OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

インフレになった場合にもっとも困らない貯蓄方法は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.135391
  • 閲覧数794
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 34% (29/85)

インフレになった場合にもっとも困らない貯蓄方法はなんでしょうか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 25% (134/534)

1 本邦のみがインフレになるなら、 外貨預金 但し円高になったら損失発生
2 インフレ=諸物価高騰と考えれば 株式保有 株安になったら損失発生
3       〃         純金積立 金の流通量が増えれば損失発生

しかし価格の安定性から考えれば、3の金が妥当かもしれません。
お礼コメント
shoulder99

お礼率 34% (29/85)

ありがとうございます。

今、株価下落対策として金が値上がりしてますね。
投稿日時 - 2001-09-15 12:47:17
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 35% (82/231)

変額終身保険お勧めです。 ファンドが自分で選べるものに限ります。  保険金は保証されているので保険と両方で考えてみてはいかがですか?  ただし、株などで運用しているので、リスクはあります。 ...続きを読む
変額終身保険お勧めです。
ファンドが自分で選べるものに限ります。

 保険金は保証されているので保険と両方で考えてみてはいかがですか?
 ただし、株などで運用しているので、リスクはあります。
お礼コメント
shoulder99

お礼率 34% (29/85)

変額終身保険ってなんですか?

保険についてほとんど知らないもので・・・
投稿日時 - 2001-09-15 12:46:39
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 25% (1/4)

インフレになった場合にもっとも困らない貯蓄方法はなんでしょうか? →日本のインフレを心配されるのでしたら、貯蓄を外貨の商品で運用されるのが良いと思います。ただし、同じように海外でもインフレ等はあり得ますので、例えば 日本・米国・欧州等の通貨で3分の1ずつ運用するなど分散して運用するのが良いのではないでしょうか。(どこかの国の通貨が例え紙くずになっても損失は3分の1ですみます。)また、貯蓄の方法も、貯金 ...続きを読む
インフレになった場合にもっとも困らない貯蓄方法はなんでしょうか?
→日本のインフレを心配されるのでしたら、貯蓄を外貨の商品で運用されるのが良いと思います。ただし、同じように海外でもインフレ等はあり得ますので、例えば
日本・米国・欧州等の通貨で3分の1ずつ運用するなど分散して運用するのが良いのではないでしょうか。(どこかの国の通貨が例え紙くずになっても損失は3分の1ですみます。)また、貯蓄の方法も、貯金・株・債券と分けて運用するのも1つの手段です。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 35% (82/231)

 変額終身保険とは 「死亡保障は最低保証されているが、死亡保障(最低保証よりも上がる場合)解約払戻金は運用によって変動する保険です」  その運用先を自分で決められるものがお勧めです。  運用するためのファンドが色々あるのですが、主に「世界株(アメリカ・ヨーロッパなど)」「日本株(大型株・小型株・成長株)」「債券型」などなどです。  月々はらう保険料の中で、例えば世界株に50%日本株に30% ...続きを読む
 変額終身保険とは
「死亡保障は最低保証されているが、死亡保障(最低保証よりも上がる場合)解約払戻金は運用によって変動する保険です」

 その運用先を自分で決められるものがお勧めです。
 運用するためのファンドが色々あるのですが、主に「世界株(アメリカ・ヨーロッパなど)」「日本株(大型株・小型株・成長株)」「債券型」などなどです。

 月々はらう保険料の中で、例えば世界株に50%日本株に30%債券型に20%等自分の好みで選べます。インフレに対応したいのならば、日本株の割合を多くするといいでしょう。

 仕組みは確定拠出型年金に似ています。
 他にも変額保険有期型や年金型がありますが、
 私見ですが、一番リスクが少ないのは終身型かもしれません。
万が一運用に失敗しても死亡保障として考えれば他の終身保険よりもお安いので・・・
しかし、あくまでも保険ですので、たくさんの収益をあげるには不向きかもしれません。
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 50% (7/14)

(1)インフレのみに関して、保険を利用して、と言うことになると、  やはり変額終身保険がおすすめでしょう。 (2)インフレのみに関して、保険以外を含めて、となると、  お金の価値と連動性のある株式投信でしょう。 ただし、ついつい、○○年後にインフレになったら、と考えがち ですが、インフレにならなかった時は、損失も覚悟しなくては なりませんね。まぁ、今は株価も底に近いとは思いますが。 そこ ...続きを読む
(1)インフレのみに関して、保険を利用して、と言うことになると、
 やはり変額終身保険がおすすめでしょう。
(2)インフレのみに関して、保険以外を含めて、となると、
 お金の価値と連動性のある株式投信でしょう。
ただし、ついつい、○○年後にインフレになったら、と考えがち
ですが、インフレにならなかった時は、損失も覚悟しなくては
なりませんね。まぁ、今は株価も底に近いとは思いますが。

そこで、「利率変動型終身保険」や債券系の比較的安全な商品で
足元を固めた上で、変額終身保険など、ややリスクのある商品と
株式などの直接的かつ積極投資型投信、という形の分散投資を、
私としてはおすすめします。
それも、日本だけ、とか、一カ国にまとめず、なるべく影響のない
国のものをいくつか組み合わせた投信が良いでしょう。
私も貯金しなきゃ・・・
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ