OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

「PHR」という単位について

  • 困ってます
  • 質問No.247516
  • 閲覧数6136
  • ありがとう数34
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 84% (72/85)

 樹脂の配合などにおいて添加剤の添加量を示すのに「PHR」や「phr」という単位を見かけるのですが、正式にはどういう意味なんでしょうか?

 自分としては「%」のつもりで解釈しているのですが、少し不安になってます。

 何かの略称とは思うのですが、それも判別がつきません。

 よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 53% (1514/2852)

日本語で「重量部」と言います。
樹脂の場合は P= per、H= hundred 、R = resin を表し、ゴムなら最後が R= rubber となります。

主の樹脂やゴムの重量を100として、その他配合、添加する物の重量を数字で表示します。
100分率の%と似ていますが、結果としてはその比率は違いますので、要注意です。

例えば、配合する物の合計が10であれば10÷110=約9%となりますが、仮に副樹脂を40として、
その他を代えなければ、10÷(100+40+10)=約6.6%となり、場合によっては、
大きく性質が変わる可能性があります。
お礼コメント
Seeking

お礼率 84% (72/85)

 遅くなり申し訳ありません。
 多分、マイナーな質問なので、回答が来るかどうか半信半疑だったのですが、とても詳しい説明をありがとうございます。大変参考になりました。
投稿日時 - 2002-04-07 22:32:45
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 57% (12/21)

樹脂については良くわかりませんが、ゴム業界ではよく使われている単位です。 ゴム業界では、『per hundred rubber』の略語として使われていて、 加硫前のゴムの重さを100としたときの、各配合剤の重さを表しています。 100分率とは少し異なりますので、ご注意を。 樹脂業界でも、同じような使い方をしていたと思いますが、定かでは有りません。 ...続きを読む
樹脂については良くわかりませんが、ゴム業界ではよく使われている単位です。
ゴム業界では、『per hundred rubber』の略語として使われていて、
加硫前のゴムの重さを100としたときの、各配合剤の重さを表しています。
100分率とは少し異なりますので、ご注意を。

樹脂業界でも、同じような使い方をしていたと思いますが、定かでは有りません。
お礼コメント
Seeking

お礼率 84% (72/85)

 遅くなり申し訳ありません。
 なるほど、100分率とは違うんですね。大変参考になりました。
投稿日時 - 2002-04-07 22:27:10


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

参考URLにありますが、 Parts per hundred parts by weight of RESIN, as opposed to total weight 全重量に対する樹脂の重さが占める割合を示したものです。 ...続きを読む
参考URLにありますが、
Parts per hundred parts by weight of RESIN, as opposed to total weight
全重量に対する樹脂の重さが占める割合を示したものです。
お礼コメント
Seeking

お礼率 84% (72/85)

 遅くなり申し訳ありません。
 ネットの検索や辞書で調べてもなかなか分からなかったので、アドレスは参考になりました。
投稿日時 - 2002-04-07 22:29:38
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ