-PR-
解決
済み

イミグランの副反応について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.42919
  • 閲覧数1012
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 53% (8/15)

去年の秋にイミグランを試したところ、ひどい副反応がありました
イミグランの副反応はどれくらいの割合で起きるのでしょうか?
また、一度ひどい副反応があった場合は、二度と使用できないでしょうか?

ちなみにカフェルゴットの服用でも、治まりますがかなり胃のむかつきが
あります
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

難しい質問ですが・・・
次に使ったときも出るかどうかは正確にはわかりません。慣れということも薬によってはありえるからです。飲み始めて1週間くらいは吐き気が出ることもあるが、その時期を過ぎるとなくなって、効果のみが現れるというようなタイプの薬も実際ありますから。
でも、基本的には、一度でも副作用を起こされた方にはどんな薬でも次からは使用しないというのが原則でしょうね。たとえ患者さんの訴えた副作用と称する症状がその薬では有りえないようなものであったとしても、中止することの方が多いくらいですから・・・
koyuriさんが、どうしてももう一度試してみたくて、副作用が出たことを隠して別の病院で使ってもらうということであれば可能でしょうが・・・
やめておいた方が、医師としても、患者さんとしても賢明かと思います。
お礼コメント
koyuri

お礼率 53% (8/15)

回答ありがとうございました。
現在の主治医はセカンドオピニオンなので、今までの経緯を知っていますし
実際の所、あの副反応を思い出すとたとえ瞬時に痛みが引いたとしても試す気には
なれないですね、、

主治医にはなかなか聞きにくい質問だったので、脳外科医であるnaokunさんの
回答はとてもありがたかったです
私にも合うお薬に巡り会えるといいなと思っています
投稿日時 - 2001-02-21 23:12:26
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

安全性評価の段階での「一過性の血圧上昇」に関しては、1.4%だったようです。ただ、使用例数が増えてくると、この数値はまた変わってくるものと思われます。(減少も、増加もありうる) また、胸内苦悶感、息苦しさ、頻脈、顔の火照りはそれぞれ0.7%と報告されています。 副作用全体では、ほとんど何でもないようなものもすべてひっくるめて12.8%とのことです。この数字だけを見ると、一般の方は10人に1人も副作用が ...続きを読む
安全性評価の段階での「一過性の血圧上昇」に関しては、1.4%だったようです。ただ、使用例数が増えてくると、この数値はまた変わってくるものと思われます。(減少も、増加もありうる)
また、胸内苦悶感、息苦しさ、頻脈、顔の火照りはそれぞれ0.7%と報告されています。
副作用全体では、ほとんど何でもないようなものもすべてひっくるめて12.8%とのことです。この数字だけを見ると、一般の方は10人に1人も副作用が出るのか!とお感じになるかもしれませんが、副作用報告というのは実はその薬のせいではないと思われるようなものまですべてあがってきますので、いわゆるプラセボを使っても副作用が40%などということも現実にはあります。
我々医師の常識的には、高くない副作用頻度と思われます。
ただ、koyuriさんに副作用が出たことに関しては、お気の毒でした。
補足コメント
koyuri

お礼率 53% (8/15)

新薬としてのイミグランの副反応は、そう高い割合ではないのですね。
私は期待していただけに残念な気持ちでいっぱいだったのです…

もう一つ伺いたいのですが、私の場合はイミグランはもう使用できない
つまり必ず副反応を起こすのでしょうか?
投稿日時 - 2001-02-21 22:13:29


  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

副反応とは、注射後に自覚症状として現れた有害な反応と解釈してよろしいのですね? 1%以上の副作用としてあげられているものには、めまい感、痛み、熱感、圧迫感、倦怠感、一過性の血圧上昇があります。 1%未満のものでは、頻脈・徐脈、悪心・嘔吐、逼迫感です。 また、頻度不明(極めて稀ながらあり得る)としては、じん麻疹、発疹、動悸、低血圧、レイノー現象、虚血性大腸炎、ちらつき、複視、眼振、暗点、視野狭窄、 ...続きを読む
副反応とは、注射後に自覚症状として現れた有害な反応と解釈してよろしいのですね?

1%以上の副作用としてあげられているものには、めまい感、痛み、熱感、圧迫感、倦怠感、一過性の血圧上昇があります。
1%未満のものでは、頻脈・徐脈、悪心・嘔吐、逼迫感です。
また、頻度不明(極めて稀ながらあり得る)としては、じん麻疹、発疹、動悸、低血圧、レイノー現象、虚血性大腸炎、ちらつき、複視、眼振、暗点、視野狭窄、一過性の視力低下、眠気、脱力感などがあげられています。
重大な副作用としてあげられているのは、頻度は不明(極めて稀)ですが、アナフィラキシーショック、不整脈、狭心症、虚血性心疾患様症状、てんかん様発作です。

なお、カフェルゴットなどとの24時間以内の併用は禁忌となっております。

いったいどんな副作用を経験されたのですか?
補足コメント
koyuri

お礼率 53% (8/15)

回答ありがとうございます。
私の体験した副反応はですね…
皮下注射後、30秒ほどで心臓がバクバクして上半身が暑くなりクラクラとなり
起きていられないので横になりました
血圧を測ると通常は95~110の間なのですが、150ほどに上昇し脈も速く
なりました
胸の苦しさがかなりひどく、息がうまくできなく喘いでいました
30分ほどは上記の症状が続きました

そこの病院では、私がイミグラン使用第1号だったのでとりあえず酸素吸入を
2時間ほどして帰宅しました

カフェルゴットはその時点では服用していません

1%以上とは、どれくらいのものなのでしょうか?
副反応はあまり多くの方が体験するものではないですか?
ちなみに注射は8月に打ちました
投稿日時 - 2001-02-21 18:50:42
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ