• 締切済み
  • 暇なときにでも

SDS-PAGEのサンプルバッファーの濃度について

いつもは2×のサンプルバッファーを使用しているのですが、6×のサンプルバッファーを使用したいのですが、組成が分かりません。 どのように作ったらいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数13060
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.1

2xの組成は 0.1 M Tris-HCl (pH 6.8) 2% SDS 20 % glycerol 0.2 % BPB 0.2 M DTT (20%≒3 M 2-mercaptoetanolの処方もあり) です。 私の作り方は、 1 M Tris-HClのストック溶液を1 mL glycerolを2 mL SDS、BPBは粉末で加えて、蒸留水で8 mLにしたものをストック溶液として、使用直前に必要量に1 M DTTストック溶液を1/4 volume加えます(つまり10 mL中2 mL)。 Glycerol, 1 M 1 Tris-HClのストック溶液,1 M DTTストック溶液(またはmercaptoethnol)を使う限り、4xが限度です(それ以上はvolumeオーバーしてしまいます)。 濃いストック溶液、あるいはDTTなら粉末を使い、glycerolの代わりに粉末のsucroseを使えば、あるいは6x も可能かもしれませんが、4x以上は見たことないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • サンプルバッファー

    以前たんぱく質の実験をしたときに、SDS-PAGEを行う前にたんぱく質にサンプルバッファーを加えました。その後、サンプルバッファーで処理したたんぱく質を100℃で処理するのはなぜなのでしょうか?

  • SDS-PAGEの試薬調製について教えてください

    学生実験の準備で困っています。前任者からの引継ぎが曖昧で、担当の先生も常勤ではないために詳しいことが分かりません。 サンプルバッファーとして、 ナカライテスクの30567-12 Sample Buffer Solution without 2-ME(2x) for SDS-PAGE pH6.8 0.45um フィルター濾過済 組成:0.125M-Tris-HCl, 4(w/v)%-SDS, 20(v/v)%- グリセリン,0.01(w/v)%-BPB を使用したいと思います。 (1)これは、小分けにして-20℃(-80℃?)で保存することが可能でしょうか。可能な場合、一般的にどのくらいの期間もちますか? (2)加える還元剤はDTTなのですが、54mg/ml(終濃度350mM)というのは反応時という意味でしょうか? (3)前任者からもらった資料では「DTT18mgをサンプルバッファー1mLに加える」となっています。加熱操作時は、サンプル40ul:サンプルバッファー200ulで行なっていたようです。これで(2)はクリアしていますでしょうか? (4)BIO-RADのLaemmli サンプルバッファーと比べるとTris-HClとSDSの濃度が2倍(濃い)と思うのですが、希釈する必要があるのでしょうか? 色々質問してすみません。 教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

  • SDSのサンプルバッファー処理のタイミング

    今、卵子の透明帯をSDSPAGEしようと考えています。 サンプルバッファーに試料を入れて、熱を加えた後に冷やしてサンプルインするのはわかるのですが、どの段階でストックしておくのが望ましいのでしょう? 熱を加える前に冷凍保存した方が良いのでしょうか?また熱を加えた後に、サンプルインまで凍結保存しておくのは平気でしょうか? よろしければご教授していただければと思います。

  • SDSサンプルバッファーを使ってのタンパクサンプルの作成

    ミオシンタンパクを抽出して、タンパク濃度を測定し、SDSサンプルバッファーで希釈する時のその方法ですが、ウェルに10マイクログラムのタンパクが入るように計算して、それぞれのサンプルにあった希釈度を決定してサンプルバッファーを入れて作る方法と、(SDSの濃度が各サンプルごとで変わるからダメかな?)ある一定の希釈に決めて、ウェルに投入するときに10マイクログラムになるように、投入量を5マイクロリットルとか8マイクロとかにするのとどちらの方がいいとか、決まった方法はあるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • blue-native PAGE

    blue-native PAGE blue-native PAGEに関して質問です。 現在、blue-native PAGEを用いてあるタンパク質を泳動しているのですが、 バンドがシャープにならずに、縦に広がったり、波打つような形になってしまい、 非常にいぴつなバンド?になってしまいます。 バンドをシャープにするためにはどうすればいいでしょうか? 以下に、バッファー組成等を書いておきます。 サンプルバッファー、泳動バッファーはインビトロジェンのサイトにあるのを使ってます。 http://www.invitrogen.jp/electro/BN-PAGE.pdf#search='bluenative%20PAGE' サンプルバッファーには1×のときの濃度が5%になるようにグリセロールを使用しています。 ゲル組成はnature protocols 2006 Blue native PAGE に記載されているのを使用しています。 ただし、グラジエントではなく、濃縮ゲル4%, 分離ゲル13%を使用しています。 泳動が3分の1程進んだら、cathode bufferのCBB濃度を0.002%にしたbufferに交換しています。 サンプル調整は、サンプルバッファーを加えて95℃,3分ボイルしています。

  • 電気泳動前のサンプル処理での加熱について

    サンプルバッファーに2-MEを加えて還元条件で泳動するときは加熱しますが、 非還元化で泳動を行いたい場合、サンプルバッファーを加えて加熱する必要はあるのでしょうか?私の考えではSDSによる変性を促進させるために必要なのではという考えがありますが、いかがでしょうか?よろしくおねがいします。

  • アガロースによるタンパク質泳動

    いつもお世話になっています。 連続して質問させて頂いて申し訳ありませんが教えてください。 アガロースでタンパク質を泳動すると、より高分子の分離がいいと聞いたのですが その場合のゲル組成、バッファー組成、またサンプルバッファーの組成を教えていただきたいのですが・・・ または、参考になる書籍等でも良いですのでご教授願います。

  • SDS PAGEで使うサンプルの調整試薬について

    SDS PAGEをするまえにサンプルを処理するバッファーについて質問です。トリス緩衝生理食塩水(Tris-Buffered Saline)を作りたいのですが、組成は10mM Tris(MW=121,14)、100mM NaCl(58,44)。100ml作るには、Tris 1mmol×121,14=121,14mg、NaCl 10mmol×58,44=584,4mg を量って、溶媒(水)に溶かして全量100mlにすればいいのでしょうか?それとも、10mM Tris1L,100mM NaCl 1Lをそれぞれ作って50mlずつ混ぜ合わせて作るのでしょうか?どちらが正しいのか、もしくは別の方法があるのか教えてください。よろしくお願いします。

  • サンプルバッファーで溶解したタンパク質の濃度測定

    タンパク質を1×サンプルバッファーで溶解したものを、濃度測定(ブラッドフォード法)することは可能でしょうか? 着色していないサンプルバッファーで溶解したものなら測定できるかな・・・?と思ったのですが。

  • sds-pageのサンプル量について

    カマキリの脳(エタノール固定) されたものをsds-pageをして大丈夫でしょうか またサンプル量はいかほど必要なのでしょうか 全くわからない初心者なのでどうぞご指導よろしくお願いします。