-PR-
yoshiritomo

【ふるさと納税(寄付)制度】 

生まれ育った故郷の自治体などに5000円以上の寄付を行うと、5000円を超えた額の個人住民税・所得税が最大10%控除される仕組み。仮に年収700万円の人が4万円を寄付した場合、その年の所得税確定申告により税控除がなされ、翌年度に2万8000円が控除される。
___________

4万円を払い、それで2万8000円が戻る。。
これで得なのでしょうか?
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全1件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2008-06-13 08:50:01
    • 回答No.1
    ふるさと納税は寄付なので得はあり得ないでしょう。

    ふるさと納税を4万円すれば、所得控除の寄付金控除が35000円使える。
    所得税が35000円*税率=安くなる。(税率10%なら3500円)
    住民税も35000円*10%で3500円安くなる。
    残りの35000-(3500+3500)=28000が住民税の税額控除にあてられる。

    損得で言えば5000円の損。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。

    よくわかりました!
    投稿日時 - 2008-06-13 10:44:36
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-
    • 回答数1
    • 気になる数0
    • ありがとう数2
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ