-PR-
締切り
済み

合資会社の設立について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.17450
  • 閲覧数53
  • ありがとう数16
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 35% (5/14)

合資会社の設立についていろいろ調べています。
流れ的なこと、費用的なこと、日数的なこと
詳しい方がいたらよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 40% (17/42)

 まずは設立までの流れから。 1,会社の印鑑を作る 2,法務局で必要な書類(登記用紙と同一の用紙、印鑑届 書、印鑑紙)をもらう 3,提出する書類(定款、出資の領収書控、登記用紙と同一の用紙、印鑑届書)を作成、または必要事項を記入し、法務局へ提出する 4,提出時に指定された補正日に法務局へ行き、受理されたか確認する  簡単ですが、ざっとこんなところです。  次に費用ですが資本金と印 ...続きを読む
 まずは設立までの流れから。

1,会社の印鑑を作る
2,法務局で必要な書類(登記用紙と同一の用紙、印鑑届
書、印鑑紙)をもらう
3,提出する書類(定款、出資の領収書控、登記用紙と同一の用紙、印鑑届書)を作成、または必要事項を記入し、法務局へ提出する
4,提出時に指定された補正日に法務局へ行き、受理されたか確認する

 簡単ですが、ざっとこんなところです。

 次に費用ですが資本金と印鑑代以外では登記の際に支払う税金の6万円しか必要ありません。

 最後に日数ですが、印鑑ができており、かつ、最初の補正日で再提出など命じられなければ、約1週間程で設立が可能です。

 本格的に合資会社についてお調べになるのであれば、以下の書籍を御紹介いたします。内容がとても詳しくうえにわかりやすく書かれており、非常にお薦めです。

 書名:資本金1万円で会社をつくって・育てる法
 著者:日向咲嗣・井上栄次 共著
 出版社:オーエス出版社 価格:1500円


それでは。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 26% (27/103)

私の場合は 1.社印の作成(社判、銀行印)一日以上 2.定款の作成(公証人役場にて作成)二日 3.登記所にて登記(社判、定款) 4.受理の確認 でした。 一番高いのは良い材料を使ったので はんこでした。 都合一週間程度で会社が出来ます。 ご自分で簡単に登録できますよ、但し待つ事待つ事 何処も人だらけです。登記所の営業時間と 公証人役場の予約を忘れずに。
私の場合は
1.社印の作成(社判、銀行印)一日以上
2.定款の作成(公証人役場にて作成)二日
3.登記所にて登記(社判、定款)
4.受理の確認
でした。 一番高いのは良い材料を使ったので
はんこでした。
都合一週間程度で会社が出来ます。
ご自分で簡単に登録できますよ、但し待つ事待つ事
何処も人だらけです。登記所の営業時間と
公証人役場の予約を忘れずに。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ