産される鉄の 30% 以上が鉄スクラップのリサイクルによって作られています。」とあります。ここの「鉄のリサイクルについて」には実際のリサイクル方法も載っています。
  • 回答No.5

鉄のリサイクルは昔は盛んでした。 現在衰退したのは.主要鉄原料の廃棄自動車に使われている鉄材の影響です。 昔の自動車の鉄材は.単なる鉄が使われていました。現在は亜鉛めっき鉄の使用がほとんどです。その為に.昔のように転炉(?)に屑鉄を投げ入れて...という再生方法が使えなくなりました。 自動車のボティに再生可能な鉄材(亜鉛などが含まない鉄)が使われるようになれば.回収率は飛躍的に上昇し.昔のように ...続きを読む
鉄のリサイクルは昔は盛んでした。
現在衰退したのは.主要鉄原料の廃棄自動車に使われている鉄材の影響です。
昔の自動車の鉄材は.単なる鉄が使われていました。現在は亜鉛めっき鉄の使用がほとんどです。その為に.昔のように転炉(?)に屑鉄を投げ入れて...という再生方法が使えなくなりました。

自動車のボティに再生可能な鉄材(亜鉛などが含まない鉄)が使われるようになれば.回収率は飛躍的に上昇し.昔のように70%程度(記憶があやふや)に回復するでしょう。
  • 回答No.6
レベル6

ベストアンサー率 40% (4/10)

この下でも開設されている通り、鉄は合金などの複合材料として使われる事が多いんですよね。 例えば、缶入りコーヒーなどに使われている、スチール缶では、 開詮するときに開けやすくするため、缶の上板にアルミ板が使われています。 これをリサイクルするとなると、アルミと鉄をきちんと分けなければならず、 資金的にも労力的にも困難になってくるわけです。
この下でも開設されている通り、鉄は合金などの複合材料として使われる事が多いんですよね。
例えば、缶入りコーヒーなどに使われている、スチール缶では、
開詮するときに開けやすくするため、缶の上板にアルミ板が使われています。
これをリサイクルするとなると、アルミと鉄をきちんと分けなければならず、
資金的にも労力的にも困難になってくるわけです。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ