OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

海外在住より帰国に際しCITES(1)・(2)の生物を個人的に持ち帰れるのでしょうか

  • 困ってます
  • 質問No.201760
  • 閲覧数229
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 16% (2/12)

海外に3年間住んでいます。CITES(1)・(2)に登録されているカメを飼っているのですが帰国(東京)に際してこれらのカメを合法的に持ち帰るにはどのような手続きが必要でしょうか。まず、こちらの輸出許可証が必用だと思いますが輸出許可証が取れた場合、その後の日本での輸入許可証の取得手続きを教えてください。代理人申請も出きるのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

参考URLにワシントン条約2に該等するものの持込についての手続きが書かれています。業者が行う部分についても行わなければなりませんが・・・
尚、1にあたるものでも繁殖個体である証明があれば2として扱う規則のようですので確認をしてください。野生個体の場合1種はペットとしての持ち込みは不可のはずです。
お礼コメント
85028

お礼率 16% (2/12)

CITESに関する回答ありがとうございました。なんとか、日本へつれて帰れそうな希望がわいてきました。
投稿日時 - 2002-01-20 21:39:46
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 57% (166/288)

ワシントン条約は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」です。 国際的な商業的取引による絶滅のおそれのある野生動植物を保護するための条約であり、海外に3年間住んでいる実績のある人がペットとして持ち帰る場合には、この条約には引っかからないのではないでしょうか。 ワシントン条約の場合、以下のようになっています。 付属書Iでは、商業目的のための国際取引が禁止されていますが、商業目的で繁 ...続きを読む
ワシントン条約は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」です。
国際的な商業的取引による絶滅のおそれのある野生動植物を保護するための条約であり、海外に3年間住んでいる実績のある人がペットとして持ち帰る場合には、この条約には引っかからないのではないでしょうか。
ワシントン条約の場合、以下のようになっています。
付属書Iでは、商業目的のための国際取引が禁止されていますが、商業目的で繁殖されたもの、ワシントン条約の適用される前に取得されたものは例外として扱われ、輸出入が認められています。
付属書IIでは、商業目的の国際取引も認められています。
付属書Iで必要な書類とそれが発行されるには以下のような条件が必要になります。
輸出許可書=標本が種の存続を脅かすことのないこと、法律に違反して捕獲したものでないこと、生きている標本は輸送の方法が安全であること(付属書IIはここまで)、その種の存続が脅かされることのないこと。
輸入許可書=標本の輸入目的が種の存続を脅かすものでないこと、生きている標本は収容施設を有すること、商業目的でないこと。
などです。
的確な回答ができなくて申し訳ないのですが、以下の参考URL=農林水産省動物検疫所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
「よくある質問Q&A」→「その他の動物の持込みについて」→「動物の日本への持込みについてのご質問は・・・」の順にクリックすると、質問フォームになります。そこで質問するといいでしょう。
お礼コメント
85028

お礼率 16% (2/12)

CITESに関わる動物の日本への持ちこみの件、回答いただきありがとうございました。何とか日本へつれて帰れそうな希望がわいてきました。
投稿日時 - 2002-01-20 21:34:56


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ