OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ワードの文字の選択について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.228578
  • 閲覧数62
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 39% (127/321)

一太郎ではたぶんCtrlキーをおしながら文字や単語などを次々と複数選択できたと思うんですが,ワードではどうやったらよいのでしょうか。具体的に言うと文字を上付きにしたいのですが一文字ずつやっていると時間がかかってしまいます。お願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 60% (107/177)

一太郎でできる離れた箇所の複数選択(Ctrl+ドラッグ)は、
WORD2000まではできず、WORD2002から可能となりました。
操作方法は、一太郎と同じです。

もし、お使いのWORDが2000なら、残念ながら出来ません。
ただし、上付き文字にしようと思う文字がすべて同じ文字か、
または、現在同じ書式がかけられている(すべて太字になっている)なら
代替策として、書式の置換が利用できるかもしれません。

すべて同じ文字の場合は、

1)[編集]-[置換]を選択
2)「オプション」ボタンをクリック
3)検索する文字列に上付にしたい文字を入力
4)置換する文字列にも、2と同じ文字を入力
5)置換する文字列の欄にカーソルがあることを確認
6)[書式]ボタンをクリックし、[フォント]を選択
7)[上付き]をONにし、OKボタンをクリック
8)[すべて置換]をクリック

です。

もし、同じ文字でも文書内で上付にしたくない箇所がある場合は、
操作8で[置換]をクリックし、一つずつ確認しながら置換してください。

また、上付にしたい文字に現在他の文字とは異なる書式が設定されているなら、
(太字や斜体など)
検索する文字列や置換する文字列の欄に文字を入力しなくても
それぞれの入力欄にカーソルをおき、操作6,7を行えば
書式だけを置き換えることが可能です。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 25% (453/1783)

一太郎は知りませんがMS-WORDは基本的にタイプライターです。 文字の装飾も1行単位が原則です。 1行の中で何箇所も上付き文字にしたいのですか? それなら1文字づつするしかないでしょう。 そもそも、考え方が根本的に違っていませんか? 上付き文字自体が非常に特殊な使い方で、それがそんなにたくさんあるとは思えないのですが・・・ 数式でも書くならあり得ますけど、それなら数式エディタを使いますよ ...続きを読む
一太郎は知りませんがMS-WORDは基本的にタイプライターです。
文字の装飾も1行単位が原則です。
1行の中で何箇所も上付き文字にしたいのですか?
それなら1文字づつするしかないでしょう。

そもそも、考え方が根本的に違っていませんか?
上付き文字自体が非常に特殊な使い方で、それがそんなにたくさんあるとは思えないのですが・・・
数式でも書くならあり得ますけど、それなら数式エディタを使いますよね?
ルビを振るなら「ルビ」機能を使いますよね?

それ以外には上付き文字の用途が分かりませんが、1文字づつやってください。

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 51% (254/492)

こんにちは ・ダブルクリック ・トリプルクリック ・Ctrl+A ・マウスでドラッグ ・行の左でクリック など、いろいろ試してみてください。
こんにちは

・ダブルクリック
・トリプルクリック
・Ctrl+A
・マウスでドラッグ
・行の左でクリック

など、いろいろ試してみてください。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 40% (237/589)

最初の1文字だけ普通の操作(書式→フォントで「上付き」を指定)で行い、あとは文字を選択して F4 キー(Redo機能)を押すようにすれば、さほど面倒でもないと思いますが…
最初の1文字だけ普通の操作(書式→フォントで「上付き」を指定)で行い、あとは文字を選択して F4 キー(Redo機能)を押すようにすれば、さほど面倒でもないと思いますが…
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 33% (131/392)

上付き、下付きの文字なら、次のように最初から入力していった方が簡単です。 「Ctrl」+「Shift」+「+」 上付き 「Ctrl」+「Shift」+「-」 下付き もう一度押すと解除です。 お分かりと思いますが、上の記号の意味は 「Ctrl」と「Shift」を押しながら「+」を押すと上付きになります、そのままキー入力していくと、上付きのままですから、もう一度押して解除して下さい。
上付き、下付きの文字なら、次のように最初から入力していった方が簡単です。

「Ctrl」+「Shift」+「+」 上付き

「Ctrl」+「Shift」+「-」 下付き

もう一度押すと解除です。
お分かりと思いますが、上の記号の意味は
「Ctrl」と「Shift」を押しながら「+」を押すと上付きになります、そのままキー入力していくと、上付きのままですから、もう一度押して解除して下さい。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ