OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

質量分析計に用いられるsheathless interfaceという言葉について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.229327
  • 閲覧数171
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 17% (3/17)

この言葉の意味がいまいちよくわからない。辞書などを調べてもぜんぜん出てこないので、知っている人は今すぐ教えて下さい。お願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

・量分析計にも色んなタイプのものがありますが,御質問の「sheathless interfaceという言葉」はどんなタイプの質量分析計についてですか? ・その言葉はどういった内容の文章で出てきますか? 以上について補足下さい。  なお,ある種の LC-MS では「シースガス」と呼ばれるガスを使用します。お書きのものは,このガスを使用しないタイプの LC-MS ではありませんか? ...続きを読む
・量分析計にも色んなタイプのものがありますが,御質問の「sheathless interfaceという言葉」はどんなタイプの質量分析計についてですか?

・その言葉はどういった内容の文章で出てきますか?

以上について補足下さい。

 なお,ある種の LC-MS では「シースガス」と呼ばれるガスを使用します。お書きのものは,このガスを使用しないタイプの LC-MS ではありませんか?
補足コメント
proteome

お礼率 17% (3/17)

Electrophoresis 2001,22,2709-2716に出ていたCE-MSに関する文献です。その中にRecentry,this strategy was employed and sensitivity in the picomolar range combined with an on-capillary preconcentrating CE coupled to MS using a sheathless interface.とありました。CEとMSのつなぎめなのかなと思いますが、実感が伴ないません。ご助力お願いします。
投稿日時 - 2002-03-05 09:41:36
  • 回答No.2

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか? この中の文献に当たれれては如何でしょうか? ◎http://www.abrf.org/ABRFNews/1996/December1996/CEMS.html (Interfacing Capillary Electrophoresis and Mass Spectrometry) 少し説明があるようです? ...続きを読む
以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中の文献に当たれれては如何でしょうか?

http://www.abrf.org/ABRFNews/1996/December1996/CEMS.html
(Interfacing Capillary Electrophoresis and Mass Spectrometry)
少し説明があるようです?

さらにMS一般に関しては、以下のサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=176120

これ以外にも専門家rei00さんが紹介している成書が参考になります。

ご参考まで。

専門家のフォローお願いします。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

rei00 です。  補足拝見しましたが,CE-ES-MS の話ですね。私自身は使用した事はもちろん,装置を見た事もありませんので,参考になりそうな成書だけ紹介しておきます。 「有機質量分析イオン化法」  土屋正彦・横山幸男 共訳,丸善,1999年  これの「大気圧化学イオン化」の所に「シースガス」の事が,「キャピラリー電気泳動」の所に「三軸シースフローインターフェイス」の図が出ていま ...続きを読む
rei00 です。

 補足拝見しましたが,CE-ES-MS の話ですね。私自身は使用した事はもちろん,装置を見た事もありませんので,参考になりそうな成書だけ紹介しておきます。

「有機質量分析イオン化法」
 土屋正彦・横山幸男 共訳,丸善,1999年

 これの「大気圧化学イオン化」の所に「シースガス」の事が,「キャピラリー電気泳動」の所に「三軸シースフローインターフェイス」の図が出ています。

 これらと MiJun さんお示しの参考 URL サイトの情報を合わせて考えると,雰囲気はお解りになるのではないかと思います。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 38% (116/304)

素人なりに考えてみました。 「sheath」は、「鞘(サヤ)」の事のようなので、SHEATH が LESS の INTERFACE、つまり「サヤ無し連結」ということでしょうか。 「シースレス」で検索すると、「血管にシースレスで挿入できるカテーテル」などがヒットします。 本来は、血管のような細い管にカテーテルのような柔らかいチューブを差し込むには、サヤが必要なのでしょう。 それをサヤが無くて ...続きを読む
素人なりに考えてみました。

「sheath」は、「鞘(サヤ)」の事のようなので、SHEATH が LESS の INTERFACE、つまり「サヤ無し連結」ということでしょうか。

「シースレス」で検索すると、「血管にシースレスで挿入できるカテーテル」などがヒットします。
本来は、血管のような細い管にカテーテルのような柔らかいチューブを差し込むには、サヤが必要なのでしょう。
それをサヤが無くても大丈夫にしました、という事でしょうか。

「シースレス」と「CE/MS」の両方が出てきたHPを参考URLに載せます。
(かなり下の方にその発表はあります)
元をたどると、「第19回 キャピラリー電気泳動シンポジウム」でした。
http://www.jade.dti.ne.jp/~shimurak/

CEもMSもよく分かりませんので、私もイメージがつかめませんが、#1の補足を見る限り、「サヤを使わないCEとMSのつなぎ方」に思えます。
  • 回答No.5
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

岡本、奥村.Chromatography,20,(1999)19-26 「オンラインCE-MS 現状と今後の展望」というレビューにわかりやすい説明があります。 クロマトグラフィー科学会のサイトから入って、オンライン(無料)で読めます。 ...続きを読む
岡本、奥村.Chromatography,20,(1999)19-26
「オンラインCE-MS 現状と今後の展望」というレビューにわかりやすい説明があります。
クロマトグラフィー科学会のサイトから入って、オンライン(無料)で読めます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ