-PR-
解決
済み

18、19世紀の経済学者

  • すぐに回答を!
  • 質問No.99669
  • 閲覧数1633
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 15% (77/503)

大学のレポートで、18世紀から19世紀までの経済学者の中から2人選んで、その学説の違いを対比させ、考察するというレポートが出ているのですが、誰を選んだらいいのか悩んでいます。

全く違う考えをしている2人を取り上げるのが面白いと思うのですが、あまり経済学者について詳しくないので、誰を取り上げたら面白いか(レポートが書きやすいか)、皆さんの考えを教えて下さい。またその理由も教えてくれたら嬉しいです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

スミス、リカード、マルサス、ミル、マルクス。
この5人以外に誰かいますか?
(挙げれば、ぺティ、マン、ステュアート、リスト、エンゲルス、クールノーといますが)

19世紀でも、ワルラス・メンガー・ジェヴォンズを挙げたらペケでしょうね(理由は、mikegoさんがお考え下さい)。

例えば、リカードとマルクスについて、労働価値説の見解から比較するとか、リカードとマルサスの穀物法論争を論評するとか、スミスを継承したマルサスがどのようにスミスを継承したのか、いろいろありますね。
大学の講義で、そこはノートをお取りのはずですので、ご確認下さい。
20世紀経済学と違って、19世紀なら似通った2人を取り上げるのが無難です。
(20世紀ならケインズとハイエクで決まりでしょうが)

最終的にレポートを書くのは、mikegoさんですので(私は代筆できません!)、そこのところはご了承下さい。

参考文献になるものだけでも挙げておきましょう。
根岸隆『経済学の歴史 第2版』(東洋経済新報社)
美濃口武雄『経済学説史』(創世社)
三土修平『経済学史』(新世社)
松嶋敦茂『現代経済学史』(名古屋大学出版会)
西沢・服部・栗田編『経済政策思想史』(有斐閣)
大森郁夫『ステュアートとミル』(ミネルヴァ書房)
その他、経済学史の棚にある本で、お手に取りやすいものをお選びください。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

18世紀から19世紀の時代というと、アダム・スミスからマーシャルに至る、近代経済学が確立された時代ですよね。ですからこの主流の中から1人を選び、これに異を唱えた1人を選べば面白いし、書きやすいと思うんです。 異を唱えた人では、シュンペーターが一番だと思うんですが、かれの生涯は1883ー1950ですから、活躍期が20世紀になってしまいます。 そうするとちょっと平凡ですが、やっぱりマルクス(181 ...続きを読む
18世紀から19世紀の時代というと、アダム・スミスからマーシャルに至る、近代経済学が確立された時代ですよね。ですからこの主流の中から1人を選び、これに異を唱えた1人を選べば面白いし、書きやすいと思うんです。

異を唱えた人では、シュンペーターが一番だと思うんですが、かれの生涯は1883ー1950ですから、活躍期が20世紀になってしまいます。

そうするとちょっと平凡ですが、やっぱりマルクス(1818ー1883)ということになるのでしょうか。彼の異論は言うまでもないでしょう。

それから、アダム・スミスとリッカードを対比させるのも面白いでしょう。スミスが国富というパイを大きくするのを論じたのに対し、リッカードは、そのパイの配分を論じたからです。

”入り口”となる参考書を挙げておきます。
■竹内靖雄『経済思想の巨人たち』新潮選書(03-3266-5111)
■日経『経済学の先駆者たち』日経(03-3270-0251)


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ