OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

興奮性シナプス後電位と抑制性シナプス後電位

  • 困ってます
  • 質問No.149544
  • 閲覧数6562
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 87% (29/33)

興奮性シナプス後電位と抑制性シナプス後電位について教えて下さい。
検索して調べていたのですが、よく理解できません。
簡単にいうとこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

ご教授、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

最近見たのですが、以下の成書は読み易いと思いますが・・・? ============================== 神経生物学入門/工藤佳久/朝倉書店/2001.4  ============================== ●http://www.kris.sfc.keio.ac.jp/grants/mori/99/doctor/report/3/mori_found6.htm (パ ...続きを読む
最近見たのですが、以下の成書は読み易いと思いますが・・・?
==============================
神経生物学入門/工藤佳久/朝倉書店/2001.4 
==============================
http://www.kris.sfc.keio.ac.jp/grants/mori/99/doctor/report/3/mori_found6.htm
(パルス伝達型ニューラルネットワーク)
http://133.31.142.143/Bone/Nerve.html
(神経による生体制御)
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/phy/phy00003.html
(運動神経・骨格筋)

このあたりは既にチェック済みかもしれませんが・・・?

ご参考まで。
お礼コメント
satope

お礼率 87% (29/33)

早速のご回答ありがとうございました。「パルス伝達型ニューラルネットワーク」以外のページははじめてみました。これからじっくり読んでみます。
投稿日時 - 2001-10-11 22:47:37


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 43% (167/384)

 satopeさんがどの程度までの知識をお持ちか解らないので、既にご存じのことでしたらご勘弁!。  興奮性の場合、神経伝達物質はアセチルコリン、グルタミン酸、セロトニンなどで、シナプス後膜の陽イオンの選択的チャンネルを開き、Na+を細胞内に流入させて脱分極を起こさせます。  抑制性の場合、伝達物質はGABAやグリシンで、同じくシナプス後膜のCl-チャンネルを開いてCl-が細胞内に流入しします。元々 ...続きを読む
 satopeさんがどの程度までの知識をお持ちか解らないので、既にご存じのことでしたらご勘弁!。

 興奮性の場合、神経伝達物質はアセチルコリン、グルタミン酸、セロトニンなどで、シナプス後膜の陽イオンの選択的チャンネルを開き、Na+を細胞内に流入させて脱分極を起こさせます。
 抑制性の場合、伝達物質はGABAやグリシンで、同じくシナプス後膜のCl-チャンネルを開いてCl-が細胞内に流入しします。元々、Cl-は細胞外に非常に多く、このイオンの流入によって、膜が過分極状態になってしまい、膜の脱分極(興奮)が起きにくくなるのです。

 とりあえず、教科書レベルで解る電位発生の違いですが・・・。
 
お礼コメント
satope

お礼率 87% (29/33)

とてもわかりやすいご回答ありがとうございました。やっと先に進めそうです。助かりました。
投稿日時 - 2001-10-11 22:55:42
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ