OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

郵便料金の消費税課税時期は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.230292
  • 閲覧数3918
  • ありがとう数7
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 41% (105/251)

郵便料金を郵便局の窓口で現金で支払いをする時は料金に内税として消費税が課税されていますが、切手を貼って郵便を出す時はいつの時期に課税処理すればいいのでしょうか?それとも、課税処理はしないものなのでしょうか?
切手は非課税ですので、購入の時に消費税は課税されません。同じ役務の提供を受けながら一方は非課税で一方は課税ではおかしいと思います。
通常はどのような処理をされているのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 37% (368/973)

#1のお礼に書かれている
>使った時とは切手を貼った時と理解すればよいのでしょうか?

おおよそそういうことですが厳密には切手を貼ってポストに投函したとき、ということになると思います。

#1に補足します。厳密な仕訳処理は
(1)80円切手を購入したとき
切手(資産)80/現金預金80

というふうに切手を資産計上し、(このときの切手購入は非課税仕入です)

(2)80円切手を貼って封筒をポストに投函したとき
通信費(費用)80/切手(資産)80

このときの通信費が課税仕入(通信費80円は税込み金額)です。

税抜経理の場合は
通信費77 /切手80
仮払消費税3/

となります。

しかしこのような処理は煩雑なので#1で書いたように継続的適用が条件(だったと思います)で

(1)80円切手を買ったとき
通信費(費用)80/現金預金80
(通信費80円は課税仕入れで税込み金額)
または
通信費77 /現金預金80
仮払消費税3/

という処理をしてもよいということです。

さらに補足で切手と同じようなもので、テレホンカードとかハイウェイカードなど(消費税法では「物品切手」といいます)も同じような扱いができますが、こういったものは贈答用にする(自分で使わないで他者に譲る)場合もあるのでそういったときは買ったときに課税仕入処理できませんので注意が必要です。あくまでも自分で買って自分で使う場合に上記の例外的処理ができます。
お礼コメント
table_1969

お礼率 41% (105/251)

本当にありがとうございます。
現在の処理は80円切手を買った時に、
通信費80/現金80
で処理をしてきておりますので、来年度以降は下の処理に切り替えたいと思います。
投稿日時 - 2002-03-07 17:41:59
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 37% (368/973)

郵便切手は原則は購入した時点では消費税は非課税で、それを使ったときに消費税が課税となりますが、例外的に、継続的に購入時に課税仕入処理していればそれでも認められます。 ...続きを読む
郵便切手は原則は購入した時点では消費税は非課税で、それを使ったときに消費税が課税となりますが、例外的に、継続的に購入時に課税仕入処理していればそれでも認められます。
お礼コメント
table_1969

お礼率 41% (105/251)

お返事ありがとうございます。
>それを使ったときに消費税が課税
使った時とは切手を貼った時と理解すればよいのでしょうか?
投稿日時 - 2002-03-06 21:12:11


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 39% (75/192)

切手が非課税になるのは、有価証券として購入する場合であって、郵送の対価として購入する場合は課税仕入れになります。 従って課税事業者が切手を贈答とか財テク・趣味などに購入するときは非課税仕入になりますが、封書やハガキに張る場合は課税仕入れという扱いです。これが普通の処理です。 ...続きを読む
切手が非課税になるのは、有価証券として購入する場合であって、郵送の対価として購入する場合は課税仕入れになります。
従って課税事業者が切手を贈答とか財テク・趣味などに購入するときは非課税仕入になりますが、封書やハガキに張る場合は課税仕入れという扱いです。これが普通の処理です。
お礼コメント
table_1969

お礼率 41% (105/251)

お返事ありがとうございます。
>切手が非課税になるのは、有価証券として購入する場合で・・・
個人的見解ですか?
投稿日時 - 2002-03-06 21:10:00
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

「切手」自体は商品でなく、「配達サービス」が商品です。 本来、郵便局で配達を依頼するときに料金を支払いする代わりに、プリペイドした「証拠」として切手を貼ります。一部の集配局では、自動料金計算装置のはかり部分に郵便物を載せると、自動的に料金計算され、所定の料金を投入すると切手の代わりに領収書シールみたいなのが打ち出しされ、それを貼って出せば切手と同じに扱われます。 同じことが、ハイウェイカードや電車 ...続きを読む
「切手」自体は商品でなく、「配達サービス」が商品です。
本来、郵便局で配達を依頼するときに料金を支払いする代わりに、プリペイドした「証拠」として切手を貼ります。一部の集配局では、自動料金計算装置のはかり部分に郵便物を載せると、自動的に料金計算され、所定の料金を投入すると切手の代わりに領収書シールみたいなのが打ち出しされ、それを貼って出せば切手と同じに扱われます。

同じことが、ハイウェイカードや電車のカード(JR西のJスルーや、関西私鉄のスルッとKANSAIなど)でもいえます。
カード自体は「有価証券」=「金券」であって「現金」と同じですから「消費税」はかかりません。
実際に使用するときに、消費税をふくめた金額が引き落とされます。

したがって、「金券ショップ」で売り買いする場合は、課税されるはずです。
お礼コメント
table_1969

お礼率 41% (105/251)

お返事ありがとうございます。
今回の質問の主旨としては、課税処理をするタイミングを知りたかったんです。
>「金券ショップ」で売り買いする場合は、課税されるはずです。
まさにその通りです。
投稿日時 - 2002-03-07 17:38:05
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ