-PR-
解決
済み

干菓子と落雁と違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.35910
  • 閲覧数7706
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

京都のお干菓子は大好きなのですが、お盆のときにお供えする落雁は好きではありません。先日友人と話していたら、私は干菓子のほうが上等なお菓子だと思っていたのですが、友人は反対でした。お盆のときにお供えするお菓子を干菓子と呼ぶそうです。お茶会で使うお菓子とお供えするお菓子は明らかに違いますよね。お砂糖は何を使っているのでしょうか。名古屋の両口屋是清の紅白のお菓子、長野小布施の竹風堂の方寸、これらはどちらになるのですか。徳島の‘和…糖’というお砂糖もありますよね。とても上品な甘さですがお干菓子には使っていないのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 38% (61/158)

落雁と干菓子の説明は下記サイトをご覧ください。
砂糖についてですが、和菓子に使われる、和三盆という砂糖を使います。主に徳島県で作られているようです。
あと、ご指摘の菓子、両口屋の二人静と、竹風堂の方寸は、いずれも干菓子になります。
あと、和三盆ですが、最近コーヒー用に顆粒状にしたものがあります。
我が家でも使っていますが、上品な甘さは格別です。
もし手に入るようなら一度お試しください。
お礼コメント
naomi313

お礼率 100% (2/2)

回答ありがとうございました。和三盆、徳島のお土産で頂いたことはあるのですが、顆粒状のものも是非食べてみたいです。すぐお返事もらえうれしいです。
投稿日時 - 2001-02-04 20:53:53
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 0% (0/5)

干菓子とは、水分量の少ない菓子類の総称で、水分量は15%以下とされています。 落雁とは打物菓子(各種の形を彫刻してある木型に打物菓子種を詰め、上面を平らにすり、型の上端を叩いて抜き乾かして仕上げる菓子)の代表的なもので、干菓子の一種に属します。大麦粉、玄米粉、きな粉、あずき粉などの穀紛や豆の粉に、ほぼ同または倍重量の砂糖を混ぜ、食塩と水を加えてよくもみ、ぽろぽろの状態になったものを木型につめてつくります ...続きを読む
干菓子とは、水分量の少ない菓子類の総称で、水分量は15%以下とされています。
落雁とは打物菓子(各種の形を彫刻してある木型に打物菓子種を詰め、上面を平らにすり、型の上端を叩いて抜き乾かして仕上げる菓子)の代表的なもので、干菓子の一種に属します。大麦粉、玄米粉、きな粉、あずき粉などの穀紛や豆の粉に、ほぼ同または倍重量の砂糖を混ぜ、食塩と水を加えてよくもみ、ぽろぽろの状態になったものを木型につめてつくります。
お礼コメント
naomi313

お礼率 100% (2/2)

回答ありがとうございました。これを機に干菓子について少し調べてみようと思います。ただ食べ歩きになるかもしれないのですが…
投稿日時 - 2001-02-11 22:05:41


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ