OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

DNA分析用標本の保存

  • 暇なときにでも
  • 質問No.199390
  • 閲覧数507
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 95% (155/162)

魚を丸ごと冷凍してあるものがいくつかあるのですが、冷凍庫の容量等の問題で処分しなければならない場合、DNA分析用の検体を保存しておこうと思っています。一応、筋肉の一部を冷凍保存するつもりなのですが、こちらの臓器の方が適する・これもとっておいた方がよい、というものはありますか?また、エタノールに浸漬する保存法も考えられますが、冷凍と比較して、長期間保存・後の処理を考えた場合、どちらがよいでしょうか。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 40% (4/10)

異分野ですので検体の部位についての知見はありませんが、DNA保存方法については若干の情報があります。まず、エタノール浸漬と冷凍との比較ですが、やはり間違いなく冷凍の方が良いでしょう(停電のリスクはありますが)。冷凍保存に制約があるのでしたらエタノールよりもむしろアセトンをお勧めします。アセトンだと常温でもかなり長い期間DNAの状態を良好に保つことができます。少なくとも5年(おそらく10年以上)は大丈夫だとか。エタノールより圧倒的に優れているとのことです。あくまで「虫」でのお話ですが。
お礼コメント
liq

お礼率 95% (155/162)

アドバイスありがとうございます。
エタノールよりアセトンの方がよいのなら、値段もそっちの方が安そうなので、冷凍とアセトンと2とおり保存する方向で検討しようと思います。
投稿日時 - 2002-01-17 18:58:26
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ