OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

せっけんの作り方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.226970
  • 閲覧数123
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (48/48)

素朴な疑問です。
せっけんは高級脂肪酸のナトリウム塩・・・ということは分かりますが、何故油脂をけん化して作るのでしょうか?
脂肪酸とアルカリとの中和反応ではダメなのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 脂肪酸とアルカリとの反応でも勿論、石鹸はできます。ただ、脂肪酸が天然に多く存在するかという問題です。おそらく、脂肪酸は油脂をケン化した後、酸で処理して作ると思います。従って、石鹸を作るのに、できた石鹸を酸で一度処理してから脂肪酸にして、もう一度石鹸にするのは全くナンセンスなことになりますのでダメというより無意味です。
お礼コメント
jaykay152

お礼率 100% (48/48)

早速の回答、ありがとうございます。疑問が晴れてスッキリしました。
投稿日時 - 2002-02-28 23:28:45
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

たしか.脂肪酸は.水添還元か酸分解で作ると記憶しています。 酸分解の場合には.平衡反応のためグリセリン除去が面倒くさい。 水添還元はC=Cが開いてしまうので.やりたくない。 けんかは.反応が早くて.分離が楽で.油脂の関係する化学反応ではもっとも楽な反応です。何にしても化学合成(分解などを含めて)では.楽に作れることが価格競争に勝つためには必要です。 ...続きを読む
たしか.脂肪酸は.水添還元か酸分解で作ると記憶しています。
酸分解の場合には.平衡反応のためグリセリン除去が面倒くさい。
水添還元はC=Cが開いてしまうので.やりたくない。
けんかは.反応が早くて.分離が楽で.油脂の関係する化学反応ではもっとも楽な反応です。何にしても化学合成(分解などを含めて)では.楽に作れることが価格競争に勝つためには必要です。
お礼コメント
jaykay152

お礼率 100% (48/48)

なるほど。それで教科書にもけん化反応が出ているんですね。勉強になります。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-01 12:10:34

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ