-PR-
解決
済み

プロパンガスの車を一般向けに作らない理由

  • 暇なときにでも
  • 質問No.4192386
  • 閲覧数42632
  • ありがとう数213
  • 気になる数0
  • 回答数61
  • コメント数0

お礼率 20% (31/150)

タクシーは殆どプロパンガス車です。プリウスのタクシーに乗ったときに聞くとハイブリッド車の中でも最も燃費の良いプリウスと比べてもプロパンガスの方が燃費は良いと言います。その後、車の修理屋さんやタクシーに乗るたびに聞いてみましたが、一般向けに売れない理由はないと言います。

デメリットは少しパワーが落ちる、トランクが狭くなるなどはあるにしてもエンジンに対してはずっと良いと言います。技術的には町の修理工場でも改造できる程度のもので、メーカーなら簡単に出せるはずのプロパンガス車を一般向けに出さない理由は何でしょうか。

修理工場で聞いた限りでは、量産すればコストも変わらないと言います。
通報する
  • 回答数61
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.58
レベル4

ベストアンサー率 100% (1/1)

だいぶ回答があるようですが、なかなか決定打はないですねえ。
これだけ締め切りが長いと、様々な回答があるものだと関心します。
でも、ちょっとだけ補足させてください。
<なぜメーカーが作らないかとは少し外れますけど、さすがに??もあるので・・・・>

では最近から(JUNさんは番号書かなくてもわかりますよね)
1.「理由はLPGは・・・メーカーに対して上記4車種は開発費の補助金があるのではないでしょうか?しかしLPGには無い。」
→ 開発補助で言えば、CNGにもLPGにも「高効率次世代エンジン開発」って補助がありましたよ。LPGもありました。
  CNG http://www.nedo.go.jp/iinkai/kenkyuu/bunkakai/16h/jigo/28/1/5-1-2.pdf
  LPG http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g40329a140j.pdf

2.「都市部以外の一般家庭に於いては、プロパンガスを燃料にしている世帯・・・LPガスの原価は安く・・小手先の需給調整をしているといったのが現状」
→ LPガスの利用ベースから言うと、家庭需要は減少気味です。自動車用もタクシー中心の割には比率は低いです。
  http://www.j-lpgas.gr.jp/intr/05/index3.html

3.LPGを燃料としてる自動車はエコエミッション(低燃費)であってもローエミッション(低公害)では無いからではないでしょうか?
→低ランニングコストが正しいでしょうね。
  コンロで燃やせる程、黒煙なく・低NOxで低公害ですよ。
  http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/guide/index06.html

4.No..1の方が言ってますがトランク内のプロパンガスボンベには使用期限があります。それの点検や付け替えの時期は車検時期とはリンクしてないんです。
→ 使用期限は6年あります。1年車検車(貨物・緑ナンバー)は車検とリンクします。白ナンバーはリンクしませんけど5年目の車検に容器検査(リンク品チェンジが多い)してもいいので・・・ 検査費用2-5万円です。
http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/use/index.html

5.私の地元の陸運局近くのテスター屋には「LPG車XX試験」とかいう看板
→ LPG車気密試験のことですね。ボンベを換えたあとにトランクと座席のある室内の気密検査が必要です。
  (でも、水素でもCNGでもボンベ積み替えると実施する必要があります。床下にあれば関係ないです)

6.韓国車
→ ヒュンダイのグレンジャーですが、日本車に6気筒LPG量産車がないのでこの2年間に約300台売れています。
  (少ないのですが、ヒュンダイとしては1車種では最量販。韓国では同じ車種を年1万台も売りますけど)
   http://www.hyundai-motor.co.jp/vehicle/grandeur/index.html

7.出力のためではなく、冷却用に燃料を噴射し消費します。理論空燃比(14.7:1)ですが、負荷が高い時や加熱時には燃料が濃い目に噴射されます。
→ LPGの理論空燃比は15.7:1です。LPGは気体状で噴射(CNGと同じ)、液体状で噴射(ガソリンと同じ)どちらも可能です。
  気体なら高負荷に耐えられるようCNG量産車と同じ構造で、液体なら扱いはガソリンと同じです。
  あ、LPGを液体噴射すると蒸発潜熱で、吸気温度は大きく下がりますから吸入効率は上がりますし濃い目もOKです。
  そうそう、JUNさん、LPGのオクタン価は約105です。
  http://www.hyundai-motor.co.jp/vehicle/grandeur/pdf/Grandeur_lpiguide.pdf

8.しかしガスでは、この手は全く使えません。それでパワーが落ちる=本来のパワーになる、というわけです。エンジンに拘るエンジニアには耐え難いことかも知れません。
→ 基本的にセッテイングです。ボルボのLPGバイフューエル量産車はバイフューエルですがガソリンもLPGも同じ140馬力です。

9.LPガス車についていた補助金が、予算年度の前半で既に予算オーバーしているということでした
→ 説明不足ですが予算オーバーではなく、「募集台数を受付開始1日でオーバー」が正しいです。
  http://www.j-lpgas.gr.jp/lgv/05.html

10.LPガス自動車普及促進協議会に問い合わせてください。
→すいません。こちらにメールくださいね。
http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/profile/inquiry.html

11.>そんなタクシー仕様の格好の悪い車ではなく、普通の乗用車にLPG仕様を作れば
→最初の1歩としてクラウンセダンは、ガソリン仕様が消えてLPG車だけになり自家用対応も始めたようです。
  http://toyota.jp/crownsedan/index.html

12.貴方が連続して(自家用車使用は毎日、始動、停止、給ガス、臭い等々)・・・・経験と想像は違いますよ。
→ すいません。20年自家用で3ナンバーでLPGですけど、昔は知らず今の噴射式は「全く関係ないです」
   キャブレターのガソリン車と同じ昔のLPG車と、EFIなど噴射になった今のエンジンを比較しています。
  
13.CO.2排出量はガソリン車と同等と、検査結果がありました。
比重で想像すれば納得ですので、ジーゼル車同様低減できません。
→ CO2は論より証拠。http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/guide/index06.html
→ LPG比重は、1L500gないです。そもそもC分が少なくて、H分が多い燃料ですから当然CO2は減ります。
  http://www.nerc-tokyo.com/coopev/pdffiles/fuel_property.pdf

14.
その1.プロパンスタンドが極端に少ない。 → タクシーの93%はLPG車で、タクシーのある町にはありますよね。
その2.パワーが無い → 省略します。
その3.燃料タンクの検査が3年に一回義務付けられている。 → すみません。6年に一度です。
その3.冬などは寒さのため、夜間駐車中に燃料パイプの中でプロパンが凍ってしまう、その為に扱いが難しい。
    → すいません。凍らないです。気化しにくいのは昔ありましたが、今はフューエルヒーターが標準です。

15.日本のメーカーも輸出向けには作っていたりするのでしょうか
→ 香港向けのクラウンとコースター、欧州・豪州の国産各社はインポーター改造しています。

16.原油を他の製品に精製するときにも出来るガソリンと違い、・・・・・もう一つ付け加えると、LPG、CNG市場も政治的駆け引きや国際投機の対象で、先行きは原油以上に不安定視されているという話もあります。
20.原油って日本に持ってきて精製する過程でガソリンだけでなく、重油、軽油、灯油、アスファルト、合成樹脂などが一定割合で作成されます。

→すいません。LPガスは原油精製時にも天然ガス随伴もあります。タンカーも既に大量にあります。
 http://www.j-lpgas.gr.jp/intr/05/index.html
→ソースが多いので供給はあまり困らないです。精製過程で最初に出るのは軽いLPGです。
 http://www.j-lpgas.gr.jp/intr/01/index.html

17.LPスタンドが少ないのは、LP車が少ないからで・・・
→ もう1900ヶ所あります。設備は最低700万円程度で資格不要なものもありますよ。
  http://www.kagla.co.jp/contents.php?cPath=products&page=auto_compo&cont=auto_compo

18.私の周りで聞いてみた限り、プロパンガスを背負って走るから危険だと感じる人はいません。
→ 本当に危ないならば23万台もあるタクシーの事故で「爆発!!」ってニュースにならないですよね。

19.その後、法律が変わって、そういう改造が認められず、出荷時にしかできなくなった=メーカーにしか作れなくなったそうです。
→ 無認可改造のことだと思います。今は改造後の排出ガスレポートを取得しなくてはならないからです。
  改造メーカーは沢山ありますよ。
  インテグラル http://www.integral-ltd.co.jp/hybrid/
  ニッキソルテック http://www.nksoltech.co.jp/
  FKメカニック HPなし
  田中モータース http://www4.zero.ad.jp/tanakam/index.html
  LPG内燃機関工業会(代表例) http://www.yanagi-kuruma.com/index.html
  プリンスガスジャパン http://princegas.jp/
 
20.つまり車に詳しいと登録している人たちですら、これほどの思い違い、勘違い、思い込みがひどいのです。
→ これは、残念ながら私もそう思いました。
  今は、欧州から持ってきたボルボLPG量産車に乗っていますが、なんで日本車にないのだろうと思います。
(今まで改造車20年でした。ある程度の正規デイーラーだとメンテも部品も取り寄せOKでその安心感はあります)
  ヒュンダイはLPGのハイブリッドも量産販売開始したようでこれも今興味深々です。
  http://www.hobidas.com/auto/newcar/article/103556.html
マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。
お礼コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

非常に詳しくありがとうございました。

私も如何に思い違い、勘違い、思い込みの酷い人達が多いかだけが良く分かりました。既に書いていることを全く理解せずに意味のない回答をし、この回答の後でさえ、既に何度も書かれていることを回答する人が居るということはこれ以上は意味がないと判断しました。

日本は本当に後進国になってしまったのですね。ITについてもそうですが、医療についてもWHOから呆れるだけでなく非難までされるような間違いだらけの新型インフルエンザ対策で、完璧に先進国とは言えない国だということが良く分かりました。
投稿日時 - 2009-09-12 23:06:25
-PR-
-PR-

その他の回答 (全60件)

  • 回答No.21
レベル10

ベストアンサー率 15% (19/121)

無知というのも大きな要素でしょう。 #20の回答通り、少ないとは言え、実際にLPG専用車もLPGハイブリッド車の普通車も売られています。ハイブリッド車であれば、ガススタンドが少ないことや、寒い冬に云々ということは全く関係なくなります。でも、そういう車があることを、ここの回答者ですら知らない人が多いわけです。その上、政府が補助金すら出しているのに、ガソリンスタンドがつぶれる、とか、石油メジャーが云々と ...続きを読む
無知というのも大きな要素でしょう。

#20の回答通り、少ないとは言え、実際にLPG専用車もLPGハイブリッド車の普通車も売られています。ハイブリッド車であれば、ガススタンドが少ないことや、寒い冬に云々ということは全く関係なくなります。でも、そういう車があることを、ここの回答者ですら知らない人が多いわけです。その上、政府が補助金すら出しているのに、ガソリンスタンドがつぶれる、とか、石油メジャーが云々と言い出す始末です。いかに無知な人が多いかということです。

そしてメーカーの立場では、できるだけガソリン税=特定財源を払ってもらった方がメリットがあるので、敢えて無知な素人には積極的に売らずに、プロ相手にのみ売り込んでいるのでしょう。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

日本人として無知という理由で納得したくはありませんが、これまでのITの遅れ方や、ケータイなど日本独自の決して合理的ではない他の国と違う文化を見ていると、確かに日本人独特の感性や感覚的なものはあるようにも思います。

また明日、ディーラーで実情を確認してみたいと思っています。
投稿日時 - 2008-07-21 23:44:55
  • 回答No.20
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

No.8&9です。 今までの回答に対するあなたのコメントを拝見すると、ここであなたが納得する回答を得ることはできないと思います。 あなた及びあなたの周りの人が考えていることがそのまま日本全国の人が考えていることなのかということだと思います。 再度掲載します。 http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/index.html LPガス自動車普及促進協議会のH ...続きを読む
No.8&9です。
今までの回答に対するあなたのコメントを拝見すると、ここであなたが納得する回答を得ることはできないと思います。
あなた及びあなたの周りの人が考えていることがそのまま日本全国の人が考えていることなのかということだと思います。

再度掲載します。
http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/index.html
LPガス自動車普及促進協議会のHPです。
ここを見ていただければ、
>ただ、私がLPG車が一般向けに売られていないというのは、ディーゼルのように、普通にディーラーで販売されている車種にLPG仕様の設定がないということです。私は車に詳しくはないので、もし知らないだけならメーカー名と車種を教えてください。
のような疑問は解消されると思います。

また、上記団体に問い合わせて頂ければ、なぜ普及しないのかという疑問も解消されると思います。
お礼コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

前回の回答の見方が足らなかったようです。HPを見る限り、改造車や営業用の車種がが殆どとは言え、メーカー出荷の普通車もいくつかあるようですね。明日ディーラーに確認してみたいと思います。

私の質問は普及しない理由ではなく、ラインナップにない理由でしたから、普通のディーラーで買えるのであれば、他の回答にあったように、普及しない原因は日本人独自の感性なのでしょう。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-07-21 23:12:53
  • 回答No.19
レベル13

ベストアンサー率 11% (178/1602)

NO10の補足に書いた >燃費が良いからと言ってパワーのない車に乗る気はありません。 それも理由の一つでしょう。 燃料の補給の問題も一つです。高速道路上でLPGを補給できる場所はほとんど有りません。 タクシーは活動範囲が限られますのでその中でガススタンドを確保すれば良いわけです。が一般ですとそういう訳にもいきません。 水素を燃料とする燃料電池車などは、現段階では実験的要素も高いわけですからL ...続きを読む
NO10の補足に書いた
>燃費が良いからと言ってパワーのない車に乗る気はありません。
それも理由の一つでしょう。
燃料の補給の問題も一つです。高速道路上でLPGを補給できる場所はほとんど有りません。
タクシーは活動範囲が限られますのでその中でガススタンドを確保すれば良いわけです。が一般ですとそういう訳にもいきません。

水素を燃料とする燃料電池車などは、現段階では実験的要素も高いわけですからLPG車とは事情も違います。
時代の流れからしても、排ガスの出ない車の開発に行くでしょう。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

私はこのガソリン価格高騰のおりに、私のようにハイオク車を選ぶ人種は少数派だと思っています。

ガススタンドより電気のチャージの方がもっと少なく、走行距離も電気自動車の方が短いはずです。
投稿日時 - 2008-07-21 23:05:33
  • 回答No.22
レベル14

ベストアンサー率 17% (1578/9188)

>LPG車が一般向けに売られていないというのは、ディーゼルのように、普通にディーラーで販売されている車種にLPG仕様の設定がない 普通にありますよ。 ただ、ニーズがないのでしょうね… http://toyota.jp/ecocar/index.html の下部より先のページで LPGラインナップや案内がなされています。 ...続きを読む
>LPG車が一般向けに売られていないというのは、ディーゼルのように、普通にディーラーで販売されている車種にLPG仕様の設定がない


普通にありますよ。
ただ、ニーズがないのでしょうね…

http://toyota.jp/ecocar/index.html

の下部より先のページで
LPGラインナップや案内がなされています。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

「普通に」という定義が違うようです。

私が「普通」と考えるのは、車を買おうと思った時、ボルボのように全車種とは言わないまでも、ある程度の車種ではLPG仕様が選べる状態、もしくはプリウスなどのように専用車だとしても、一般的な乗用車であることです。

現在メーカーやLPG車普及協会のホームページを見る限り、改造車でなければ、どうみてもタクシーなどの営業向けの車でしかありません。
投稿日時 - 2008-07-22 16:42:35
  • 回答No.29
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

No.20です。 「なぜメーカーはLPG車をラインナップに入れないのか?」 という疑問に対しては、トヨタの回答である 「開発上の機密事項に触れるので答えられない」 が正解だと思います。つまり、それはメーカーの勝手でしょ、ということです。 一般的な話としては、 メーカーとしては売れる物を作るというのが大原則です。 それに対して、外部から見た時に外国メーカーとの比較や他のシステムの自動車と比 ...続きを読む
No.20です。
「なぜメーカーはLPG車をラインナップに入れないのか?」
という疑問に対しては、トヨタの回答である
「開発上の機密事項に触れるので答えられない」
が正解だと思います。つまり、それはメーカーの勝手でしょ、ということです。

一般的な話としては、
メーカーとしては売れる物を作るというのが大原則です。
それに対して、外部から見た時に外国メーカーとの比較や他のシステムの自動車と比較してもその考えがメーカーの考えにはなりません。

メーカーは、市場調査などをしっかり行なった上でどういう車種を開発して行くか決定します。当然開発費がかかりますし、量産するとなると工場に新しいラインを作らなければなりませんので設備投資が必要になります。
そられの費用に見合っただけの数の販売が予想されなければラインナップには加えないでしょう。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

「メーカーは在庫を持ちませんし、オーダーが入ってから作ります。ですから、さして売れない物でも、どこででも売っています。そう言う意味では全く売れない色でも設定があることと同じことです。」という回答がありましたが、その通りだと思います。特にLPG仕様は単なるメーカーオプションとして用意できるようなものです。わざわざ開発するような大げさなものではないと聞きます。だからボルボなどは全車種にラインナップしているのでしょう。

トヨタの大手ディーラーに聞いてみました。すると「偶に一般の人でも燃費が安いという理由でタクシー仕様のコンフォートとか買っていくことがある」ということでした。価格を聞くと「一般向けの同じグレードのものより安い」ということです。それなら、そんなタクシー仕様の格好の悪い車ではなく、普通の乗用車にLPG仕様を作れば、ある程度は売れると考えるのが普通ではないでしょうか。
投稿日時 - 2008-07-23 18:15:17
  • 回答No.40
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

>最後は自分で調べろ、というのでは、ここのシステム自体を否定することになります。 これだけ多くの人から回答を頂いていても納得した回答が得られないのであれば当事者に聞いてくださいというアドバイスをしたまでです。ここのシステムを否定していません。 >合理的とは理屈に合っていることで、誰が考えても一つの結論になることです。事実ここでの回答には、真反対の回答もあれば、調べれば事実違っている回答もありま ...続きを読む
>最後は自分で調べろ、というのでは、ここのシステム自体を否定することになります。

これだけ多くの人から回答を頂いていても納得した回答が得られないのであれば当事者に聞いてくださいというアドバイスをしたまでです。ここのシステムを否定していません。

>合理的とは理屈に合っていることで、誰が考えても一つの結論になることです。事実ここでの回答には、真反対の回答もあれば、調べれば事実違っている回答もあります。

その中で、あなたが合理的だと思うことを取捨選択すれば良いことです。

数学やパソコンの質問であれば「誰が考えても一つの結論になる」ことはあるでしょう。
しかし、あなたの質問は「プロパンガス車を一般向けに出さない理由は何でしょうか」です。主語は「メーカー」です。
メーカーの販売企画部門の考え、メーカーとしての考えがありますので、「誰が考えても一つの結論になる」回答はおそらく無いでしょう。

>私はあなたと議論するために質問したわけでないので、どうかこれ以上あなたが疲れるだけのアドバイスは無理にされる必要はありません。

了解しました。
いくら言ってもあなたが理解して頂けないことを・・・。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

>これだけ多くの人から回答を頂いていても

私は9年近くこのシステムを利用しレフリーでもあり、優良回答者=携帯版の有料回答者=アンサリストでもあります。しかし、今回は、回答にもありましたが、問題によっては如何に間違ったことを思い込んでいる人が多いかを学びました。私は「一般向けにLPガス車を作ってるメーカーがひとつもない」ことを前提にしましたが、メーカーも認めた1社をあげた回答は#37で始めて登場します。そのメーカーのLPガス車は多くの回答に反して製造が追いつかないくらい売れているのです。その他にも多くの回答について、メーカーに問い合わせると間違っていました。

>メーカーの販売企画部門の考え、メーカーとしての考えがあります

中小企業であればそうでしょう。1企業ならそうでしょう。しかし、どの企業も、しかも国際的にもメジャーな位置を占めているような業界全体が、市場経済の中で行っていることは合理的な理由があるだろうと思っています。もうしばらく、まともな回答を待ってみます。
投稿日時 - 2008-07-25 08:17:53
  • 回答No.32
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

No.30dです。 >私は世界のトップクラスに位置する日本の自動車メーカーが合理的な理由なしにLPガス車を普通に売っていない、とは考えていません。そして、その理由は秘密にするようなことでもないと思っています。でも、それが思いつかないので、ここで質問しました。 いいえ、今後どの時期に何を開発するかということは社外秘です。 たとえ「秘密にするようなことでもない」と他人が思っていても、企業にとっては「 ...続きを読む
No.30dです。
>私は世界のトップクラスに位置する日本の自動車メーカーが合理的な理由なしにLPガス車を普通に売っていない、とは考えていません。そして、その理由は秘密にするようなことでもないと思っています。でも、それが思いつかないので、ここで質問しました。

いいえ、今後どの時期に何を開発するかということは社外秘です。
たとえ「秘密にするようなことでもない」と他人が思っていても、企業にとっては「公表するようなことではない」ことはいくらでもあります。
ここでの回答は私も含め推測の範囲を出ません。
そこまで知りたいのであれば、日本の全自動車メーカーに問い合わせてください。

街を歩いている人が全身黄色の服を着ていたとしましょう。
周りの人は「あの人は黄色が好きなんだね」とか「黄色は金運が良くなる色だからね」と推測するかもしれません。
本人に聞いたら「黄色の服しか無いから・・・。」という答えが出るかもしれません。

そこまで疑問に思っているのであれば、当事者(自動車メーカー)に聞いてください。
推測であれこれ言っても永遠に解決しません。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

ハイブリッド車でも電気自動車でも水素や燃料電池車でも、メーカーは技術的なことは隠しているでしょうけど、開発や販売などは大っぴらに行っています。ましてや何十年も前からあるLPガス車の販売に関して、どんな秘密があり得るというのでしょうか。

私は、この数日、メーカーの工場に勤務している人や、車のデザインをしている人など何人かにも聞いてみていますが、今のところタクシードライバーを始め、実際にLPガス車を作っていた人たちまでも、専門家は一様に「不思議ですね」と言います。だから、ここなら明確な回答のできる人がいるのではないかと質問しているわけです。
投稿日時 - 2008-07-23 22:00:08
  • 回答No.30
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

No.29です。 ですから、トヨタとボルボを比べても解決にはなりません。トヨタにはトヨタの営業戦略があるわけですから。 個々の回答に対して「それは違うのではないか?」と異論を唱えることはできるでしょう。 しかし、メーカーとしては、ここで回答されたような様々な要因を総合的に見て判断しているのです。 >そんなタクシー仕様の格好の悪い車ではなく、普通の乗用車にLPG仕様を作れば、ある程度は売れる ...続きを読む
No.29です。
ですから、トヨタとボルボを比べても解決にはなりません。トヨタにはトヨタの営業戦略があるわけですから。

個々の回答に対して「それは違うのではないか?」と異論を唱えることはできるでしょう。
しかし、メーカーとしては、ここで回答されたような様々な要因を総合的に見て判断しているのです。

>そんなタクシー仕様の格好の悪い車ではなく、普通の乗用車にLPG仕様を作れば、ある程度は売れると考えるのが普通ではないでしょうか。
メーカーが売れると思えば宣伝するでしょう。なぜ積極的に宣伝しないと思いますか?
答えはわかりません。メーカーではありませんので。

回答は、「メーカーじゃないとわかりません。」
以上。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

私は企業秘密に関わるようなことを質問しているつもりもありません。
極単純なことだと思っています。
トヨタだけのことを言っているのではなく、日本の全メーカーについてです。トヨタは回答で示されたので確認したまでです。メーカーからは、ここでの回答とは真反対の事実を確認しました。

私は世界のトップクラスに位置する日本の自動車メーカーが合理的な理由なしにLPガス車を普通に売っていない、とは考えていません。そして、その理由は秘密にするようなことでもないと思っています。でも、それが思いつかないので、ここで質問しました。

残念ながら、今のところ合理的に説明のつく回答はありません。
投稿日時 - 2008-07-23 21:05:03
  • 回答No.9
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

No.8です。 >・私たちは普通にガスタンクを背負ったタクシーに乗っています。 一時的に乗るタクシーと自家用車は違います。 >・事故になればガソリンだって爆発します。 ガスタンク=爆発というイメージを払拭できないのです。 >・きちんとフタをしなければガソリンも危ないと思いますけど。 危険ということではなく、燃料が漏れてしまうことを心配しています。 ということで、いくら技術的に安全だ、 ...続きを読む
No.8です。

>・私たちは普通にガスタンクを背負ったタクシーに乗っています。
一時的に乗るタクシーと自家用車は違います。
>・事故になればガソリンだって爆発します。
ガスタンク=爆発というイメージを払拭できないのです。
>・きちんとフタをしなければガソリンも危ないと思いますけど。
危険ということではなく、燃料が漏れてしまうことを心配しています。

ということで、いくら技術的に安全だ、ガソリン車に比べてどうだと言われてもLPG車はイヤだと思えば買わないのです。
買わない人が多数いればメーカーは売ろうとしないのです。

ちなみに、LPG車は一般でも購入できますので、「なぜ売ろうとしないのか」ではなく「なぜ売れないのか」です。

http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/index.html
こうやって普及に努力しても買いたい人がいなければ売れません。

http://www.nichidankyo.gr.jp/lpgcar/guide/dl/2010_vision.pdf
上記の団体がLPG車普及に向けて作成したものです。
この中の「具体的目標と課題について」を読んでいただければ、今何が不足しているため売れないのかということがわかると思います。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

私の周りで聞いてみた限り、プロパンガスを背負って走るから危険だと感じる人はいません。私にも、そういう感覚はありません。ちなみに我が家は都市ガスではなく、プロパンガスを使っていますが、危険を感じてはいませんし、プロパンガスを使っている家庭は多いと思います。

また「売れない」と言っても、現実に「売っていない」わけで、普通の人が車を買う時の選択肢にはならないと思います。電気自動車や、ましては水素エンジンの車だって、そんなに欲しい人がいるわけでもないと思います。
投稿日時 - 2008-07-21 18:31:46
  • 回答No.8
レベル12

ベストアンサー率 41% (265/634)

皆さんがおっしゃっているように、供給量・設備の問題、メンテナンスの問題などがあると思います。 それらに加え、自分だったらガス自動車を選択するかどうかということを考えた時に、 ・背中にガスタンクを背負って走るのはどうも・・・。 ・事故になったら爆発するのではないか。 ・キチンとフタを閉めないとガスが抜けてしまうのではないか。 などの不安材料があるため、ガス自動車は選択しないでしょう。 もちろん、 ...続きを読む
皆さんがおっしゃっているように、供給量・設備の問題、メンテナンスの問題などがあると思います。
それらに加え、自分だったらガス自動車を選択するかどうかということを考えた時に、
・背中にガスタンクを背負って走るのはどうも・・・。
・事故になったら爆発するのではないか。
・キチンとフタを閉めないとガスが抜けてしまうのではないか。
などの不安材料があるため、ガス自動車は選択しないでしょう。
もちろん、技術的には解消できると思いますが、ユーザーのニーズが無ければ普及しないのではないでしょうか。

一方、電気自動車の場合は、環境にやさしいという意識もあり、ユーザーの関心が高いと思います。
補足コメント
jun

お礼率 20% (31/150)

しかし水素自動車や電気自動車の方が、遙かにインフラも整備されていないし、メンテも問題があると思います。昔、プロパン自動車に改造をしていた工場の人は、ハイブリッドの方が遙かに面倒だと言っていました。

・私たちは普通にガスタンクを背負ったタクシーに乗っています。
・事故になればガソリンだって爆発します。
・きちんとフタをしなければガソリンも危ないと思いますけど。

少々コストが高くてもガス車より燃費の悪いハイブリッド車はかなり売れています。電気自動車はイメージが良いとはいえ、まだまだ売れる量は知れているでしょう。それでもメーカーは一般向けに発売しようとしています。水素などは遙かにハードルが高いはずです。それでもメーカーは出そうとしています。しかし技術的には簡単で完成されているはずのガス車を一般向けに売ろうとしないのか、これまでの回答では理解できません。
投稿日時 - 2008-07-21 08:51:33
60件中 1~10件目を表示
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ