OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

レコードマーケティング

  • すぐに回答を!
  • 質問No.240284
  • 閲覧数73
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

どうすればCDなどの市場全体を活性化させることができるのでしょうか?どんなことでもいいんで、わかる方教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 59% (72/121)

 CDの販売など音楽市場の問題は大きく3点です。
 第一点は、「都市型の外資系販売店」と「地方郊外の大型店」の進出です。
 外資系の販売店は安く大量に商品を供給します。つまり、売れるものだけを扱うと言う商売をしてきました。最近は新人発掘などにも力をおいていてきましたが、それを真似した、同様の大形販売店がスーパーマーケットやディスカウント・ショップのように地方の郊外にできてきました。
 こうした都市型の外資系や地方の大型店の進出で、国内の小さな既存販売店の多くは廃業に追い込まれました。
 第二点は、「レコード・メーカーの巨大化」です。以前ですと、新譜などの情報は、レコード・メーカーが全国の小売店に販売員を送り、「来月は、これが売れますよ」とアドバイスをしたり、また小売店からメーカーの販売員に対して「こんなのを作って下さい」などと、顧客とメーカーとの間を仲介していました。
 しかし、現在の新譜の販売促進は、マスメディアでしか行いません。したがって、10万枚以上売れるCDは、宣伝をしますが、そうでないCDは無視されます。
 当然、顧客はメジャー・アーティストの情報しか入手できず、小売店でもそうした人気CDしか仕入れをしません。悪循環に陥ってしまいます。
 第三点は、アーティスト(プロダクション)の問題です。前述のような市場ですから、アーティストも売れ線を狙ってCDを制作します。当然、似たようなアーティストとCDが大量に生産されます。
 以上のように、小売店の弱肉強食による淘汰、レコードメーカーの一発狙い、アーティストの画一化、などが問題です。
 そこで、活性化案です。
 すでに、多くのインディーズ・メーカー、インデスペンデント・メーカーが産声をあげて、才能のあるアーティストを発掘し、売り出しをしています。
 また、最近では、谷村新司などをはじめとしたメジャー・アーティストたちが、インディーズ・レーベルやインディペンデント・レーベルで新譜をリリースしています。
 また、こうしたインディーズ・レーベルやインディペンデント・レーベルは、ライブ・コンサートなど、顧客とアーティストとの関係を大切にしています。
 こうした動向を支えているのが、インターネットです。したがって、今後、望まれることは、インターネットでの情報を小売店が活用することです。
 以前全国には、4500店鋪も小売店がありました。街角のレコード屋さんです。それが現在では、2500店鋪ぐらいまで激減しています。その中でも、ちゃんと活躍している店鋪は、1500店鋪ぐらいでしょう。
 今後の課題は、こうした小売店の活性化にあることは言うまでもありません。また、地方から若いアーティストが育って、ファンができ、火がつき、メジャーになってゆく、といったパイプを太く、強くしなくてはいけないでしょう。
お礼コメント
bomb1594

お礼率 100% (2/2)

非常に詳しく、わかりやすい内容で助かりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-24 20:23:14
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ