OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

パンコムギの倍数体について

  • 困ってます
  • 質問No.194726
  • 閲覧数1021
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 86% (456/526)

2倍体である一粒コムギ(AA)とクサビコムギ(BB)が交雑して(AB)ができ、倍数化して、4倍体である二粒コムギ(AABB)ができて、これと、2倍体であるタルホコムギ(DD)が交雑したのち倍数化して、6倍体であるパンコムギができるという話なのですが、さっぱり話が分かりません。普通の遺伝とどこが違っているのでしょうか。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 60% (130/216)

もしかしたら、「普通の遺伝」=「形質の遺伝」であるのに、
ここでは「ゲノムの遺伝」を取り扱っていることで混乱されていらっしゃるのでしょうか?
「普通の遺伝」が何を意味しているのか教えていただければ、問題点がもっとはっきりすると思いますが、
ここでは、ゲノムの遺伝と言うことで解説させていただきます。

2倍体なら、体細胞の染色体数は2nで表されることはご存じだと思います。
ここでnは染色体の数ですが、nをA、B、Dで表したと思えば分かり易いと思います。
(ただし、nは数であるのに対して、A、B、Dはグループの名前のようなものである点に注意)
A、B、Dは、ゲノム構成が異なるために異なるアルファベットで表しています。
A、B、Dはゲノム(染色体のセット)なので、それぞれに対して劣性のa、b、dがあるわけではありません。

一粒コムギの配偶子(胚のう細胞[A]と花粉[A])同志の組み合わせならA×AでAA、
同様にクサビコムギ同志ならB×BでBB、タルホコムギ同志ならD×DでDDです。

これが、一粒コムギの配偶子[A]とクサビコムギの配偶子[B]が組み合わさったのでA×BでABとなります。
ABが倍数化してAABBになれば、その配偶子のゲノムはABになります。これにタルホコムギの配偶子[D]が組み合わさってABDになり、
更に倍数化してAABBDDになってパンコムギになります。

異なるゲノム同志での交雑がなぜ起こるのかは、分かりません。
また、なぜ倍数化が起こったのかも分かりませんが、パンコムギの発生は推定BC5000年と古いので、
自然に突然変異を起こしたものと思われます。
補足コメント
s-word

お礼率 86% (456/526)

ramurameさんお返事どうもありがとうございます。すいません、質問が不親切でしたね。「普通の遺伝」というのは教科書の一番はじめに出てくるような遺伝です。例えば、Aa×Aa=AA:Aa:aa=1:2:1 のような形の遺伝です。

>(ただし、nは数であるのに対して、A、B、Dはグループの名前のようなものである点に注意)

そうだったんですね。A,B,DをAaBbDdの遺伝子の優性の記号だと勘違いしておりました。グループのことだったんですね。そうすると、例えば、Aaを倍数化すると、AAaaになると考えて良いのでしょうか。よろしくお願いします。
投稿日時 - 2002-01-09 07:29:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 60% (130/216)

やはり一つの形質についての遺伝と混同されていたようですね。 既に御理解されたようですが、念のためもう一度確認しておきますと、 A、B、Dは、それぞれ、7本の染色体が集まったグループ(n=7のゲノム)に付けられた名前です。 (余談ですが、n=7はコムギとその近縁種の場合です。イネとその近縁種ならA~Fはそれぞれn=12ですし、  ナタネとその近縁種なら、Aはn=10、Bはn=8、Cはn=9。) ...続きを読む
やはり一つの形質についての遺伝と混同されていたようですね。

既に御理解されたようですが、念のためもう一度確認しておきますと、
A、B、Dは、それぞれ、7本の染色体が集まったグループ(n=7のゲノム)に付けられた名前です。
(余談ですが、n=7はコムギとその近縁種の場合です。イネとその近縁種ならA~Fはそれぞれn=12ですし、
 ナタネとその近縁種なら、Aはn=10、Bはn=8、Cはn=9。)

>例えば、Aaを倍数化すると、AAaaになると考えて良いのでしょうか。
Aaというからには、2nの個体の中の、ある相同染色体上の一つの対立遺伝子と考えてよろしいですね?
例えば、配偶子から誘導した半数体をコルヒチンで倍加すると純系(全ての遺伝子がホモ)の
個体が得られることはご存じでしょうか?(いわゆる半数体育種法)
この例と同じように、Aaを倍加するということは、Aという遺伝子を持つ染色体と、aという遺伝子を持つ染色体が、
それぞれが倍加することになるので、AAaaになります。

一つお詫びです。先の回答に「胚のう細胞」と書きましたが「卵細胞」の誤りです。失礼しました。
お礼コメント
s-word

お礼率 86% (456/526)

ramurameさんお返事どうもありがとうございます。すいません、やはり誤解していたようですね。遺伝に対する苦手意識を払拭することができて良かったです。どうもありがとうございます。

>例えば、配偶子から誘導した半数体をコルヒチンで倍加すると純系(全ての遺伝子がホモ)の
個体が得られることはご存じでしょうか?(いわゆる半数体育種法)

前に問題で出てきたことがあります。花粉を卵と交雑せずにそのまま育てて、その成長体と他の植物を交雑しても受精卵ができなくて、コルヒチン処理をすれば、正常な受精ができるという問題だったと思います。ちょっと不安なので、その問題をもう一度見直しておきますね。では!失礼します。
投稿日時 - 2002-01-10 07:31:09

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ