OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

呼吸する空気に含まれるCO2の働きって?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.122952
  • 閲覧数238
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

人間が呼吸するにはまず酸素が必要ですよね。だけど、酸素だけでは駄目で、その中に炭素ガス(つまりCO2)が含まれていないと、呼吸中枢の機能が低下して無呼吸になる・・・と本に書いてありました。
どうして呼吸する空気の中に、酸素以外に炭素ガスが必要で、炭素ガスがなくなると、無呼吸になってしまうのか。どうしてもわからないので教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

きちんと説明するにはco2と[Hco3]+との酸、塩基平衡の式になってしまうのでわかりやすく簡単に説明したいと思います。 呼吸をしろと命令するためには呼吸が足りないと感じる必要があります。この仕組みには2通りあって一つは延髄にある中枢性の化学受容器でもう一つは頸動脈体や大動脈体にある末梢性の化学受容器です。 中枢性は体のco2の変化をphの変化として感じることができ、co2が増えると呼吸が足りないので ...続きを読む
きちんと説明するにはco2と[Hco3]+との酸、塩基平衡の式になってしまうのでわかりやすく簡単に説明したいと思います。
呼吸をしろと命令するためには呼吸が足りないと感じる必要があります。この仕組みには2通りあって一つは延髄にある中枢性の化学受容器でもう一つは頸動脈体や大動脈体にある末梢性の化学受容器です。
中枢性は体のco2の変化をphの変化として感じることができ、co2が増えると呼吸が足りないので呼吸しろと命令を出すように働きます。
末梢性は血中のO2の変化を感じることができO2が減ると呼吸が少ないから呼吸しろと命令を出す方向に働くわけです。
ここで慢性の呼吸不全などでCO2が高くてO2も低い様な場合、中枢性ではCO2が高い状態になれてしまっていて呼吸を増やせと命令を出さなくなっている場合があります。このような状態の場合呼吸を増やそうと働いているのは末梢性の方だけです。ここでO2が低いのを直そうとしていきなり高い濃度のO2をかがせるともう呼吸は十分だと判断してしまいCO2が高いのに呼吸しようとする刺激が全て無くなってしまいます。そこで自発呼吸がなくなってしまったりすることが起こるわけです。
ちょっと難しいので説明が不十分だとは思いますが詳しく知りたい場合は呼吸生理学の成書をお読みになってください。
お礼コメント
noname#2498

早速お答えを頂き有難うございます!「呼吸をしろと命令するためには呼吸が足りないと感じる必要がある」この考え方から出発すれば、CO2の存在が必要不可欠であることが説明つきますね。生物の仕組みは深いです。アドバイス有難うございました!!
投稿日時 - 2001-08-23 13:42:03


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 38% (32/84)

ちょっと外れるかもしれませんが 血中CO2濃度の低下が起こる症状で”過換気症候群”が有名です。 過換気について以下のページが詳しかったのでご参考までに ...続きを読む
ちょっと外れるかもしれませんが
血中CO2濃度の低下が起こる症状で”過換気症候群”が有名です。
過換気について以下のページが詳しかったのでご参考までに
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ