OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ヘキサン、アセトンの使用法について

  • 困ってます
  • 質問No.137887
  • 閲覧数3489
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 2% (5/170)

生物学や農学に関する論文にヘキサンとかアセトンが時々出てきますがどういう効果があるのでしょうか?
またそのことについて知るためにどんな本を読むべきでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

> ヘキサンとかアセトンが時々出てきますが
> どういう効果があるのでしょうか?

 簡単に言ってしまうと,ヘキサンもアセトンも「有機溶媒」です。ですので,有機化合物(makimaki さんの 「非水溶性の成分」)を溶かすための溶媒として使用します。

 両者の違いは,ヘキサンは極性が低く,アセトンは極性が高い点にあります。ですので,低極性の化合物だけを溶かしたい場合(makimaki さんの「脱脂」),ヘキサンを使います。逆に高極性の化合物はヘキサンでは溶けませんので,アセトンを使います。

 具体的には,お書きの「生物学や農学に関する論文」でどの様に使われているかをご覧になるのが一番だと思います。


> そのことについて知るためにどんな本を読むべきでしょうか?

 ヘキサンやアセトンの化合物としての性質は書かれた本がありますが,お書きの「生物学や農学に関する論文」に出てくる様な事は書かれていないと思います。これは実際にそれらの論文を見て,どの様に使われているかを勉強するしかないと思います。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 38% (7/18)

一般的なところで、非水溶性の成分の抽出、脱水、脱脂に使います。 クロマトグラフ等で成分分析をする時に使いますので 化学機器分析、環境機器分析等の本を読まれると良いかもしれません。
一般的なところで、非水溶性の成分の抽出、脱水、脱脂に使います。
クロマトグラフ等で成分分析をする時に使いますので
化学機器分析、環境機器分析等の本を読まれると良いかもしれません。

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ