OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

別居3年 怖い夫ときれいに離婚して親のお金も取り戻すには?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.174148
  • 閲覧数149
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 81% (45/55)

夫53歳 妻(私)48歳。3年前に離婚を前提とした別居に一方的に踏み切りました。
その間私は九州で自分の両親と暮らし、現在25歳と23歳の息子たちは生まれ育った関西で、二人だけで家を借りて暮らしています。大学生の息子達に私の給料のほとんどを仕送りしてきました。夫からは生活費や学費等、仕送りは一切ありません。ただ次男が大学に入る際に学資ローンを120万ほど組んだので、それは月々返してくれているようです。夫はギャンブル好きで浪費家、出社拒否症もありました。現在はちゃんと働いているようです。  なお、夫が現在一人で住んでいるマンションは、私の父親から借りた500万を頭金にして買ったもので、借用書は正式ではありませんが夫に書かせたものを私が持っています。夫をずっと怖く思っていますが、貧乏で弁護士さんも頼めないし、何かいい方法はないでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 41% (13/31)

>貧乏で弁護士さんも頼めないし・・・
まず地域の弁護士会に電話して、無料相談コーナーをきいてみては?
自治体の女性相談センター(名称は地域によって変わるかもしれませんが、役所で聞いてみてください)に問い合わせ、女性に関する問題に詳しい弁護士さんの相談を受けてみてはいかがでしょう。

また、弁護士さんもいろいろ(経験上)。ご自身にあった方が見つかるまで、無料法律相談をいくつか受けられるのがベターだと思います。
無料相談の後、正式に弁護士さんに依頼する場合、弁護士費用を扶助してくれる制度があったと記憶しています。


>夫をずっと怖く思っていますが・・・
詳しい内容は文面からは分からないのですが、ドメスティックバイオレンス(DV)でしたら、性的暴力や身体的暴力と思われがちですが、「精神的暴力」や「経済的暴力」もちゃんとDVに含まれます。

DVに関するURLも一応記しましたので参考にしてください。
DV防止法が成立した昨今ですから、こういった方面に知識のある弁護士さんは、離婚の手続きを進める上で、強い味方かも。

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/

全国の弁護士会のリンク集
http://www.nichibenren.or.jp/houritu/soudan/index.htm

DV関連の基礎知識等の情報が得られるサイト
http://www.tfnetjapan.org/dv.html?

リンク集も充実した、DVの知識が得られるサイト
http://member.nifty.ne.jp/arai-s/index.htm
お礼コメント
marchi

お礼率 81% (45/55)

ありがとうございました。いわゆる熟年離婚ではなくて、繰り返される会社の経費の使い込み、SEXの強要、罵倒などに疲れきっての行動です。夫には財産はおろか安定した給料もありません。ただ親のお金だけは取り戻したいと思います。夫は死ぬまで自分の妻であってくれと言いますが、それ自体が私には苦痛なのです。でも調停などで顔をあわせるのが恐ろしいし、弁護士さんを頼めるお金もなくて困っていました。紹介していただいたURLで夫婦間の典型的なDVということも確認できました。強く立ち向かっていけそうです。
投稿日時 - 2001-11-25 23:36:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 現在、まだ夫婦ですので、夫に万が一のことがあれば、財産はあなた方相続人に行きます。しかし、離婚なさいますと、当然あなたは相続人ではなくなります。離婚するためには、理由が必要です。民法770条に記載されていますが、理由がなくても5年以上の別居があれば、未成熟の子供がいないと認めてくれるようです。相手と合意できれば問題ありませんが、離婚や財産分与について協議がまとまらないときには、家庭裁判所で調停を受けるこ ...続きを読む
 現在、まだ夫婦ですので、夫に万が一のことがあれば、財産はあなた方相続人に行きます。しかし、離婚なさいますと、当然あなたは相続人ではなくなります。離婚するためには、理由が必要です。民法770条に記載されていますが、理由がなくても5年以上の別居があれば、未成熟の子供がいないと認めてくれるようです。相手と合意できれば問題ありませんが、離婚や財産分与について協議がまとまらないときには、家庭裁判所で調停を受けることになります。調停が不満であれば、裁判ということになります。あなたの場合、財産分与と離婚理由が問題と思われますので、調停の前に家庭裁判所で家事相談を受けて、裁判所の考えを聞いていた方がいいでしょう。調停は相手先の家庭裁判所ですが、家事相談は近くの家庭裁判所を利用ください。無料です。
お礼コメント
marchi

お礼率 81% (45/55)

ありがとうございました。
参考URLで元気付けられました。
投稿日時 - 2001-11-25 23:29:45
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ