-PR-
krmr

英文メールの頭語はDear Mr.・・・などのように書くそうですが、会社に出す場合、Dearの後に会社名を書いてはいけないのでしょうか。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2010-01-21 23:44:51
    • 回答No.3
    海外で仕事をしているため、英文メールを頻繁に書きますが、
    「会社に出す場合」というのがそもそもありえません。
    メールを読むのは「人」であるため、必ず「人」宛てにメールを出します。
    なので、Dearの後ろに会社名だけを書くことはありません。

    Dear 〇〇〇 member,
    という書き出しなら頻繁に見かけますけどね。
    補足コメント
    日本では会社名に御中をつけて出す場合もありますが、海外ではそういうことはないということですか。
    投稿日時 - 2010-01-22 09:23:44
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2010-01-21 21:53:12
    • 回答No.2
    日本語で言うところの“ご担当者様”というイメージあれば、"To whom it may concern"を使ってみてはどうでしょうか。 ...続きを読む
    日本語で言うところの“ご担当者様”というイメージあれば、"To whom it may concern"を使ってみてはどうでしょうか。
    補足コメント
    英辞郎にも「担当者の方へ」の訳として、そのように書いてあるようですね。しかし、私としては、やはり、会社名にDearをつけるのがおかしいかどうかをはっきりさせたいんです。
    投稿日時 - 2010-01-21 22:35:44
    • ありがとう数0
    • 2010-01-21 18:17:08
    • 回答No.1
    ちょっと初めの方を書いてみます。  1行: ここは自分の会社の名前がかいてある便箋をつかう  2行: 日付  3行: Mr/Ms.John A. Smith  4行: Head, International Division(肩書き)  5行: Golman-Pompadour Company (会社名)  6行: 567 Main Street...(先方の住所)  7行: (1行あけ ...続きを読む
    ちょっと初めの方を書いてみます。

     1行: ここは自分の会社の名前がかいてある便箋をつかう
     2行: 日付
     3行: Mr/Ms.John A. Smith
     4行: Head, International Division(肩書き)
     5行: Golman-Pompadour Company (会社名)
     6行: 567 Main Street...(先方の住所)
     7行: (1行あける)
     8行: Dear Mr./Ms. Thomas A. Edison:
     9行: (1行あける)
     10行以下   本文

     いろいろ流儀があるでしょうが、私が一番多く見たのはこんな感じです。会社名は5行で出し、ミスターなどは8行目に出す、訳です。
    補足コメント
    早速の回答ありがとうございます。
    少しこちらの説明不足があったようで、会社間のやりとりというのではなく、こちらが一般客の立場で、商品の注文や問合せなどをメールで出す場合の書き方についての質問だったんです。
    頭語に会社名を書く場合、前にDearをつける必要はないのでしょうか。
    投稿日時 - 2010-01-21 19:07:38
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数4
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ