-PR-
締切り
済み

アミノ酸について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.13792
  • 閲覧数71
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (2/4)

蛋白質のアミノ酸残基で蛍光を有するものを教えて下さい。インターネットや本を読んだのですが、コレというものがみつかりませんでした。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

例えば、以下のサイトの論文のようなことを考えておられるのでしょうか? 1.http://idb.exst.nasda.go.jp/jdata/00156/199601J00156080/199601J00156080.html#D.80 (D80;: アクトミオシンの凍結による疎水性アミノ酸残基の露出―蛍光法) この論文では蛍光物質にsodium 8-anilino-1-naphhtalene su ...続きを読む
例えば、以下のサイトの論文のようなことを考えておられるのでしょうか?
1.http://idb.exst.nasda.go.jp/jdata/00156/199601J00156080/199601J00156080.html#D.80
(D80;: アクトミオシンの凍結による疎水性アミノ酸残基の露出―蛍光法)
この論文では蛍光物質にsodium 8-anilino-1-naphhtalene sulfonate (exciting wavelength : 365 nm, emission wavelength : 470 nm)を使用してます。2.http://square.umin.ac.jp/aoki530t/prorogu_daigaku/cyoubunshi3.htm
(広がる超分子の世界:生体内における分子認識)
このページの中でも、フラビン酵素モデル で、蛍光物質を使って蛍光測定しています。
これ以外にも酵素が特定されれば論文検索は絞る事が出来ます。 

従って、蛍光物質を添加しなければアミノ酸残基のみでは
蛍光発光はしないので、蛋白質のみの蛍光測定はできないのではないかと思います。

最近の検査法で以下のサイトにあるよな「蛍光抗体法」・
「蛍光・酵素免疫測定法」・「蛍光偏光免疫測定法」等があります。
http://www.mbcl.co.jp/database/PARTS/method.html
(測定法概説)

ご参考まで。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

通常のアミノ酸分析計(全自動型)は、大半が蛍光分析ですよネ‥ ニンヒドリン法で測定してますけど‥ 2波長タイプのものもありますが、基本は蛍光分析のはずなのですが‥ アミノ酸測定の一番ポピュラーなのが蛍光の利用ですので‥ ご質問の意図は違うところにあるのでしょうか? 以上Kawakawaでした
通常のアミノ酸分析計(全自動型)は、大半が蛍光分析ですよネ‥
ニンヒドリン法で測定してますけど‥
2波長タイプのものもありますが、基本は蛍光分析のはずなのですが‥
アミノ酸測定の一番ポピュラーなのが蛍光の利用ですので‥
ご質問の意図は違うところにあるのでしょうか?
以上Kawakawaでした
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ