OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

新種ウイルスNimudaとは?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.138852
  • 閲覧数114
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

 感染するとどうなるのでしょうか?
 すぐにパソコンがどうにかなってしまうのでしょうか?
 感染したかどうか自分ですぐにわかるものなのですか?
 一応、ie6にはしたのですが・・。
 
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

>>感染するとどうなるのでしょうか?
・ウィルス自身を添付ファイルとしてメールで無差別に送りつける
・修正パッチを当ててないMS-IISサーバーを探し、HTML、ASPファイルなどを.emlファイルに書き換える
などの悪さをします。
また、感染したファイルが使えなくなったりもするそうです。

>>感染したかどうか自分ですぐにわかるものなのですか?
ワクチンソフトを導入済みなら、ウイルス定義テーブルを最新のものにオンラインアップデートするようにしましょう。

>>一応、ie6にはしたのですが・・。
一応、今までのところ被害状況はIE5.01、5.01+SP1、5.5、5.5+SP1だけのようです。
お礼コメント
noname#110561

 ありがとうございました。
 どんどん新しいウイルスが出てくるので、大変です。
 IE6なら、大丈夫とお聞きして、安心しました。
投稿日時 - 2001-09-22 05:10:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 38% (401/1037)

昨日から、我社の親会社でも、対応に右往左往しているようです。うちのオフィスのパソコンも、出来る限り共有設定をはずして対応中!。 ITのテロとも言われるこのウイルスですが、IE5.5でもSP2(サービスパック2)であれば影響を受けないとなっています。IE6なら問題ないと思いますが。 「感染力の強い新種のワーム「W32.Nimda.A@mm」に注意」 http://www.watch.impress ...続きを読む
昨日から、我社の親会社でも、対応に右往左往しているようです。うちのオフィスのパソコンも、出来る限り共有設定をはずして対応中!。
ITのテロとも言われるこのウイルスですが、IE5.5でもSP2(サービスパック2)であれば影響を受けないとなっています。IE6なら問題ないと思いますが。

「感染力の強い新種のワーム「W32.Nimda.A@mm」に注意」
http://www.watch.impress.co.jp/broadband/news/2001/09/19/nimda.htm

「"W32.Nimda.A@mm"情報サイト」
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/nimda.html

どちらも「Nimda」について解説されています。内容的には少し難しいかも知れませんが、概要・対策は判るのではと思います。ご参考までに。
お礼コメント
noname#110561

 ありがとうございました。
 URLのところをよく読んで私なりに理解してみました。
投稿日時 - 2001-09-22 05:09:28

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 38% (38/99)

 サーバー機ではない場合感染すると、 (1) C:\Windows\system.ini のファイルが書き換えられ、PC起動時にニムダが常駐起動するようになります。 (2) エクスプローラの設定を、「隠しファイルおよび、登録されているファイルの拡張子を表示しない」ように変更し、発見しづらくします。 (3) メールを勝手に送信し、ニムダをばらまきます。 (4) ディスク上の全ての「.doc」ファイル ...続きを読む
 サーバー機ではない場合感染すると、
(1) C:\Windows\system.ini のファイルが書き換えられ、PC起動時にニムダが常駐起動するようになります。
(2) エクスプローラの設定を、「隠しファイルおよび、登録されているファイルの拡張子を表示しない」ように変更し、発見しづらくします。
(3) メールを勝手に送信し、ニムダをばらまきます。
(4) ディスク上の全ての「.doc」ファイルを書き換え、ニムダが住みつきます。
(5) 正式なriched20.dll(リッチテキストのコントローラー)を改ざんし、ニムダがそれに成り代わることにより、テキストファイルに、ニムダを植え付ける動きをします。
(6) 感染方法にもよりますが、テンポラリ内に自分をコピーします、その時そのファイルは「隠し属性」と「システム属性」が付いています。


 感染方法が4種類あるそうです。それらにより、ニムダは自分自身を変化させています。今のところ、アンチウィルスソフトの使用以外では、個人発見は無理でしょう。
お礼コメント
noname#110561

ありがとうございました。
 個人発見はなかなか難しいとなるととても厄介ですね。
投稿日時 - 2001-09-22 05:08:23
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ