OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ホンダ ドリーム50のキャブレター

  • すぐに回答を!
  • 質問No.156539
  • 閲覧数923
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 70% (14/20)

ドリーム50に京浜FCR28パイを取り付けたくて、キタコ:デイトナのカタログを調べたのですがキットでは売ってないようです。そこで、パーツ流用等で取り付けた方のアドバイスをお願いします。
(工具:工作機械などの設備は大体揃っています。)
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 80% (4/5)

ドリーム50いいバイクですね!
私はホンダの4ストバイク大好きです。
私の結論としてはFCR28パイもう買ってしまったのなら一度つけてみもいい勉強でしょう、しかし完全にキャブレターのサイズオーバーですのでアイドリング安定せずスムースな発信できないでしょう。
エンジンがノーマルならせめてリミッターカットかワンサイズキャブレター上げるのがベストです。4スト50プライベートレーサーCB.XEなど大きなキャブレター付けたバイクはつねにアクセル開けっ放しで吹かしていないとエンジンとまってしまいます。ボアップ75ccていどならノーマルキャブでベストです。エアクリーナーはずすのはエンジンのじみようちじめます。すぐエンジン(シリンダーキズつきます)
キャブレターについてすこし難しくいいますとむかしの4ストエンジンはPC型の大きめのキャブレターでもいけるのですが現行型バイクはPB型(気薄燃焼)得に4バルブのドリーム(ペントルーフ型燃焼室)ではいかにエアークリーナーでそっとくうきをすわせ完全に燃料をさせるかがたいせつです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

昔、DTにオーバーサイズキャブをつけた時の体験話であくまでも想像なんですがエアクリ側は無視するとして(BOXは使えないでしょう?強いてやるなら、キャブの外形と合った内径のゴム管を付けて、エアクリにシリコン等で接着するとか)エンジン側のインシュレーターですよね。 僕がやったのは、ゴムの内側をなるべく薄く削り、熱湯の中に漬けて、柔らかく伸びたところをすかさず、キャブにねじ込んだ方法です。微妙に隙間ができるの ...続きを読む
昔、DTにオーバーサイズキャブをつけた時の体験話であくまでも想像なんですがエアクリ側は無視するとして(BOXは使えないでしょう?強いてやるなら、キャブの外形と合った内径のゴム管を付けて、エアクリにシリコン等で接着するとか)エンジン側のインシュレーターですよね。
僕がやったのは、ゴムの内側をなるべく薄く削り、熱湯の中に漬けて、柔らかく伸びたところをすかさず、キャブにねじ込んだ方法です。微妙に隙間ができるので、液状ガスケットを塗る事も忘れずに。
セッティング難しいでしょうが頑張って。
  • 回答No.3

工作機械があるのなら、アルミブロックから削りだしてはいかがでしょう。ラムフローを利用して断面積変化がエクスポネンシャルカーブになるように削れればベストでしょう。ただ、50ccの行程容積に28φは大きすぎませんか?パワー重視に設定すると低速がまったく効かなくなりそうです。 吸入容積に対して大きすぎるキャブレターはベンチユリー部での流速が確保できず、アクセルワークが非常に難しくなる(極端な場合、急激なア ...続きを読む
工作機械があるのなら、アルミブロックから削りだしてはいかがでしょう。ラムフローを利用して断面積変化がエクスポネンシャルカーブになるように削れればベストでしょう。ただ、50ccの行程容積に28φは大きすぎませんか?パワー重視に設定すると低速がまったく効かなくなりそうです。

吸入容積に対して大きすぎるキャブレターはベンチユリー部での流速が確保できず、アクセルワークが非常に難しくなる(極端な場合、急激なアクセルオンでストールする)か中低回転域でのレスポンスが非常に悪くなる危険性があります。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ