-PR-
解決
済み

ラザフォード散乱の断面積

  • すぐに回答を!
  • 質問No.99095
  • 閲覧数452
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 66% (6/9)

ラザフォード散乱の断面積
dσ=(Z1Z2e^2/4E)^2*(1/sin(θ/2)) [Z1Z2の1と2は添字です]
がありますが,ポテンシャル
V(r)=Z1Z2e^2/r
を次のように
V(r)=(Z1Z2e^2/r)*e^(-αr)
とした場合,断面積はどのように変化するのでしょうか.
どなたか教えていただければ幸いです.
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 40% (54/135)

私には厳密に解くことはできそうもないので。
αが小さい場合を考えてexp(-αr)~1-αr
として(rが大きなところでは1/rで抑えられる?)
ラザフォードの公式を導くのと同じ計算をして
みるのではないでしょうか?

クーロン力よりも速く減衰するので
散乱断面積は小さく見えるはずですよね。
お礼コメント
akkinmokkin

お礼率 66% (6/9)

ありがとうございます.参考になりました.
投稿日時 - 2001-07-10 14:20:48
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ