OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

熱安定性

  • すぐに回答を!
  • 質問No.118254
  • 閲覧数168
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

熱に不安定な薬品を滅菌するには、低温で長時間加熱するよりも、高温で短時間の加熱により滅菌するほうが望ましいのはなぜですか?それを活性化エネルギーの観点からどう説明したらいいかわかりますか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 38% (116/304)

全くの素人考えですが・・・ 菌を死滅させには、短時間でもいいから高温にすることなのではないでしょうか? 命を奪うのに長い時間は要らないと思うのです。 熱に不安定と言うことは、温度を高めればどんどん分解していくと言うことですよね? 「低温で長時間加熱する」の「低温」がどのぐらいかわかりませんが、菌を殺すために必要な最低の温度があると思います。 そこまで温度を高めるなら、長時間より短時間の方 ...続きを読む
全くの素人考えですが・・・

菌を死滅させには、短時間でもいいから高温にすることなのではないでしょうか?
命を奪うのに長い時間は要らないと思うのです。

熱に不安定と言うことは、温度を高めればどんどん分解していくと言うことですよね?
「低温で長時間加熱する」の「低温」がどのぐらいかわかりませんが、菌を殺すために必要な最低の温度があると思います。
そこまで温度を高めるなら、長時間より短時間の方が、分解される薬品の量が少なくてすむのではないですか?

活性化エネルギーの観点から説明していないので、「自信無し」です。

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ