OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

自ら死を選ぶのはよくないことか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.211182
  • 閲覧数941
  • ありがとう数59
  • 気になる数2
  • 回答数30
  • コメント数0

まず最初に、私は自殺をしようと考えていませんからご安心ください。
一般に自殺は良くないことと考えられていますが、それはどのような理由からでしょうか?
「残された家族が悲しむ」・・「身寄りがなければよい」
「神の意志に逆らう行為」・・「人の意志は聞き入れないのか」
「その時は苦しくてもいつかはよいときが来る」・・「何を証拠にそのような未来が来ると判断できるのか」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生まれる時は自分の意志を反映できないのだから、死ぬときは自分の意志に従って行動してはなぜいけない?数多の動物がいるが、人間だけが自らの意志を持って命を絶つことができる、言い換えれば人型の動物と異なる点の一つに自殺という概念を持ちうるかどうかがあげられる。病気や希望の喪失などの理由はどうあれ、自殺というきわめて人間的な行動を、否定する理由は何でしょう。
オランダでは安楽死がすでに合法化されています。安楽死は肉体的苦痛からのがれる一つの方法ですが、これを押し進め経済困窮自死、願望達成自死、迷惑回避自死などを否定できるのでしょうか。(正常な精神状態において)
宗教論旨はぬきでお答えください。
通報する
  • 回答数30
  • 気になる2
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全30件)

  • 回答No.10
レベル9

ベストアンサー率 9% (8/87)

いいかわるいか、ということになれば、結局は価値観の問題ですので、宗教論旨とおなじことになると思います。誰に迷惑かけるのでなければ・・・。(生きている方が迷惑かけることもあるかもしれない・・・。) 現実逃避であり、「生きる権利の放棄」ですが、一般に「権利の放棄」でいうと、放棄している人って多いです。 ただ、こればっかりは、「やっぱり死んだのは間違いだったからやり直そう」というのがききませんから、 ...続きを読む
いいかわるいか、ということになれば、結局は価値観の問題ですので、宗教論旨とおなじことになると思います。誰に迷惑かけるのでなければ・・・。(生きている方が迷惑かけることもあるかもしれない・・・。)

現実逃避であり、「生きる権利の放棄」ですが、一般に「権利の放棄」でいうと、放棄している人って多いです。

ただ、こればっかりは、「やっぱり死んだのは間違いだったからやり直そう」というのがききませんから、しようとする人を止めるのは、生きている者としては当然でしょう。
お礼コメント
noname#4470

あっさりしたご回答ですが、一番明快な答えかも知れませんね。
投稿日時 - 2002-02-04 11:39:22
  • 回答No.9
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

    わたしは、この種類の質問には、原則一回しか回答しないことにしているのですが、「自殺」という、実存存在である人間が持つ究極的な「意志の自由の行使」の是非を、中世西欧の異端審問官のような詭弁的議論で否定しようという人がいるならば、そういう非道で反理性的な議論は肯定できないと明確に述べる必要があるでしょう。中世西欧の異端審問官の論理は、「魂を救うため」「肉体を苦しめ、滅ぼし、火で生きたまま焼いても」、 ...続きを読む
 
  わたしは、この種類の質問には、原則一回しか回答しないことにしているのですが、「自殺」という、実存存在である人間が持つ究極的な「意志の自由の行使」の是非を、中世西欧の異端審問官のような詭弁的議論で否定しようという人がいるならば、そういう非道で反理性的な議論は肯定できないと明確に述べる必要があるでしょう。中世西欧の異端審問官の論理は、「魂を救うため」「肉体を苦しめ、滅ぼし、火で生きたまま焼いても」、その人の「魂」には、「善を施しているのだ」という論理です。
 
  人間は社会的存在であり、社会共同体の網の目のなかで自己の存在があるものです。そのような人間が「自殺を意志する」ということの意味は、ただ、肉体の生命を放棄する、生を自分で終焉させるというだけではなく、実は、「内面の底までも社会的存在である自己」を、まさに否定するという意志決断の意味があるのです。こういうことを明瞭に自覚して自殺する人は、少ないかも知れませんが、例えば、中高年者の孤独自殺とか、失業者の自殺などの例が多いということは、これはまさに、「社会的関係にあるはずの自己の存在が、十全でなく、社会的存在として、死んだも同然である」と痛切に思えた時、まさに社会的存在であるが故に、社会的存在としての「生きる意義」が見出せない状態に耐えられなく、このまま「社会的存在死者」として生き続けるのは辛いので、辛いこの自己も消して、社会的存在死者たることの悲しみ・苦痛・悲痛・絶望から救われたいという思いがあることがあるのです。
 
  人間はその内面までも社会的存在であるが故、逆に「自己の社会的存在性を否定するため」の自殺があるのです。生きている限り社会的存在であることから逃れられない、生きている限り、いかに薄くなっても、様々な人との社会的関係から逃れられない……このため、それから逃れるために、まさに、どんな社会も他人も追ってこれない彼方……「死の彼方」へと逃れるという形の自殺意志があるのです。まさに社会的存在が人間であるが故、この場合の自殺は、「自己の誇り、自己の意識ある人間たる尊厳を守るための」自殺だとも言えるのです。(死んでしまえば「意識もなくなる」と言っても、その「社会的痛苦に耐え難い意識」を消すために自殺を選ぶのです)。
 
  「尊厳死」の「尊厳」とは何のことかと言えば、「社会的存在としての人間の尊厳」の謂いなのです。その「尊厳」を守るための「死」を認めると言うのは、人間は「社会的尊厳を守るため、時には死を選び」そして、その行為が称賛される場合もあるのです。例えば、ニューヨークの国際貿易センタービルの事件の時、大勢の警官や消防隊員がビルに決死で入って行き、殉職しました。いまにも倒壊するか、熱が回って危険になるビルに突入し、避難者誘導のため、高い階層に登るなど、「自殺行為」でしょう。少なくとも、生命の危険を大きくかけている行為です。単に職務としてでなく、積極的に、そうした人が大勢いたはずです。その時、彼らは「自殺行為」に敢えて向かったとも言えるのです。しかし、そうして殉職した人々を、誰も、非難などしません。むしろ、称賛しているはずです。そういうことをすると、9割以上危険なことが分かっていて、敢えて、遭難者を救いにでかけ、二次遭難で死んだ人にも、非難の声はありません。自己の社会的存在であることを実現するために死をも選んだ人を称賛する他方、自己の社会的存在の故に、その完成(社会的関係の完全な断絶も完成なのです)を求めて自殺する人が、何故非難されねばならないのか、ということです。
 
  人間は社会的存在であるが故に、自殺的行為をして、称賛される場合があるのです。ならば、社会的存在としての自己への絶望故に、社会的存在の網の目から脱しようと自殺する場合、前者は「社会に寄与するが」、「後者は社会に寄与しない」ので否定するという理屈は、おかしいものとなるでしょう。
 
  近代以前の社会は、「個人」は「社会の道具」としてあったのであり、道具が勝手に道具をやめるのはけしからぬという理屈があったのです。しかし、個人は、社会の道具でもなく、他人の道具でもなく、つまり、個人の実存は、それ自体が「目的」で、何かの手段ではないのです。実存である「目的としての自己」を完成させるに、自殺しかないというのは、哀しいことかも知れませんが、それを「社会の道具・手段である個人」が勝手に死ぬのは社会や他者ににとって迷惑だ・罪だというのは、恐るべき発想でしょう。
 
  そういう何気ない、当たり前だと思っている考えが、大勢の人の「社会的存在意味の喪失感」をもたらし、中高年者の自殺などを誘導していると言うのが事実でしょう。人間は社会的存在だから、社会の役に立つ人間が人間であって、そうでない人間は、死ねという訳にはいかないが、社会にとって不要なので、無視され、誰も訪ねることもなく、何も期待されず、この時、実存としての人は、まさに、「自己の最後の尊厳」のため、乞食のような姿で死ぬことは避けたいと思い、まだ、見苦しくない形で死ねる時に「自殺」して、自分を必要としなくなった社会から消えて、死ぬことで「社会のためになろう」という考えがもしあるなら、何という悲惨で恐ろしいことかということです。そして、このようなことが日常茶飯事にあるこの社会が、どういう社会なのか、そのような社会から「逃れて、絶対の自由を得たい」という人には、まさに、誰も追ってこない「死の向こう」に逃れるしかないでしょう。こういう「自殺」は、まさに自己の「尊厳」のための死で、それに対し、なお、社会的に無責任だとか言うのは、死者に鞭打つ行為とは、こういうものを言うのでしょう。
 
  そのようなことを考え、多くの人は自殺するのではないでしょう。しかし、本人の思考としての自覚は別に、このような状況に他ならない場合というのは、考える以上に多いのだとわたしは思います。
 
  自殺する人は、反社会的だ、などという考えが、そもそも自殺へと人を追いやるのだと言うことが分からないのだろうか、という思いです。
 
お礼コメント
noname#4470

社会的尊厳を維持するが為に「自分のプライド故に」自死をするのは無責任ではなく、これを反社会的だという考えが自死へ追いやる。ということになる。こうなりますか?反対に取ればプライドもかなぐり捨てて生に執着する方が無責任で反社会的だとなるのですか?
文章が難解で私の理解力のなさ故、間違えて解釈していたらごめんなさい。
 それから自殺と自殺的行為は明らかに別の行動です。前者は確実に死ぬことを目的としますが、後者は1/100でも生きる可能性があれば、生き抜く努力と意志があり生き抜くことを目的とします。
投稿日時 - 2002-02-04 11:36:42
  • 回答No.11
レベル11

ベストアンサー率 73% (196/268)

こんにちは。 養老孟司氏がかつて自殺のことを「脳が身体に死ねと命じる行為」と表現していたことがあります。脳化社会、つまり脳で考える「意識」「思考」が人格の全てとされて、身体感覚が忘れ去られてしまった近代ゆえの行為だ、という意味です。 近代はなんでも理性のもとにコントロールしようとしますよね。しかし、人間はコントロールできない自然としての生身の体を持っています。両者のバランスをいかにうまくとるか、と ...続きを読む
こんにちは。

養老孟司氏がかつて自殺のことを「脳が身体に死ねと命じる行為」と表現していたことがあります。脳化社会、つまり脳で考える「意識」「思考」が人格の全てとされて、身体感覚が忘れ去られてしまった近代ゆえの行為だ、という意味です。
近代はなんでも理性のもとにコントロールしようとしますよね。しかし、人間はコントロールできない自然としての生身の体を持っています。両者のバランスをいかにうまくとるか、というところが昔から人間形成の要諦でした。
年間3万人という自殺にもいろいろな事情があると思いますが、「自分の体は自分の所有物なのだからどうしようと自分の勝手」という論理で自殺が肯定されるのはあまり賛成できません。それはあくまで近代以降の論理であって、身体性を忘れた「脳の暴走」であることは否定できないからです。

starfloraさんへ。
自殺肯定の例証に「自殺的行為」を含めるのは明らかな混同ではないでしょうか。もうひとつ、仏陀が弟子の自殺を許したというのは史実というより、かなり眉唾な話とされています(私は一応専門家ですのでご容赦下さいね)。
お礼コメント
noname#4470

私も養老氏の本は読みました。自分の勝手で自死を選ぶ事は確かによくはないでしょう。私は電車への飛び込み現場を見たことがあります。その瞬間では無く、1分ほど時間が経過していましたが、血はほとんど出ておらず、線路の枕木の間に「脳」がごろんところがっていました。暖かい日差しの中、その脳が実に気持ち良さそうに日なたっぼこをしているような感じっだたのです。その時「この脳はこうなりたっかたのかな?」と実に奇妙な印象をうけました。人間を支配する脳と、それから切り離された脳。普段我々が人としてつきあっているのは、体という入れ物か、しわくちゃな固まりか、「脳の暴走」から思い出したことです。
投稿日時 - 2002-02-04 11:52:36
  • 回答No.12
レベル8

ベストアンサー率 7% (1/13)

去った者に代わって私が、皆の耳に届くように、大声で言います。 現代社会において、のうのうと、霧に包まれたようにぼんやりと暮らしている、より多くの人たちには、その苦しみはわかりません。非情な話だと思います。人の気持ちもわからないんです。そのような人たちのなんてかわいそうな事ですか?自分の実の傷の痛みも知らないからです。 何故死ぬ事を悪いとするのでしょうね。何故、生きることは正しく、死ぬ事は避けるべき ...続きを読む

去った者に代わって私が、皆の耳に届くように、大声で言います。
現代社会において、のうのうと、霧に包まれたようにぼんやりと暮らしている、より多くの人たちには、その苦しみはわかりません。非情な話だと思います。人の気持ちもわからないんです。そのような人たちのなんてかわいそうな事ですか?自分の実の傷の痛みも知らないからです。
何故死ぬ事を悪いとするのでしょうね。何故、生きることは正しく、死ぬ事は避けるべきものと考えるのでしょう。死ぬも生きるも、命なんだと皆わかっているのに、。
善いか悪いかを論ずるのは問題外です。「自殺する」。この行為があると言うこと、自殺という行為をそのまま見つめなければ、自殺は見えません。
わたしはそう思います。
私は、ジョンレノンのように、イエスなんて信じない、仏陀なんて信じない、ジンマーマンも信じない、ビートルズなんて、信じない。信じるのは、僕とヨーコだけ。
という姿勢に、涙します。
又、彼はいいます。頭の上には円碧な空があるだけ。天国などないんだ。
 
当たり前です。頭の上には空があり、空を越えると、深く輝く宇宙空間があります。天国は、指で指し示すようにあるのではありません。それぞれの、人の、中にあるんです。天国がないわけがない。イエスを信じなくても、仏陀を信じなくても、ヨーコと僕を信じなくても、天国は、実に、その存在の中にあります。上(天国)から来たという、上とは、中のことです。光とは、中のことです。影の中の、光を知るべきです。その光が、「隙間無く輝る光」といわれたことの・意・味・を、知るべきです。
ジョンは天国を知りませんでしたが、天国にいました。
天国にいない者は天国を求めるべきで、すでにいる者は、それを知るべきです。
それを知る事で、天国への門が広くなるからです。それを慈悲といいます。

自殺者とは、霧に包まれて生きる現代人60億人のことです。
つまり、より多くの皆は、すでに自殺しています。二度と死なないように気をつけるべきです。
 
イエスの行為は自殺行為ですか。日蓮の行為も自殺行為ですか。
それは、生きるための死です。命は命でのみ生きる。彼らの自殺が、かほど生きることなのか、。尊い行為とはこういう行為です。

ーーーーーーーー以上回答ーーーーーーーーーー以下余分ーーーーー
身近な話をします。
しかし、彼女は何かおかしいと感じ、ある日お姉さんの日記を見てしまいました。そこで初めて自分が白血病にかかっていることを知るのです。

 彼女は悩んだ末にこの深夜番組に相談してきたのであります。それから何回かこの番組に電話で出演しておりましたが、残念な事に、彼女は発病から一年後の十八歳の時に亡くなりました。
 その話の中で自分ので死期が近いことを知った彼女は、「もし自分が死んだら、このテープを番組に送って欲しい」と、死ぬ三日前に自分でテープにメッセージを録音して、親に託したそうです。彼女は、放送では滅多に苦しいとか悲しいとか言わず、いつも明るく振る舞っていました。

 しかし、テープの中で彼女は「死にたくない」と初めて自分の本心を切に訴えておりました。また 「今、自分の勝手で自殺する人がいます。その命を私にください。御願いします。」
それを聴いたとき、私は涙が止まらなく、やるせなさと、今まで自分が深く考えた事のなかった命とは、こんなに大切なものなのかと考え込んでしまいました。

 また、彼女の親から送られてきた、彼女の日記にはこのように書かれております。
 
 
  「私は老いていきたい。老いるという人生を歩んで行きたい。」
 

傲慢とはどういう姿勢でしょうか。
お礼コメント
noname#4470

上半分は抽象的で意味がつかめませんでした。
下半分は、代表的な前向きな明るく果敢に困難に立ち向かう、理想の人物のように見えます。アンネ・フランクを彷彿とさせますね。
みかたをかえるならば、すべての難病患者が彼女のように明るく前向きであれば、
このような話は普通にあることでクローズアップされることはないでしょう。
 つまりは難病であってさえ、彼女のように強く生きられる人間は数少ないということです。彼女の18という若さもこの話をイメージ強くします。
彼女の人生経験では老いの恐怖は理解できないでしょう
あるいは、若さ故の死の恐怖が生へ望みを強くした。生への恐怖が理解できなかったとも考えられます。

summer lunchさんの回答には、自殺を容認されない確固たる理由が出ていません。理想論や天国論は不必要です。

例えばあなたが、強い苦痛を伴い、全身を動かすこともできぬ難病にかかったとします。パイプやチューブで酸素と栄養剤を送られる日々がこれから何年も何年も、老衰で死ぬまで続く。難病認定で医療負担は少なくなるものの、月に数十万円医療費として必要だ。風呂場を改造するのに100万ほどかかった。家族は介護に疲れているのが痛いほどわかる。夜は数時間ごとに体位返還をしなくてはならない。
痰が絡むので吸引を頻繁にする必要がある。あなたに必ず誰か付き添う必要があるので、家族でローテーションを組み、必要であれば誰かが会社を辞めることになるかも知れない。最近、家族のあなたを見る目がちがってきたように思う・・・
オランダであれば尊厳死を認められるが、この国ではまだ認定されない。あなたは他人によって強制的にひたすら生かされるしか選択がない。このような条件でも生を望みますか?
 あるいは、これがあなたの愛する人であればどうでしょう?生のために生かす事が、その人の為なのでしょうか?苦痛にのたうち、失禁脱糞、血反吐を吐いてもがき苦しむ愛する人の姿を、みたいですか?
 
世の中、家族が助け合って暮らすのは理想ですが、離婚率を見ればそのような家族はきわめて少ないのが現状です。
投稿日時 - 2002-02-04 23:15:51
  • 回答No.14
レベル8

ベストアンサー率 7% (1/13)

>例えばあなたが、強い苦痛を伴い・・・・苦しむ愛する人の姿を、みたいですか?  何を他人事のように、事を言っているのですか? 他人事ではなく、その人自身においてあるということです。その存在自体にあるということです。お金の話や、苦労話では、自殺は見えません。 いいですか、私の見た自殺をあなたが見ることは出来ません。なぜなら、あなたはあなたの目で見、あなたの耳でしか聞けないからです。多くの皆は、自分の ...続きを読む
>例えばあなたが、強い苦痛を伴い・・・・苦しむ愛する人の姿を、みたいですか?
 何を他人事のように、事を言っているのですか?
他人事ではなく、その人自身においてあるということです。その存在自体にあるということです。お金の話や、苦労話では、自殺は見えません。
いいですか、私の見た自殺をあなたが見ることは出来ません。なぜなら、あなたはあなたの目で見、あなたの耳でしか聞けないからです。多くの皆は、自分の目で見、自分の耳で聞くということを出来ていません。無知とはそういうことです。霧がかかるとはそういうことです。
他人事を立て並べていてはいけない。外に求めず内に求めなさい。内とはあなた自身のことです。
 
>・・・前向きな明るく果敢に困難に立ち向かう、・・・・
彼女の姿勢のどこが前向きで明るいものなのかわかりかねます。生に執着するということの、どこが前向きなのか?生に望みする事の、ドコが前向きなのか?死に恐怖する事の、ドコが前向きなのか?老いの恐怖が解らない?それは、人の気持ちも知れないかわいそうな人のことです。
 
 
他人事はもういいんです。
傲慢とはどういう姿勢ですか?と、いうのは、自分をよそに、他人事を並べる事です。 
自分を助けれない者が、他人や家族、社会を助けれると思うのですか?自分の足で立てない人間が、どの様にして他のものが立つのを支えるのでしょう?
まず、自分の足で立ちなさい。自分の目で見、自分の耳で聞きなさい。

あと、私は、理想や、天国論を言っているのではなく、真を言っています。誤解のないようにというのは無理でしょうが、。善いか悪いかを言うのは場違いですね?
宗教や、理想や、天国論や、善悪諸々の観念はゴミ箱行きです。
そういう意味で、ジョンレノンの話を出したのです。他人事はゴミ箱に、。
 
お礼コメント
noname#4470

内とは私自身であるとともに、あなた自身でもある。そうなりますね。
では、あなたが自身が、(強い苦痛を伴い・・・・苦しむ)状態になったとき
あなた自身はどうなのですか?
私の内なる心は(オランダ国籍があれば楽なのに・・)です。
内と申されておりますが、ではあなた自身、彼女のこころがなぜ理解できたのか?
あなたは彼女ではなく、どれほど近しい中であっても他人ですよね。

女性のはなしですが、お書きになられた文章からは私が感じた事しか伝わってきません。おそらく私の読解力のなさのせいでしょう。

それから、私は社会を助けようとか他人を助けようとか大それたことは考えておりません。自分のできる範囲、自分の力の範疇は限界がありますから。
 ベッドにチューブでくっつけられた状態で、果たしてどれだけの人間が、他人を助けられるか、その反対のことが多いのではないですか?

 真というような基準のない表現よりも、誤解があっても良い悪いでお答えいただいたほうが、分かり易いです。場違いではありません。

いくつか反対のお答えが出ていますが、いずれも自分自身がベッドにチューブでくっつけられて生きる状態を想定した回答がありません。他人事ではなく、いつ自分に起こってもおかしくない話です。
 
今回の質問は「他人の自死をみとめるか」「自分の自死はどうか」と二つに区切って質問すれば良かったのしょう。私の頭の中では「他人の行為を認めないばあいは、自分の行為も認められない」という黄金律があるので、両者を一つとしていました。

もう一つ、私はこの質問とそれについての回答は反対賛成それぞれしっかりとした理由あっての意見を期待しております。説教を受けることは想定しておりません。
投稿日時 - 2002-02-05 10:22:06
  • 回答No.13

>切腹を例題とされたほうがわ 切腹なんてショーですよ、大体の人間は腹に刀を当てておくだけ.介添えが殺してくれるのを松のです。 本来は.みずから腹の中身を手で外に出し.自己の正当性を主張しつづけるのですが.このような人々の内容が伝わってきません。講談の内容等は.適当に面白おかしく演出されているので.自殺の心理状況についての話題には問題があるでしょう。又.戦争当事者の内容についても原則として勝者に都 ...続きを読む
>切腹を例題とされたほうがわ
切腹なんてショーですよ、大体の人間は腹に刀を当てておくだけ.介添えが殺してくれるのを松のです。
本来は.みずから腹の中身を手で外に出し.自己の正当性を主張しつづけるのですが.このような人々の内容が伝わってきません。講談の内容等は.適当に面白おかしく演出されているので.自殺の心理状況についての話題には問題があるでしょう。又.戦争当事者の内容についても原則として勝者に都合の良い内容に書き換わっているので内容の信憑性については疑問があります。従って除外しました。
お礼コメント
noname#4470

扇腹のことは知っております。
腹の切開方法が問題ではありません。
投稿日時 - 2002-02-05 09:39:54
  • 回答No.8

善悪の基準を.刑法に基づいて考えた場合には. 自己に対して行った犯罪的行為は犯罪としての成因の一つを欠いています。従って.何を行っても犯罪ではありません。従って悪ではありません。 生物の行動として考えた場合には.答が2つあります。一つは 生物は自己の種を増加する方向へ進むことが原則であり.この行動洋式から外れる行為は種の保存に反し悪である。従って自殺行動者はなんだかの精神疾患となっている場合であ ...続きを読む
善悪の基準を.刑法に基づいて考えた場合には.
自己に対して行った犯罪的行為は犯罪としての成因の一つを欠いています。従って.何を行っても犯罪ではありません。従って悪ではありません。

生物の行動として考えた場合には.答が2つあります。一つは
生物は自己の種を増加する方向へ進むことが原則であり.この行動洋式から外れる行為は種の保存に反し悪である。従って自殺行動者はなんだかの精神疾患となっている場合であり.適切な医療が必要である。
もう一つは.その種が十分数が多く生育に障害がある場合には.種の現象が必要であり.自殺もやもえない。
どちらの答がただしいのか.わかりません。

もっとも.明治政府に始まる天皇しゅうけん政治では.私の同級生に自殺を強要するような教育を行い.次々に同級生が死んで行きました。古くからある戦闘形式ですが.やってはならないことといわれていました。臣民に対してこれを命じたのがヒロヒトです。つまり.大日本帝国憲法下では自殺は善です。先日の東海村原子力燃料再処理施設では.経営者が現場作業者に対して核分裂を行っている機械に出かけてほう酸を注入しろと銘じていたようです。つまり.日本の原子力産業においては自殺は善です。次回の核施設が暴走した時には.日本人の象徴としての人物が.ほう酸を入れに出かけてもらいたいものです。かってヒトヒトが臣民に対して命じたのですから同じ事をヒトロトの子孫自身が行っても良いでしょう。
お礼コメント
noname#4470

生物的な行動からのお答えですが、個体数が多すぎる場合は、よく言われるように戦争がその個体数の保持をつとめたと言われます。ご回答からだと、モンゴルのような人口密度が低い場所であれば自死は「精神疾患」でありインドネシアのような人口密度の多い場所では「種の保存上正しい」となります。
場所によって異なるという回答では満足できません。
 思想教育的ないきさつから天皇を出すのは意味がありません。思想教育による強制された自殺を問題にしているのではなく、あくまで自己意識による自殺を問題にしているからです。時代による自殺を考証するのであれば、切腹を例題とされたほうがわかりやすく考証もふかくなったのでは?
投稿日時 - 2002-02-04 11:20:10
  • 回答No.7

日々、電車の人身事故に巻き込まれているとはいうものの、自殺というものを身近に感じた事はありませんでしたが、先日、友人が自殺しました。 何故死んだのか、全く理由は分かりません。 確かに、死は自分で決める事が出来ます。 絶対にするな!と言っても、する人はするでしょう。 でも私は、友人が死んだ事により、かなりの精神的ダメージを受けています。苦しいです。でも、幾ら苦しんでも、もう何も出来ないし、してあげる ...続きを読む
日々、電車の人身事故に巻き込まれているとはいうものの、自殺というものを身近に感じた事はありませんでしたが、先日、友人が自殺しました。
何故死んだのか、全く理由は分かりません。
確かに、死は自分で決める事が出来ます。
絶対にするな!と言っても、する人はするでしょう。
でも私は、友人が死んだ事により、かなりの精神的ダメージを受けています。苦しいです。でも、幾ら苦しんでも、もう何も出来ないし、してあげる事も出来ないんです。

今回の事があって、私は自殺を殺人だと思いました。
全てを否定する事は出来ないかもしれません。
でも、私に多大な悲しみと怒りを起こさせた友人は
罪人の様な気がしてなりません。

答えになってなくてすみません。
お礼コメント
noname#4470

ご友人を亡くされた悲しみはよくわかります。確かに自死と殺人は、行動がどちらに向くか、という意味では同じでしょう。お悔やみ申し上げます。
投稿日時 - 2002-02-04 11:01:21
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 40% (85/210)

1812様。 ●自殺未遂をして法的に罰されることはありませんから、自殺(もしくは自殺未遂)をしたからといって、社会的に抹殺されることもありません。 たとえば、日本には死刑制度があり、それが犯罪の抑止となっていると見ることができます(とはいえ、凶悪犯罪は絶えませんが)。でも、自殺に対する抑止制度はありません。自殺したい人は、いつでもだれでもできる状態です。1812様の疑問は、「それなのに、なんで自殺には ...続きを読む
1812様。
●自殺未遂をして法的に罰されることはありませんから、自殺(もしくは自殺未遂)をしたからといって、社会的に抹殺されることもありません。
たとえば、日本には死刑制度があり、それが犯罪の抑止となっていると見ることができます(とはいえ、凶悪犯罪は絶えませんが)。でも、自殺に対する抑止制度はありません。自殺したい人は、いつでもだれでもできる状態です。1812様の疑問は、「それなのに、なんで自殺には悪いイメージがあるのか」ということですよね。「冷静な判断の上に、誰にも迷惑をかけない方法で、自分にとって最もよいこととして自殺を選んだ場合」。それを非難する人がいるとしたら、その理由を知りたいということですよね。
●一つ言えるのは、自殺を他人が否定するのは、自殺した人の気持ちが、誰にも分からないからということです。自殺者がどういうプロセスを経て自殺という結論を出したのか。それは本人にしかわかりません。だから、他人は、「自殺しなくても、他に方法があったんじゃないか」と考えてしまうのです。
●または、「自殺するのが最もよい状態」…人生には、そんな状態がありえるということを、認めるのが怖い人。きっとそんな人が、自殺を否定するのでしょう。多くの人は、「自殺するしか他に方法がなかった」という状況を認めたくないのだと思います。だから、「あの人は、自殺するのが幸せだった」そんなことを、死者に向かって、言うことはできないのです。また、そのようなことを口に出してしまったら、自分の人生がこわくなってしまうのかもしれません。
●人間が他の動物と違うのは、自殺できるところ。それはその通りです。だからこそ、自殺を肯定することができないとも言えます。たとえば、子供は、ささいなことでパニックになったり、絶望したりすることがあります。その時、もしまわりの社会が自殺を肯定するようなものであったら、子供の自殺が絶えなくなってしまいます。
●自殺しても、よいのです。でも、「なにも自殺しなくてもいいのに」と言う人が消えることはないでしょう。
お礼コメント
noname#4470

その行為を良い悪いの二元論で答えるならば、「悪くはない」という消極的ながら肯定ということになりますか。
確かに死んだ当人にそこまでの判断した過程を聞くことはできず、「自死するのがよい状態」を認めるのがこわい・・・「死への恐怖がある」人は多いと思います。
なるほど。
投稿日時 - 2002-02-04 10:11:33
  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 14% (9/64)

自殺をする人の理由やその背景はいろいろありますね。でも、自殺された人が周りに迷惑をかけないで自殺を完遂できるでしょうか?多くはその場所の関係者や隣人にもかなりの迷惑や悪影響を及ぼしているケースがあるよーです。電車に飛び込んで自殺したら何の関係のない乗客にも迷惑がかかるし、ホテルで自殺とかでも当然従業員や宿泊客だってかなりの迷惑でしょう。又、青木ヶ原とかの樹海に入っていって自殺というのだって結局捜索する必要 ...続きを読む
自殺をする人の理由やその背景はいろいろありますね。でも、自殺された人が周りに迷惑をかけないで自殺を完遂できるでしょうか?多くはその場所の関係者や隣人にもかなりの迷惑や悪影響を及ぼしているケースがあるよーです。電車に飛び込んで自殺したら何の関係のない乗客にも迷惑がかかるし、ホテルで自殺とかでも当然従業員や宿泊客だってかなりの迷惑でしょう。又、青木ヶ原とかの樹海に入っていって自殺というのだって結局捜索する必要があったりとか、とにかくかなりの迷惑でしょう。完全に世界中の誰にも迷惑をかけないという自殺方法があるとは思えませんから、やっぱり自殺はよくないのではないでしょうか。僕は電車に乗っている時に巻き込まれたことがありますが亡くなった方は気の毒だと思いますが、それでも腹立たしい気持ちになった部分もありました。もちろん、迷惑をかけなければイイというつもりもありませんが、自殺をするというのは人間的行動とは思えません。自分の意志で、、という考え方もちょっと身勝手では?でも、どっちが という答えにはなっていませんね。
お礼コメント
noname#4470

周囲の迷惑は生きている人間であってもかけています。自然死出会っても迷惑はかかります。わたしは、そのような生活的な事ではなく、自死の意味そのものを
考えています。
roocさんの回答では、極力周囲へ迷惑をかけない律儀な方法を考えれば、良い事になります。
投稿日時 - 2002-02-04 09:48:33
30件中 1~10件目を表示
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ