OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

頭蓋骨が折れてしまった。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.134165
  • 閲覧数578
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 82% (68/82)

私の友人が、自分の子供(9ヶ月)を抱っこしていて、誤ってそのまま子供を落下させてしまい、コンクリートに頭を打ちました。
すぐに泣き出しましたが、とりあえず、緊急病院へ連れて行き、脳波測定、及びCTをとったところ、内部に出血はなかったのですが、頭蓋骨が折れているそうです。
医者の話によると、このような場合は、特別な治療はなく、自然にくっ付くのを
待つしかないということで、この月齢の子供は頭蓋骨の成長が著しく直ぐには
くっ付かないが、同様の事故を起こさなければまず心配はないだろうといわれた
らしいのですが、本当にこのまま放っておいていいのでしょうか?
子供を見ると、吐き気等もなく、機嫌もよく、今までと同じように見受けられますが、落下させた親にはあまり笑わず、抱っこされると嫌がります。これは精神的な
ものでしょうか?

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

頭を強打したときに最も心配なのは出血です。脳は豆腐のように柔らかい組織でしかも頭蓋骨という固い殻の中に入っているので頭蓋内に出血すると脳を圧迫し豆腐が崩れるように脳ヘルニアという状態を起こして死に至るからです。 急性期に出血を起こしている場合(急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫など)早い者では数時間から遅い者でも24時間ほどで意識障害などの症状がでるのが普通です。CTで診断がつきますし、この場合は緊急手術と ...続きを読む
頭を強打したときに最も心配なのは出血です。脳は豆腐のように柔らかい組織でしかも頭蓋骨という固い殻の中に入っているので頭蓋内に出血すると脳を圧迫し豆腐が崩れるように脳ヘルニアという状態を起こして死に至るからです。
急性期に出血を起こしている場合(急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫など)早い者では数時間から遅い者でも24時間ほどで意識障害などの症状がでるのが普通です。CTで診断がつきますし、この場合は緊急手術となります。
次に脳挫傷など脳に損傷を来している場合症状が最初でにくいこともありますがCTで診断がつきます。保存的に見たりしますがしばらくは入院させると思います。外傷でくも膜下出血をおこすかたもおられますがこの場合は入院するでしょうししばらくしてから水頭症になることもありますが、これもCTで診断がつきます。
受傷後1ヶ月程でじわじわした出血のため脳が圧迫されて症状がでてくる慢性硬膜下血腫などもありますがこれは時間がたってみないと起こるかどうかわかりません。
頭蓋骨の骨折の場合血管を横切って骨折腺があれば急性期に出血する可能性が高いですがそうでない場合ただ単に陶器にひびが入ったような状態になることがよくあります。この場合主治医の先生のおっしゃる通り経過を見ていくことになります。もともと骨折はどんなものでも人体がくっつけようと働くのでつながりかたを気にしなければだいたいくっつくものです。これは頭蓋骨も同じ事です。骨折がくっつくにはだいたい1ヶ月以上かかります。
ここでひとつ問題となるのはご質問のような小児(しかも1歳未満)などの場合すごい勢いで脳が発達しているためそれにおされて骨折腺が逆に大きくなっていくことがありGrowing fractureなどどよばれています。この場合放置しておくとこの部分がふくれて小脳などを圧迫したり、けいれんなどを起こしたりすることがあるため硬膜が断裂していればそれを修復したりする必要があります。つまり現在の状況は放っている訳ではなくて経過を観察しているのだと思います。骨折がきちんと直っていくことを確認するまでは定期的に受診するよう主治医の先生に言われているはずですからきちんと指示に従った方がよろしいかと思います。
補足コメント
drodro

お礼率 82% (68/82)

futukayoi様 早速の回答ありがとうございます。
参考になります。やはり頭の病気は恐いですね。
futukayoi様のおっしゃる通り、ひどい症状になるケースもあるわけですが、
このGrowing fractureというのは、乳児が骨折した場合、よく発生するのですか?
主治医(某大学病院 脳神経外科医、小児科医)の指示は、「半年後CT検査します」とのことだったそうですが...。 大丈夫ですかね?
投稿日時 - 2001-09-12 14:58:24
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

ご質問がありましたので再び書き込みさせていただきます。ご容赦ください。こういった遠隔期に起こる症状のフォローアップは各医師個人がどのような患者さんに出会ってきたか?ということによって微妙に違うような感じがします。 僕の知っているgrowing fractureのフォローは1ヶ月毎に頭部の写真を3ヶ月から半年くらい撮っていくと言うものです。3歳位までは起こる可能性はあるようですが特に1歳未満の小児の場合、 ...続きを読む
ご質問がありましたので再び書き込みさせていただきます。ご容赦ください。こういった遠隔期に起こる症状のフォローアップは各医師個人がどのような患者さんに出会ってきたか?ということによって微妙に違うような感じがします。
僕の知っているgrowing fractureのフォローは1ヶ月毎に頭部の写真を3ヶ月から半年くらい撮っていくと言うものです。3歳位までは起こる可能性はあるようですが特に1歳未満の小児の場合、一応他の年齢より頻度は高いの
で・・・。
写真を見ないと何ともいえないのですが骨折腺の部位や大きさによってある程度growing fractureが起こりやすいかどうか判断成されているでしょうから主治医の先生の半年後CTというのも頻度が低そうだと判断なさっておられるのならいいのかもしれません・・・。
大学病院の脳外科の先生が主治医でしたらフォローについても質問されれば何故そういったフォローをするのかについてよく説明してくれるはずですからよく聞いてみればよろしいかと思います。
お礼コメント
drodro

お礼率 82% (68/82)

確認したところ、先生の話では、「この位の骨折だったら大丈夫。問題はない。
でも親御さんとしては心配だと思うのでCTを半年後に撮って検査しよう」という
ことだったそうです。
医者によってもいろいろな見方があるということですね。

いろいろ医学的な意見いただきまして、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-13 10:06:15
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ