総ありがとう数 累計4,282万(2014年10月22日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
xenotti

ヘルツ接触の弾性接近量δは、

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~jibiki/ouriki/text/tribology_text.pdf

によると、

δ=2F/(πm)*((9/4)*(1/E)^2*W^2*(A+B))^(1/3)

で与えられます。ここで

F:第一種の完全楕円積分
π:円周率
m:cosθ=(B-A)/(A+B)に関係する量
E:等価弾性係数
W:垂直荷重
A+B:総曲率

です。左辺の単位は[m]あるいは[mm]だと思いますが、Fとmが無次元量だと仮定すると、
右辺を計算しても[m^(1/3)]などになってしまい、次元が合わない結果となってしまいます。
どこが間違っているのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

回答 (全1件)

  • 2008-04-10 23:55:06
  • 回答No.1
私が見る限り、何ら、おかしなことはありません。

あなたが書かれた
δ=2F/(πm)*((9/4)*(1/E)^2*W^2*(A+B))^(1/3)
ではなくて、引用された文献の22ページ(6)式に立ち返って、計算してみましょう。
[m^(1/3)]などは、出て来ないことはすぐにわかります。

ところで、失礼ながら、下記の量の単位が何であるか、わかっていますか?
E:等価弾性係数
W:垂直荷重
A+B:総曲率
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数1
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ