OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

熱拡散率について・・・

  • すぐに回答を!
  • 質問No.196486
  • 閲覧数1981
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 54% (100/183)

熱拡散率について・・・
確か記号は「κ」だったような・・・

で、アルミよりも熱拡散率の値が大きなものを
教えて頂きたいのですが・・・。
無いのでしょうか?
どうでしょう?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 83% (1169/1405)

κで表すのは「熱伝導率」ですね。λを使うこともあります。
お尋ねの熱拡散率は通常、αの文字が充てられます。

熱伝導率と熱拡散率の間には

熱伝導率=熱拡散率×比熱×密度

の関係があります。従って熱伝導率が高くても、密度や比熱が大きい材料の場合は熱拡散率は意外に小さいということは起こり得ます。
アルミニウム、銅、銀、金の比較でしたら参考URLのように、銅、銀、金の方が高い熱拡散率を示します。熱伝導率の大きい順と熱拡散率の大きい順は大体一致しますが、細かいところでは逆転もあることがお分かりいただけると思います。

銅、銀、金よりさらに熱伝導率(熱拡散率)の高い材料としてはダイヤモンドが挙げられます。ダイヤモンドの熱伝導率は2000 [W/m K]にも達します。このほか酸化ベリリウムや炭化ケイ素も高い熱伝導率・熱拡散率を有する材料です。

各種材料の熱的特性
http://www.mune.com/netutoku.htm

ダイヤモンドの物性値(英語)
http://www.p1diamond.com/prop_ref.html
お礼コメント
0011223

お礼率 54% (100/183)

ありがとうです
銅だったんですね。
黄銅と混同してたみたいで。
それにしても
こんなに親切な解答を頂けるなんて・・・
(^人^)感謝感謝♪です。
ありがとうでした
では。
投稿日時 - 2002-01-12 00:53:11
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 31% (416/1338)

パァッと閃くのは「銅」ですね。 「どう」でしょう。 ...続きを読む
パァッと閃くのは「銅」ですね。 「どう」でしょう。
お礼コメント
0011223

お礼率 54% (100/183)

いやあ~気の利いた駄洒落も添えて頂き有り難うです。
銅だったんですね。
黄銅と一緒にしてました。
では
投稿日時 - 2002-01-12 00:35:36

  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 50% (1/2)

銀・銅・金です。たぶん。 ...続きを読む
銀・銅・金です。たぶん。
お礼コメント
0011223

お礼率 54% (100/183)

ありがとうです
銅だったんですね。
黄銅と一緒にしてました。
では
投稿日時 - 2002-01-12 00:47:14
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 45% (14/31)

 そういう時は理科年表でしょ! あっスマン。今、手元にないわ。 次の人~♪、任せた!  もしくは自分で引く?
 そういう時は理科年表でしょ! あっスマン。今、手元にないわ。
次の人~♪、任せた!

 もしくは自分で引く?
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ