OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

抗血栓剤について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.144568
  • 閲覧数378
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 16% (24/146)

抗血栓剤を飲んでいます。

医者からクロレラ、青汁等は、食べてはいけないと言われました、なぜでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 25% (1/4)

あなたの服用しておられるのはワーファリンという血液を固まりにくくし血栓を予防しする薬と思います。 
この薬の作用は、簡単に言うとビタミンK(VK)に依存した凝固因子の合成を阻害することで血栓が出来るのを予防します。
VKは血液が固まるのを助ける作用(止血作用)を持っています。 ワーファリンとVKは反対の作用を示すわけです。(拮抗作用)
VKは色々の食品(緑黄野菜等)に含まれていますが拮抗作用はVKの量に関係します。
大量のVKを含む食品(クロレラ、大量の青汁)や体内でVKを作る納豆(甘納豆は関係ありません)はワーファリンの作用を弱めてしまうのでワーファリン服用中は食べないでくださいと注意する訳です。
ただし、通常の量の緑黄野菜は栄養の面でも摂取してくださってかまいません。 

注意することは、定期的に(医師が指示しますが)血液検査を受けることと、他院受診時や薬局でお薬を購入するときは必ず服用している薬を知らせてください。(食品だけでなくお薬同士で作用し合う場合があります。)
出血が止まらなかったりした時は医師に伝えてください。
あとは呑み忘れや途中で止めることのないよう治療に専念してください。  
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 39% (813/2055)

抗血栓剤のワーファリンという薬は、他剤の影響を受けやすく、また食事にも左右され、特にビタミンkを大量に摂取することにより、ワーファリンの作用が低下することが知られています。 したがって、ビタミンkの生成を促進する納豆や、クロレラ食品の摂取は控えることが必要です。 と書いてありました ...続きを読む
抗血栓剤のワーファリンという薬は、他剤の影響を受けやすく、また食事にも左右され、特にビタミンkを大量に摂取することにより、ワーファリンの作用が低下することが知られています。 したがって、ビタミンkの生成を促進する納豆や、クロレラ食品の摂取は控えることが必要です。
と書いてありました


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (141/483)

#1の方も答えてらっしゃいますが・・。 以前調べた時に出てきたHPが見つかりましたので、 載せておきます。 余談ですが歯科で、抜歯の時もっと気をつけないといけないとの事です。(止血の問題で) ...続きを読む
#1の方も答えてらっしゃいますが・・。
以前調べた時に出てきたHPが見つかりましたので、
載せておきます。

余談ですが歯科で、抜歯の時もっと気をつけないといけないとの事です。(止血の問題で)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ