OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

40代での出産は諦めるべき?

  • 困ってます
  • 質問No.249606
  • 閲覧数762
  • ありがとう数50
  • 気になる数0
  • 回答数15
  • コメント数0

 やはり40代になっての出産(初産)・育児は諦めるべきでしょうか。
 リスクの大きいことは、^何を読んでも聞いてもそうですし(ダウン症児の確率など)、また、一部の友人などは、「子供が10歳の時、自分が何歳か考えたら、やめたほうが賢明じゃない? 若いママに混じって授業参観におばあちゃんが来たと言われる子供がかわいそう…」と言います。確かに…ですが、子供にとってはかわいそうだけどママはママだし…とも思って、それは、そんなに気にしてないのですが(気にするべきか?)…
 私自身、生まれつき体質が弱いこともあり、それが40代で出産なんて、馬鹿げているでしょうか。でも、やはり「産む性」に生まれてきたからには、それを全うしたい思いも、ここにきてあります。過去に一度、やむにやまれぬ事情から、堕胎を経験しています。その咎を背負いつつ、今、40を前にして、このことで気持ちが焦り不安定になります。こと、TVなどで、妊婦や赤ん坊や家族のシーンを見るとと泣いてしまいます。何かよきアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。
 
通報する
  • 回答数15
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.10
レベル10

ベストアンサー率 21% (16/75)

えー、40歳で第一子(男子)を、41歳で第二子(女子)を出産しました(^^;)。上は1歳7ヶ月、下は2ヶ月で今のところどちらも健康そのものです。出産も軽く産後も医師が驚くほど元気で、もう一人どう?と言われました。

私も妊娠中は異常児を産む確率が高いこと、子供が成長した頃自分が高齢であることなどでナーバスになりましたが、どうしても夫の子供を産みたかったこともあり出産に踏み切りました。

こういう言い方をすると不謹慎に思われるかもしれませんが、子供を持つということはある意味博打だと私は思います(歳には関係なく)。子供がどういう状態になると「負け」だと思うかは人それぞれですが。

子供をこの凶暴な世界に産みだして良いものか、そして私が母親であるということが子供にとって嬉しいことなのか、そういうことも考えました。私自身、生まれてきてつらいこともいっぱいありましたしね。
でも子供が生後2ヶ月頃に、初めて私の顔を認識して形容しようのない嬉しそうな顔で笑ったのを見たとき、そういう悩みはふっとんでしまいました。
まるで子供が「生まれてきて良かった。」と言ってるような気がして。

もちろんそれは私の勝手な思いこみにすぎません。
でも子供を産まなかったら味わえなかった感情であることは間違いではないでしょう。そしてこの歳になってから産んだということで、できることもまたあると思っています。

体力的なことは、なにぶん若いときに妊娠・出産・子育てを経験したことがないので比較できませんが、もともと体力がない割にはなんとかなっています。でも個人差もあることですから、くれぐれもお医者さんと綿密に相談なさってくださいね。

私的なことばかりになりましたが、経験者の意見も必要かと思いましたので。お互いがんばって長生きしましょうね(^^;)。
お礼コメント
noname#5149

 アドバイスをありがとうございます。経験者さんからの助言が欲しかったところなので、とても嬉しいです。tigressさんの仰る、「子供を持つのはある意味、博打」…本当にそうだと思います。子供を持たない私が言うことこそが不謹慎ですが、自分の中の一か八か、みたいな気もしています。
>子供がどういう状態になると「負け」だと思うかは人それぞれですが。
このお言葉は、本当に心に沁みます。他の皆さんのアドバイスでも、この点が基本にあるように受け取れました。
 本当に励みになります。40歳で出産されて、お二人めも2ヶ月前に出産されたばかり(おめでとうございます)だなんて… しかもお産も軽かったそうで。こういうケースもあると知ると、自分がどうなるかは別ですが、すごく気が楽になるんです。tigressさん、ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-11 02:41:40
-PR-
-PR-

その他の回答 (全14件)

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 21% (63/288)

おはとうございます。 大丈夫ですよ、私の知人には、40代で、助産院で出産した人も、いますよ。 リスクは多少あるかもしれませんが、これから、40代の出産もどんどん 増えてくることでしょう。 私の知り合いで、遺伝子異常の赤ちゃんを、産んだ人がいます。 その人は、妊娠中から、いろいろトラブルになっていました。 今、妊娠中からかなりのことが、わかるみたいですよ。 それに、彼女も始めは落ち込ん ...続きを読む
おはとうございます。

大丈夫ですよ、私の知人には、40代で、助産院で出産した人も、いますよ。
リスクは多少あるかもしれませんが、これから、40代の出産もどんどん
増えてくることでしょう。

私の知り合いで、遺伝子異常の赤ちゃんを、産んだ人がいます。
その人は、妊娠中から、いろいろトラブルになっていました。
今、妊娠中からかなりのことが、わかるみたいですよ。
それに、彼女も始めは落ち込んだりしていましたが、
今では、全然普通に楽しそうに、暮らしています。
彼女の本当の、気持ちはわかりませんが、おろせば良かった、
などと、思っているようすは、みじんもありません。
よく、テレビなどで、やっていますが、ハンデのある子供を、さずかっても、
苦労は、するだりうけど、産んでよかった。-といってますよね。

いろんな心配は、あると思いますが、本当に、自分ではどうにもできない、
神のみぞ知る。-ですよね。あなたの人生ですよ。
精一杯、生きてください。
お礼コメント
noname#5149

 アドバイス、ありがとうございます。
 生きていれば、誰でも心配や、いろいろな出来事はあるものですよね。 
「神のみぞ知る」、まさにそうだと思っています。仮に何か起こったとしても、自分の人生をどう生きるかというところが、本来の基本なんだということを、baziruさんのアドバイスで改めて感じています。
投稿日時 - 2002-04-09 18:37:30
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 39% (89/224)

私の友達は、小児科の看護婦をやっています。 毎日、重度の障害や持病、奇形をもって産まれた子供たちを看護しています。彼女が言います。 「若いお母さんでも、年齢の高いお母さんでも、産まれる可能性(リスク)はそんなに変わらないの。確かに高齢出産のリスクの方が少し高いけれど、大切なのは慈しみ育てる気持ちなんだよね」と言います。 違う友達は若くして母親になったのですが、そのママ友達も若いけれど、発育遅 ...続きを読む
私の友達は、小児科の看護婦をやっています。
毎日、重度の障害や持病、奇形をもって産まれた子供たちを看護しています。彼女が言います。

「若いお母さんでも、年齢の高いお母さんでも、産まれる可能性(リスク)はそんなに変わらないの。確かに高齢出産のリスクの方が少し高いけれど、大切なのは慈しみ育てる気持ちなんだよね」と言います。

違う友達は若くして母親になったのですが、そのママ友達も若いけれど、発育遅延などの子どもが結構いるそうです。「年齢は関係ないなと想った」と言ってました。

目を背けてしまうほどの奇形を持って産まれてしまった子どもも、お母さんは「可愛い」と涙し、大切に看護してくれるそうです。やはり、母親は絶大だと看護婦の彼女はいいます。ある程度のしっかりとした人生を歩み、切望して高齢で出産したお母さんの方が、どんな子でも受入れて、育てようと気持ちを切り替える力が強いそうです。どちらかと言えば、若いお母さんの方がパニックに陥ってしまう事が多いそうです(どちらでも、大らかにいられる人と、パニックになる人といますが)
どこに普通の基準を持つか、何が普通なのかはその人が決めたら良いと思います。

最近は40位は普通になったと聞きます。ただ、その後育てるのは体力的にちょっと辛いかもしれません。32で私を産んだ母が「若い方が体力は楽」と言ってましたけど。
でも、辛いのは(大変なのも)若くても、若くなくても同じだと思います。
お礼コメント
noname#5149

 アドバイスありがとうございます。denchuさんの文を読んでいて、出産・育児ということに、本当に何が大切かが、ひしひしと感じられます。
 これまでアドバイスくださった皆さんのものも併せて、「子供を産む」ということの重大さ、大切さ、そして、それにかかわることができる性に生まれたありがたさを、今までよりも深く身に沁みて感じています。
>どこに普通の基準を持つか、何が普通なのかはその人が決めたら良いと思います。
 そのとおりですね。ありがとうございます。そして、情報などに振り回されない、強い心身を持たなくてはと思いました。
投稿日時 - 2002-04-09 18:39:21
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 11% (19/165)

はじめまして! 40代での出産。確かに、若い時よりリスクが高いかもしれませんが、それはあくまで可能性です。 若い時に出産しても、100%安全ではありません。 あなたが欲しいのならば産むべきです。 妊娠中もつらいし、出産も大変だけど、子供は天使ですよ。 家の中に笑いを運んできてくれます。 医者が、出産を諦めるように言うのなら仕方ないですが、自分から諦めないで下さい。 私 ...続きを読む
はじめまして!

40代での出産。確かに、若い時よりリスクが高いかもしれませんが、それはあくまで可能性です。

若い時に出産しても、100%安全ではありません。

あなたが欲しいのならば産むべきです。

妊娠中もつらいし、出産も大変だけど、子供は天使ですよ。
家の中に笑いを運んできてくれます。

医者が、出産を諦めるように言うのなら仕方ないですが、自分から諦めないで下さい。

私は三十路の初産を経験しましたが、やはり、経験は無いものの知識は中途半端にあるので、余計に不安でした。
妊娠初期は、精神的にも不安定だったようで、産婦人科の先生のさりげない一言に涙を流したこともあります。

案ずるより産むが易し。
気を大きくもって、まだおきてない不幸な出来事に心をとらわれず、目の前の幸せを喜んで受け入れてはどうですか?
お礼コメント
noname#5149

 ご返答ありがとうございます。
>医者が、出産を諦めるように言うのなら仕方ないですが、自分から諦めないで下さい。
 このお言葉に、ハッとしました。そうですよね。そのとおりですよね…ドクターに言われたのなら別だけど、そうじゃなかったら、自分の考えだけに埋没してしまうなんて、これこそが不幸ですよね。
>まだおきてない不幸な出来事に心をとらわれず、
 ほんとうにそうだと思いました。
 ここまで、皆さんのアドバイスを読んできて、何か心の中で動くものを確かに感じています。
投稿日時 - 2002-04-09 17:31:24
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 23% (61/263)

年齢と体力的に負担はかかるとおもいます。でも色々考えたら不安要素ばかり考えてきりないでしょ。子供との楽しい生活思い浮かべてください。私の近所にも高齢出産のかたおられます。子供さんは男の子で今年中学入学くらいだとおもいます。で、お母さんは一見おばあちゃんに見えます。でも子供さんといつも一緒でとても仲良くされていますよ。親にそういうハンディがあれば子供は逆に親を助けようと素直に育つんじゃないかな・・・私も母が ...続きを読む
年齢と体力的に負担はかかるとおもいます。でも色々考えたら不安要素ばかり考えてきりないでしょ。子供との楽しい生活思い浮かべてください。私の近所にも高齢出産のかたおられます。子供さんは男の子で今年中学入学くらいだとおもいます。で、お母さんは一見おばあちゃんに見えます。でも子供さんといつも一緒でとても仲良くされていますよ。親にそういうハンディがあれば子供は逆に親を助けようと素直に育つんじゃないかな・・・私も母が35くらいの子です。でも参観日が嫌なんて思ったことありません。母も友達の親と関わる中10歳以上の年齢差がありますが、若い人と触れ合って逆に若返っていたように思います。いつも母は10歳若くみられましたよ。ただ質問者の方の体力に少しばかり不安を感じますので、だんな様とドクターと3人4脚で頑張ってください。私の家は経済的にも余裕無かったです。私が生まれる前はその日の食事も給料日払いにしてもらうほどでした。生んでからのことは意外になんとかなるもんです!!母が私にいつも言ってた言葉ですが『産んでしまえばなんとかなる!案ずるより生むがやすし!』
お礼コメント
noname#5149

 ありがとうございます。案ずるよりも何とやらは、いちばんシンプルですよね。私自身、見た目は-10歳ぐらいだし、そのへんはわりとノーテンキに構えています(笑)我が子に、「おばあちゃんみたいで、ママ、嫌い!」って言われてる自分を想像して、その時はこう言ってやろうなんて、ひとりでクスクス笑いしながら考えてしまうこともあります(バカですねー・笑)。体が弱くてすぐ寝込んじゃったりで、あれこれ思いつめてしまうんで、そういう時、tenshinさんみたいに「何とかなるよ!」的、シンプルな叱咤激励してくれる人が必要なんでしょうね。なんだか元気でます。
投稿日時 - 2002-04-09 17:29:39
  • 回答No.1

「40代だから」というだけでは諦める理由にならないと思いますよ。 ただ、普通の年齢で産むのと違い、相当な覚悟と自己管理は必要でしょうけれど・・・ なんて、偉そうなこと言ってしまいましたが、私は二十歳でできちゃった結婚したやつです。(苦笑) 若ければ若いなりに、授業参観や幼稚園・学校等の親が参加しなくちゃいけない行事で肩身の狭い思いをしましたよ。 「若い」というだけで「ヤンママ」なんて言われる事 ...続きを読む
「40代だから」というだけでは諦める理由にならないと思いますよ。
ただ、普通の年齢で産むのと違い、相当な覚悟と自己管理は必要でしょうけれど・・・

なんて、偉そうなこと言ってしまいましたが、私は二十歳でできちゃった結婚したやつです。(苦笑)
若ければ若いなりに、授業参観や幼稚園・学校等の親が参加しなくちゃいけない行事で肩身の狭い思いをしましたよ。
「若い」というだけで「ヤンママ」なんて言われる事はしょっちゅうでした。
「若い」というだけでPTAなどの集まりで発言しても、全く聞き入れてもらえなかったり、、、挙げたらキリがないです。

みんながみんな同じ人生なんて歩む必要ないと思います。
あなたがTVを見て泣くほど子供が欲しいと思うのならば、今が産む時なんじゃないでしょうか?
私の子供の同級生の親に、私より20歳年上のママがいますが、がんばっていますよ!
その人が言っていたんですが、年を取って(失礼な言い方ですみません。他に言い方が思い浮かばなかったので・・・)本当に欲しいと思って授かった子だけに、普通の人よりずっと自分の子がかわいいと思えるようですね。
虐待なんかがニュースにしょっちゅう出るこのご時世で、子供をそんな風にかわいがれる、、、幸せなことだと思います。

ただ1つ心配なのは、「生まれつき体質が弱い」と書いている点です。
何かご病気でもお持ちなんでしょうか。。。
自分の頭のなかでクヨクヨ考えているよりも、病院に行って聞いてみたらいかがでしょうか。

普通よりも若かったり、逆に年上だったりするとどうしても目立ってしまうのは仕方ないことです。
分けも分からないで若くして子供を産んでしまった立場から見ると、年上のママはいつも落ち着いていて頼りがいがあるように見えますよ。
それに、ついこの前子どもの春物の服を出していて思ったのですが、若くして子供を産む(だんなも若い)=収入が少ないってことで、安くてボロボロの服しかないんです。(涙)
公園なんかで会う年上のママの連れてるお子さんは、全員とは言いませんが大抵いいものを着せていて羨ましいなぁと正直思ったりもします。

年齢だけで女しか経験できない出産を諦めてしまうのは悲しいことだと思います。
必要なのは、あなたの体が出産に耐えられるか、またそのための努力を精一杯できるかどうか、ではないでしょうか・・・
お礼コメント
noname#5149

早速のご返答をありがとうございます。とても励まされています。
 astro_moonさんの文からは、自信を持った御自身の生き方の揺るぎなさを感じることができたからです。今は40歳を前に、この問題で自分の人生が立ち止まっている気がしています。そして、同じ場所で不安定に揺れている…。子供を持つ、持たない、どちらにせよ、自分にGoサインを出したい。そんな思いでいっぱいです。astro_moonさんのアドバイスをしっかり受け止めています。
投稿日時 - 2002-04-09 17:25:36
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 17% (14/78)

おはようございます。 私はがんばってもらいたいです!! 高齢で・・・リスクもあるとききますが、それなりに大きな病院で万全の体制でのぞんでみてはいかがでしょうか?? 私は以前幼稚園で働いていましたが、40代で出産されたお母様もいましたよ!! 経済的にも、せめて成人するまでのことを・・きちんとかんがえてあげれば。。。 授業参観だの・・・なんて、きにすることないですよ!! あまり参考 ...続きを読む
おはようございます。
私はがんばってもらいたいです!!

高齢で・・・リスクもあるとききますが、それなりに大きな病院で万全の体制でのぞんでみてはいかがでしょうか??

私は以前幼稚園で働いていましたが、40代で出産されたお母様もいましたよ!!

経済的にも、せめて成人するまでのことを・・きちんとかんがえてあげれば。。。
授業参観だの・・・なんて、きにすることないですよ!!

あまり参考にはなりませんが・・・産みたいって気持ち、大事にしてもらいたいので♪

がんばってくださいね!!!!
お礼コメント
noname#5149

 アドバイスありがとうございます。
>あまり参考にはなりませんが・・・
 とんでもありません。とても勇気付けられています。
>産みたいって気持ち、大事にしてもらいたいので♪
 はい。この気持ちは私自身も本当に大事にしていきたいです。もうあまり年齢的…というか、身体的に猶予はないと思いますが、この気持ちだけは最後まで大切にしようと、usagi2002さんのお言葉で、ますます思っているところです。
投稿日時 - 2002-04-09 17:27:17
  • 回答No.7

医学的なさまざまなデータは、高齢者に出産をさせたくないためではなく、高齢であることを認識して健康管理に万全を期し(コレは年齢関係ないですが・・)安全な出産を『求める』ものです。 一部の友人の言うことというのはどの年齢/立場にもある 『若ければ社会経験も無いような・・』でしょうし 『共稼ぎならお母さんの温かみが・・』でしょうし ひとつのエピソードに過ぎないでしょう。それにどれほどの価値と信頼性がある ...続きを読む
医学的なさまざまなデータは、高齢者に出産をさせたくないためではなく、高齢であることを認識して健康管理に万全を期し(コレは年齢関係ないですが・・)安全な出産を『求める』ものです。
一部の友人の言うことというのはどの年齢/立場にもある
『若ければ社会経験も無いような・・』でしょうし
『共稼ぎならお母さんの温かみが・・』でしょうし
ひとつのエピソードに過ぎないでしょう。それにどれほどの価値と信頼性があるかはわかりません。ただ人の気持ちがわからない人の言葉はえてして信用できるものではないですね。母親が母親であること以上に必要なものなんて無いですよ。

以前の成就できなかった出産経験を次に生まれる子供さんにどんな形であってもかける事への是非は感じますが、産みたいときが産みどき?でして、ご自身の気持ちを大切にされるべきです。あきらめる必要などありませんよ。
お礼コメント
noname#5149

 ご回答ありがとうございます。
 今、shu_sさんのとても冷静で的確なお言葉に、大変、感じ入っております。心が熱くなる思いです。
 ついぞ、小さなエピソードにとらわれ、情報に一喜一憂し、統計やマニュアルに信頼性を見い出そうとしてしまいがちの日常でした。
 私などでも、母親になれるかもしれない、あるいは、なっていいのかもしれない、諦める理由なんて何もない、と、今は思えてきています。そして、自分の内にある、「産みたい」「子供を持ちたい」という気持ちを、もっともと大切にしてもいいんだという自信が、今まで以上に湧いてくるのを感じています。
投稿日時 - 2002-04-09 18:44:56
  • 回答No.8
レベル10

ベストアンサー率 15% (9/58)

はじめまして。 kaioyshakmonさんの悩みや皆さんの意見を読んで 書き込みしたくなりました。 私も母が36の時の子です。確かに私が小さい頃は 子育てで疲れていたせいか、実年齢以上に見られていたときもありましたが、私自身「どうしてうちのおかあさんは 若くないのだろう・・」なんて思ったことはありません。 そんな母も、私や私の友達と遊ぶにつれ年々若くなって いきました。実年齢を言うと皆 ...続きを読む
はじめまして。

kaioyshakmonさんの悩みや皆さんの意見を読んで
書き込みしたくなりました。
私も母が36の時の子です。確かに私が小さい頃は
子育てで疲れていたせいか、実年齢以上に見られていたときもありましたが、私自身「どうしてうちのおかあさんは
若くないのだろう・・」なんて思ったことはありません。
そんな母も、私や私の友達と遊ぶにつれ年々若くなって
いきました。実年齢を言うと皆驚くほどでした。
服だってたくさん兼用していましたよ。

だから「子供がかわいそう」うんぬんで、
余計な事で悩まないで下さい。
私は母の事が大好きでした。
ただ一つ気をつけて欲しい事は、自分の体です。
私も人に偉そうに言えませんが・・
うちの母もそうでしたが、高齢出産+母子家庭だったので
かなり無理をしたと思います。
「子供一番」で自分の事は2の次・3の次になっていたのでしょう。私が25歳の時あっけなく旅立ちました。
今私は3歳の子の母ですが、結婚した事すら知らずに
旅立ってしまったので、私も寂しいやら悔しいやら
母自身もきっとそうでしょう。

kaioyshakmonさんも、出産後自分の体に十分気をつけていただきたいです。
それは、どの母親にも共通して言える事では
ないでしょうか?
是非産んでください。ほんとに、子供産むと大変な事ばかりですが、子供の笑顔一つで乗り切れます。
お礼コメント
noname#5149

 ikutoさんのお母様の貴重なお話をありがとうございます。
 私が、現在もこれからも克服すべき事柄は、自身の体のことに尽きるのかもしれません。
 健康であれば、たいていの事は乗り切れるような気がしてきました。私自身も、産むからには、いつまでも長く健康で、子供の成長を見守りたいです。ikutoさんのお話を読んでいて、体の問題をクリアすることが一番だということが、くっきりとした輪郭を持って見えてきた気がします。
 子供の笑顔… 私も、その力を実感として感じてみたい思いでいっぱいです。
投稿日時 - 2002-04-09 18:52:15
  • 回答No.13
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

9の回答にある、遺伝的な問題については、年齢には関係ありません。 伴性遺伝で有名なのは、色盲や血友病がありますが、親の出産年齢でどうなるものではありません。伴性遺伝でないものについては、男女の区別はありません。純粋に確率の問題ですね。 (まあ、「女の子を産む」といって生まれるものではありませんが) 一昨年の正月に、某新聞で50代の出産(初の)についての記事がありました。さいきんは、技術的な進歩の ...続きを読む
9の回答にある、遺伝的な問題については、年齢には関係ありません。
伴性遺伝で有名なのは、色盲や血友病がありますが、親の出産年齢でどうなるものではありません。伴性遺伝でないものについては、男女の区別はありません。純粋に確率の問題ですね。
(まあ、「女の子を産む」といって生まれるものではありませんが)

一昨年の正月に、某新聞で50代の出産(初の)についての記事がありました。さいきんは、技術的な進歩のおかげで、そういう人も増えているそうです。
これにたいして、賛否意見はありましたが、50代の論議より40代なら、問題は少ないでしょう。

平均寿命ものびていますし、ある統計では、出産年齢が高い人のほうが、子宮ガンになりにくい(使っている器官は防御力が高いからかな?)そうです。

子供が10歳でも、若々しい50代でいられるよう、気持ちも若くもっていられたらいいですね。うちの妻も、同級生の母親と20歳ちがったりするけれど、息子はそれで「かわいそう」な状態ではありませんよ。年は違っていても、一緒にカラオケにいったりしています。(ただ、「西城秀樹」が、若いお母ちゃんには「昔」の歌なのに、「その世代」には「ヒデキ」なんですね。まあ、ギャップも楽しんでいればいい。)
お礼コメント
noname#5149

 アドバイスありがとうございます。nozomi500さんの奥様は、息子さんの同級生のお母様と年齢の開きがあっても、奥様も息子さんも、なんら問題なく、周りの皆さんとも素晴らしい関係でいらっしゃるのですね。いつのまにか自然になっていることが一番なんだと、nozomi500さんが示唆してくださっているように感じています。遺伝的なことは、あるがままを受け止められる強い心身を持つよう、前進的な努力したいと、強く思っています。がんばってみたいです。ジェネレィション・ギャップは、ちょっとした楽しみかも、です(笑)
投稿日時 - 2002-04-12 01:05:40
  • 回答No.14
レベル12

ベストアンサー率 22% (116/506)

No.13のかたは楽観しすぎてます 精子は絶えず作られ常に若いし競争するので人工授精でない限り問題を起こしにくいのですが 卵子は年齢と共に老化するので年齢が高ければかなり傷んでいるのです 男の子の場合性染色体がxyですが yは付加機能で xは基本機能なので yは壊れていても男性の機能の一部が欠損するだけであまり問題ないのですが xは人間の基本機能なので傷んでいると支障が起こる可能性が高い ...続きを読む
No.13のかたは楽観しすぎてます

精子は絶えず作られ常に若いし競争するので人工授精でない限り問題を起こしにくいのですが
卵子は年齢と共に老化するので年齢が高ければかなり傷んでいるのです
男の子の場合性染色体がxyですが
yは付加機能で
xは基本機能なので
yは壊れていても男性の機能の一部が欠損するだけであまり問題ないのですが
xは人間の基本機能なので傷んでいると支障が起こる可能性が高いのです
しかしyは精子から来るので傷んでいる可能性が低く
xは卵子から来るので老化卵子の場合傷んでいる可能性が高いのです
(逆だったらハッピーだったのに残念ですね)
例え支障がないように見えても欠損遺伝子を保持している可能性が高いのですから能力的に劣っている可能性があります
本来ならもっと肉体的知的に優れていたのに高齢で産んだためにその能力を得られなかったとしたらもったいないですね
それに対して女の子の場合xxだから卵子が傷んでいても精子からほぼ欠損のないxが供給されますから問題になりにくい
実際高齢出産の場合男の子は流産しやすいし障害児になりやすいでしょう
皇太子妃が女の子を産んだのは幸いでした
皇太子妃の先の流産は男の子だったのかも知れません

精子のように卵子も絶えず作られていたら問題ないのですが残念ながら卵子は母親が生まれるときにまとめて500個ほど作られて年齢と共に老化するのです
ちなみにこのため例え妊娠中でなくても
子供を産む予定の女性はたばこ・麻薬・放射能・医薬はできるだけ避けるようにしなければなりません
お礼コメント
noname#5149

 再度のアドバイスをありがとうございます。遺伝子については、基礎学は学んできたのですが、何せずいぶん昔(笑)なので…。nubouさんのご指摘を機に、改めて勉強してみます。
>本来ならもっと肉体的知的に優れていたのに高齢で産んだためにその能力を得られなかったとしたらもったいないですね
 このご意見には、ちょっとした驚きでした。「本来なら…」「もったいない」。そうか、そういう考え方もあるのか・・と。
 だとすれば、「高齢で産んだためにその能力を(産まれてくる子供が)得られなかった」なら、その責任は、親にありますよね。そんなことも一考に入れなくては、と思いました。
 ただ、母性とは、統計学的一連をも越えてしまう、何か得体のしれない力を内包した、凄みあるものではないか…と、今から思うのは、勇み足でしょうか…(苦笑)。ご助言ありがとうございます。
投稿日時 - 2002-04-12 01:29:40
14件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ