-PR-

印鑑の照合の仕方について

実印であることを確認するために、よく印鑑証明と印影を重ねて紙をペラペラやる方法が取られていますが、全く違うような場合であ...

tukinou さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2006-11-26 17:20:36
  • 回答No.3
tukinou レベル10

ベストアンサー率 34% (60/176)

♯2です。

折り重ね照合のことですが、例えば 田中 というお名前で 小判型の印鑑の印影があるとします。

それを 田と中 両方にかかるように まず 右斜め45度くらいに 折ります。それを もともとの 印鑑と照合します。そして 今度は 反対の 左斜め45度くらいに 折って 照合します。

枠の大きさが 異なれば まず これで わかりますし、例え 枠の大きさが同じであっても、田 や 中 の 線の角度が ずれてしまうと 違う 印鑑であるということになります。(うーーん イマイチ 説明がしづらいのですが・・・・)

もし よかったら ご自分のお持ちの印鑑Aを 紙に押して、違う印鑑Bで 試してみて下さい。

こんな感じで ご理解いただければ と 思います。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-
-PR-
ページ先頭へ